インタビュー

\劇団Patch特集/メンバー同士で他己紹介してみた – vol.1 近藤頌利 編

2012年に結成し、関西を拠点に活動している劇団プロジェクト「劇団Patch」。現在では、1期生から4期生までの12人が所属。演劇はもちろん、多方面で活躍の幅を広げている。

今年2020年に結成8周年の8(パッチ)イヤーを迎えたことを記念して、2.5ジゲン!!では、全12回にわたる連載企画「劇団Patch特集」をスタート。彼らの魅力を伝えるべく、メンバー同士で“他己紹介”をしてもらった。

vol.1は近藤頌利にスポットを当てる。メンバーにとって、近藤とはどのような存在なのか。彼の素顔に迫っていきたい。

近藤頌利 プロフィール

劇団Patch3期生の近藤頌利です! 劇団一の長身。明るく、お調子者です。花に例えるなら、ひまわり……かな?(笑)。たくさんの方に元気を与えるため、日々精進しています!!

好きなことは体を動かすこと。自粛で仕事ができなかった期間、筋トレをたくさんしました。このバキバキになった少しセクシーなbodyを見てもらいたい(笑) 。

こうやって取材してくだって感謝です。もっとたくさんの方にお届けできるようがんばります!! 早くお芝居したいなー。

・あだ名:しょーり、しょりぞー、しょりぴー(しょりP)、こんちゃん
・座右の銘:「going my way going」と強引をかけまして「強引に我が道を行く」です。
・自分を一言で表すと:「太陽」
エネルギーに満ち溢れてるとよく言われます。暑苦しいもたまにあります。とにかくエネルギッシュです。一生懸命に直球勝負。そんな人生でした。これからも変わらず、そうありたい。

野球で例えるなら球種は160キロストレートのみのピッチャー。全力で、でも少し不器用な僕を愛してくれたらうれしいです。

1. 三好大貴にとって「人想いな人」

僕が個人でプロデュースする舞台に出てもらったことがあるんですが、あの時の近ちゃんの姿を、今でも思い出します。誰より共演者やお客様を思って、自分の全てを捧げる。おちゃらけて見えるのも全部、誰かの為なんだよなー。すごい男やな、まったく。

2. 松井勇歩にとって「豪放磊落な人」

劇団Patchのお祭り男。動きもしゃべりもとにかく豪快。彼がいると場の温度が数度上がるような……疲れたところを見たことがない元気印。愛されおバカ。

3. 藤戸佑飛にとって「いちばん真面目な人」

テンションに惑わされるけど、自分をしっかり持っている! みんなの幸せを願っている!

4. 納谷 健にとって「“龍”みたいな人」

しょりぴー。未知な生態。底知れぬエネルギー。あと、ゴツくてすごく飛ぶ。

5. 吉本考志にとって「バイタル高い人」

道で突っ立ってると電柱と間違えられ、チラシを貼られるらしい。彼の身長はどこまで伸びるのか。

6. 井上拓哉にとって「同士な人」

2人でいることが多く、意外と真剣な話を沢山する。色んな話ができる人だから。

7. 星璃にとって「輝」

舞台上でもプライベートでも存在感が抜群。高身長だからというのもあるが人間性がいい。コミュニケーション能力が高く、すぐに人と仲良くなれる。彼の輪の広さはすごい。根はスポーツマン故にとても真面目。基本的にはうるさいが、定期的に会いたくなる。

8. 竹下健人にとって「スーパーポジティブな人」

とにかくいつも明るい。でも、その明るさの中に冷静な自分もいて、実は1番Patchを俯瞰で見ることができている人間。

9. 田中 亨にとって「空気を操る達人みたいな人」

パリピキャラを空気を読んだ上で使い分けているから。

10. 尾形大吾にとって「アメリカンなハリネズミな人」

その名の通り激しめのハリネズミ。誰も止めることができない個性の持ち主。

11. 中山義紘にとって「真っ直ぐで不器用な戦う男役を一度見てみたい男」

自分以外の誰かの為にという思いがエネルギー源になっている稀有な人格者。ダサいことが一周回ってカッコいいという姿が似合う気がするから。

抽選で1名様に「おうち時間」がテーマの自撮りチェキをプレゼント

【応募期間】
2020年6月26日(金)〜2020年7月3日(金)正午
※必ずTwitterキャンペーン応募規約をよくお読みいただき、同意のうえご応募ください。

【応募方法】
STEP 1. 2.5ジゲン!!のTwitterアカウント(@25jigen_news)をフォロー
STEP 2. 以下のツイートをリツイート

劇団Patchとは
劇団Patchとは、演劇で大阪を元気にしたい!という大きな志のもと、関西を拠点とした様々なエンターテインメントを発信。関西弁で一生懸命を意味する「必死のパッチ」にその名を由来。

2012年4月、3000名以上の中から厳しいオーディションを通過し関西版 D-BOYS となる劇団Patchを結成!

結成から約半年で挑んだ旗揚げ公演「OLIVER BOYS」(作・演出 末満健一)は大盛況。演劇活動以外にもテレビやラジオなどのレギュラーも持ち幅広く活動中。今後さらなる飛躍を目指す。

公式サイトはこちら(https://www.west-patch.com/

劇団Patchについてもっと知りたい方におすすめの記事
【初心者向け】劇団Patchのススメ 関西からやってきた、のびしろ天井知らずのパワー秘めた劇団
珠玉のエンタメ作品 Patch stage『カーニバル!×13』観劇レポ 縦横無尽の痛快アクションに注目
近藤頌利、”言葉”に意味を持たせる役者を目指して。1年越しの Patch stage で魅せる「25歳の矜持」
田中 亨が初座長に挑む Patch stage『カーニバル!×13』への覚悟「成長したなって思わせる主演」に
劇団Patch1期生・松井勇歩が Patch stage 新作公演に込める想い「(田中)亨にとって“でかい壁”でありたい」

WRITER