インタビュー

\劇団Patch特集/メンバー同士で他己紹介してみた – vol.2 三好大貴 編

2012年に結成し、関西を拠点に活動している劇団プロジェクト「劇団Patch」。現在では、1期生から4期生までの12人が所属。演劇はもちろん、多方面で活躍の幅を広げている。

今年2020年に結成8周年の8(パッチ)イヤーを迎えたことを記念して、2.5ジゲン!!では、全12回にわたる連載企画「劇団Patch特集」をスタート。彼らの魅力を伝えるべく、メンバー同士で“他己紹介”をしてもらった。

vol.2となる今回は、三好大貴をスポットを当てる。メンバーにとって、三好とはどのような存在なのか。彼の素顔に迫っていきたい。

三好大貴 プロフィール


劇団Patch1期生の三好大貴です。弾き語りしたり、たまにけん玉したり、フレンチトーストを作りがちな役者です。よろしくお願いします。

・あだ名:らん
・座右の銘:男らしさ女らしさより自分らしさ
・自分を一言で表すと:「人外」
役者をやっていて、よく人間以外のものに例えられます。魚類、鳥類、爬虫類などなど……役者冥利につきますね。

1. 近藤頌利にとって「SNSな人」

写真フォルダ逐一ファイル分けしてるのかって思うくらい、昔の写真を使ったツイートが多い。すごい。7年前の写真とかめちゃある。マメな人なんやなーって思います。これやったら「マメな人」でよかったか。まぁいいや(笑)。

2. 松井勇歩にとって「外柔内剛な人」

劇団Patchのしっかり者。同期にも後輩にもよくいじられるいいキャラだが、後輩に優しく、穏やかな外見をしつつも、芝居に対しては熱いものをしっかりと持った役者。作詞・作曲ができる。

3. 藤戸佑飛にとって「自分の見せ方が上手な人」

ひとつひとつ、やることがすごく丁寧でスタイリッシュ!!

4. 納谷 健にとって「感情を持った高性能ロボット」

らんくん。ストイックさと底知れぬ感情爆発。きっと、サイボーグに違いない。

5. 吉本考志にとって「コーヒーの人」

最近おもろい、おもろい戦隊、パリパリジャーン。

6. 井上拓哉にとって「努力家な人」

世界観、発信力、行動力…全てにおいての自己プロデュース力がすごい。でも完璧っぽくて結構抜けてるところがいいよね。

7. 星璃にとって「才」

劇団員で唯一、自分のプロデュース団体を立ち上げ、脚本・演出を行なった。脚本・演出のみならず、ギターの弾き語りや楽曲制作もこなす万能人。 芝居に熱く、個性溢れるキャラもこなす。みんなのお兄さんのような存在。 たまにちょっぴりおバカなところも愛せる。

8. 竹下健人にとって「クリエイティブなインテリ」

脚本・演出、音楽、役者、マルチタスクに何でもこなすから。でも冷静に見えて意外とおバカなところもある(笑)。

9. 田中 亨にとって「自分のイメージが世間とズレてそうな人」

天然だということに気付いてないから。

10. 尾形大吾にとって「ロマンチスト・エリートな人」

いろいろなことを何でもできちゃう。が、ドラマに出てきそうな行動を日常に取り入れがち。

11. 中山義紘にとって「いかがわしい教団の創始者役を一度見てみたい男」

とてもピュアな男なのと同時に、狂気的な純粋さも武器として抱えてるので見てみたい。

抽選で1名様に「おうち時間」がテーマの自撮りチェキをプレゼント

【応募期間】
2020年6月29日(月)〜2020年7月6日(月)正午
※必ずTwitterキャンペーン応募規約をよくお読みいただき、同意のうえご応募ください。

【応募方法】
STEP 1. 2.5ジゲン!!のTwitterアカウント(@25jigen_news)をフォロー
STEP 2. 以下のツイートをリツイート


※リモートで制作したためサインは入っていません。ご了承ください…!

劇団Patch特集「メンバー同士で他己紹介してみた」一覧

vol.1 近藤頌利 編
・vol.2 三好大貴 編
・vol.3 松井勇歩 編(7月1日配信予定)
・vol.4 藤戸佑飛 編(7月3日配信予定)
・vol.5 納谷 健 編 (7月6日配信予定)
・vol.6 吉本考志 編(7月8日配信予定)
・vol.7 井上拓哉 編(7月10日配信予定)
・vol.8 星璃 編(7月13日配信予定)
・vol.9 竹下健人 編(7月15日配信予定)
・vol.10 田中 亨 編(7月17日配信予定)
・vol.11 尾形大吾 編(7月20日配信予定)
・vol.12 中山義紘 編(7月22日配信予定)

※毎週月・水・金の18時に公開(スケジュールは予告なく変更となる場合もあります)

劇団Patchとは
劇団Patchとは、演劇で大阪を元気にしたい!という大きな志のもと、関西を拠点とした様々なエンターテインメントを発信。関西弁で一生懸命を意味する「必死のパッチ」にその名を由来。

2012年4月、3000名以上の中から厳しいオーディションを通過し関西版 D-BOYS となる劇団Patchを結成!

結成から約半年で挑んだ旗揚げ公演「OLIVER BOYS」(作・演出 末満健一)は大盛況。演劇活動以外にもテレビやラジオなどのレギュラーも持ち幅広く活動中。今後さらなる飛躍を目指す。

公式サイトはこちら(https://www.west-patch.com/

劇団Patchについてもっと知りたい方におすすめの記事
【初心者向け】劇団Patchのススメ 関西からやってきた、のびしろ天井知らずのパワー秘めた劇団
珠玉のエンタメ作品 Patch stage『カーニバル!×13』観劇レポ 縦横無尽の痛快アクションに注目
近藤頌利、”言葉”に意味を持たせる役者を目指して。1年越しの Patch stage で魅せる「25歳の矜持」
田中 亨が初座長に挑む Patch stage『カーニバル!×13』への覚悟「成長したなって思わせる主演」に
劇団Patch1期生・松井勇歩が Patch stage 新作公演に込める想い「(田中)亨にとって“でかい壁”でありたい」

WRITER