インタビュー

\劇団Patch特集/メンバー同士で他己紹介してみた – vol.11 尾形大吾 編

2012年に結成し、関西を拠点に活動している劇団プロジェクト「劇団Patch」。現在では、1期生から4期生までの12人が所属。演劇はもちろん、多方面で活躍の幅を広げている。

今年2020年に結成8周年の8(パッチ)イヤーを迎えたことを記念して、2.5ジゲン!!では、全12回にわたる連載企画「劇団Patch特集」をスタート。彼らの魅力を伝えるべく、メンバー同士で“他己紹介”をしてもらった。

vol.11となる今回は、尾形大吾にスポットを当てる。メンバーにとって、尾形とはどのような存在なのか。彼の素顔に迫っていきたい。

尾形大吾 プロフィール

笑うことがとにかく好き、色んな人を笑顔作りたい俳優。どうも劇団Patchの尾形大吾です。

・あだ名:だいご
・座右の銘:困ったら笑え
・自分を一言で表すと:「完全感覚 dreamer」
完全感覚人間。計画性というものは一切ない。

1. 近藤頌利にとって「不思議だけど…な人」

「彼はとても不思議」と思っている人は多いはず。たまにトンチンカンだから。だけど僕は知っている。大吾は思いやりがあって、色々と考えていることを。僕の直感ですが(笑)。言ってること、大体分かるもん!

2. 三好大貴にとって「ムードメーカーな人」

おそらく大吾はズバ抜けて頭がいい。劇団ミーティングなんかをしていると、8割は黙って様子をうかがうタイプ。ただここぞって時に、いい雰囲気を生み出せる存在です。大吾に助けられる瞬間はいっぱいあったなー。素敵な後輩に感謝。

3. 松井勇歩にとって「空前絶後な人」

劇団Patchのリーサルウェポン。何を起こすのか、何を発するのか全く読めない。ホームランか、三振か。面白く、興味深い男。あらゆる分野のセンスが高い。

4. 藤戸佑飛にとって「予測不可能な人」

常人とはかけ離れた考えの持ち、誰よりも人に寄り添ってくれる。愛すべき天才優男です。

5. 納谷 健にとって「Patchの数少ない“人間(蟷螂拳の使い手)”」

だいご。意外性プラス確かな信念を持ち併せている。職人のようであり、情熱的でもある。

6. 吉本考志にとって「ゲームな人」

おもろいやつ。それ以上でもそれ以下でもない。

7. 井上拓哉にとって「人間なようで人間じゃない人」

根性はあるけどピュアで素直。誰も想像のつかない奇想天外な発想で、行動を取るから。

8. 星璃にとって「彩」

何事も1回試してみようという精神があり、彼の持っているポテンシャルはとても高い。ノーマルな考えを持った上で、それを自ら壊して、新たなことを生み出す。劇団に多彩な色を与えてくれる存在。たまに独特すぎて、誰もついてこれない。

9. 竹下健人にとって「天然かつピュア、そして底知れぬ変人」

自分に素直な人なんだなと思う行動が多い。え? ってタイミングで泣く。今? ってタイミングでゲラゲラ笑う。何で? ってタイミングで急に怒る。不思議な方。

10. 田中 亨にとって「手探りの爆弾処理班みたいな人」

本人独自の主観に、周りはいつもハラハラするから。

11. 中山義紘にとって「天才肌の芸術家役を一度見てみたい男」

会話が成り立たない時もあるけれど、それも才能の一つで、まとっている空気感は、劇団の中でも唯一無二。自分に対するいら立ちもしっかり持っているから。

抽選で1名様に「おうち時間」がテーマの自撮りチェキをプレゼント

【応募期間】
2020年7月20日〜2020年7月27日正午
※必ずTwitterキャンペーン応募規約をよくお読みいただき、同意のうえご応募ください。

【応募方法】
STEP 1. 2.5ジゲン!!のTwitterアカウント(@25jigen_news)をフォロー
STEP 2. 以下のツイートをリツイート

劇団Patch特集「メンバー同士で他己紹介してみた」一覧

vol.1 近藤頌利 編
vol.2 三好大貴 編
vol.3 松井勇歩 編
vol.4 藤戸佑飛 編
vol.5 納谷 健 編
vol.6 吉本考志 編
vol.7 井上拓哉 編
vol.8 星璃 編
vol.9 竹下健人 編
vol.10 田中 亨 編
・vol.11 尾形大吾 編(7月20日配信予定)
・vol.12 中山義紘 編(7月22日配信予定)

※毎週月・水・金の18時に公開(スケジュールは予告なく変更となる場合もあります)

劇団Patchとは
劇団Patchとは、演劇で大阪を元気にしたい!という大きな志のもと、関西を拠点とした様々なエンターテインメントを発信。関西弁で一生懸命を意味する「必死のパッチ」にその名を由来。

2012年4月、3000名以上の中から厳しいオーディションを通過し関西版 D-BOYS となる劇団Patchを結成!

結成から約半年で挑んだ旗揚げ公演「OLIVER BOYS」(作・演出 末満健一)は大盛況。演劇活動以外にもテレビやラジオなどのレギュラーも持ち幅広く活動中。今後さらなる飛躍を目指す。

公式サイトはこちら(https://www.west-patch.com/

劇団Patchについてもっと知りたい方におすすめの記事
【初心者向け】劇団Patchのススメ 関西からやってきた、のびしろ天井知らずのパワー秘めた劇団
珠玉のエンタメ作品 Patch stage『カーニバル!×13』観劇レポ 縦横無尽の痛快アクションに注目
近藤頌利、”言葉”に意味を持たせる役者を目指して。1年越しの Patch stage で魅せる「25歳の矜持」
田中 亨が初座長に挑む Patch stage『カーニバル!×13』への覚悟「成長したなって思わせる主演」に
劇団Patch1期生・松井勇歩が Patch stage 新作公演に込める想い「(田中)亨にとって“でかい壁”でありたい」

WRITER