インタビュー

\劇団Patch特集/メンバー同士で他己紹介してみた – vol.4 藤戸佑飛 編

2012年に結成し、関西を拠点に活動している劇団プロジェクト「劇団Patch」。現在では、1期生から4期生までの12人が所属。演劇はもちろん、多方面で活躍の幅を広げている。

今年2020年に結成8周年の8(パッチ)イヤーを迎えたことを記念して、2.5ジゲン!!では、全12回にわたる連載企画「劇団Patch特集」をスタート。彼らの魅力を伝えるべく、メンバー同士で“他己紹介”をしてもらった。

vol.4となる今回は、藤戸佑飛にスポットを当てる。メンバーにとって、藤戸とはどのような存在なのか。彼の素顔に迫っていきたい。

藤戸佑飛 プロフィール


癖で、いつも人のことを「どんな人かなー。何を考えてるのかなー」と観察しちゃいます! 最近はなかなか人に会えないので、おうちひとりカラオケに勤しんでおります!

・あだ名:ゆうひ
・座右の銘:自分を好きだと思える自分に
・自分を一言で表すと:「俯瞰マン」
一歩引いて、色々と観察してます。どんな人かなー、何を考えているのかなー、とか。

1. 近藤頌利にとって「声量な人」

声量がものすっごい! 僕も自信はあるが勝てません(笑)。

外に出す力が多いから、内に入れるものも多いんやな。たくさん食べるもんね。大食いの仕事とかやり出して食べることが嫌いにならなきゃいいなー。ちなみに藤戸、井上、僕は大学が同じだった。

2. 三好大貴にとって「音を楽しむ人」

佑飛とは他のメンバーには分からない音楽話をすることがよくあります。僕はそれが大好きです。劇中のあの曲とか、ミュージカルならこの歌い方がさ! とか。もちろん自分たちは役者だけど、音楽が好きな劇団員がいてくれて、僕はうれしいです。また曲作ろうな。

3. 松井勇歩にとって「徳量寛大な人」

劇団Patchのいじられキャラ。ぽちゃっとした容姿に爆発的な歌唱力。他の追随を許さないキャラクターの半面、物事を冷静に俯瞰(ふかん)して考えることができる“できた”人間。実は人より少食。彼が歌う『ラクガキ。』はレコチョクで配信中。

4. 納谷 健にとって「ピットブル」

ゆうひ。友好的で愛嬌がある。環境によっては強靭なパワー(歌唱・愛され度・インパクト)が猛威を振るう。

5. 吉本考志にとって「ビックマック似合う人」

その美貌に落ちた男は数知れず、女戦士、ふじとまん。

6. 井上拓哉にとって「柔らかい人」

体型のこと言ってるんじゃないよ。どんな時でもバランスを保てて、周りをすごく気にしてくれるから。

7. 星璃にとって「豊」

見た目が豊かという意味ではなく。冷静で、常に周りから一歩引いて劇団を見て、みんなが詰まったときに的確な一言で劇団の考えを豊かにしてくれる存在。演じる役の幅も豊か。歌唱能力は劇団一。緊張しがちでごにょごにょ言ってるので、たまに何を言ってるかわからないときがある。

8. 竹下健人にとって「歌う和製クリスチャンベイル」

歌が上手いから。もっと歌が聴きたい……! でも、意外な特技は、Patchの誰よりもウエイトコントロールができるすごい人。

9. 田中 亨にとって「長生きするマンボウみたいな人」

キャラ得部門。繊細で世渡り上手だから。

10. 尾形大吾にとって「サイボーグな奈良の大仏な人」

仏のような人間性。この人の言葉は神のお告げだと感じる。歌がうますぎて喉がサイボーグなんだと思う。

11. 中山義紘にとって「会うとホッとする保育士の役を一度見てみたい男」

時間がかかってもしっかり自分の頭で考えて答えを出せる。周りからどう言われようとも信念を曲げない強い心の持ち主で、周りに安心感と信頼を与えられるから、似合うと思う。

抽選で1名様に「おうち時間」がテーマの自撮りチェキをプレゼント

【応募期間】
2020年7月3日〜2020年7月10日正午
※必ずTwitterキャンペーン応募規約をよくお読みいただき、同意のうえご応募ください。

【応募方法】
STEP 1. 2.5ジゲン!!のTwitterアカウント(@25jigen_news)をフォロー
STEP 2. 以下のツイートをリツイート

劇団Patch特集「メンバー同士で他己紹介してみた」一覧

vol.1 近藤頌利 編
vol.2 三好大貴 編
vol.3 松井勇歩 編
・vol.4 藤戸佑飛 編
・vol.5 納谷 健 編 (7月6日配信予定)
・vol.6 吉本考志 編(7月8日配信予定)
・vol.7 井上拓哉 編(7月10日配信予定)
・vol.8 星璃 編(7月13日配信予定)
・vol.9 竹下健人 編(7月15日配信予定)
・vol.10 田中 亨 編(7月17日配信予定)
・vol.11 尾形大吾 編(7月20日配信予定)
・vol.12 中山義紘 編(7月22日配信予定)

※毎週月・水・金の18時に公開(スケジュールは予告なく変更となる場合もあります)

劇団Patchとは
劇団Patchとは、演劇で大阪を元気にしたい!という大きな志のもと、関西を拠点とした様々なエンターテインメントを発信。関西弁で一生懸命を意味する「必死のパッチ」にその名を由来。

2012年4月、3000名以上の中から厳しいオーディションを通過し関西版 D-BOYS となる劇団Patchを結成!

結成から約半年で挑んだ旗揚げ公演「OLIVER BOYS」(作・演出 末満健一)は大盛況。演劇活動以外にもテレビやラジオなどのレギュラーも持ち幅広く活動中。今後さらなる飛躍を目指す。

公式サイトはこちら(https://www.west-patch.com/

劇団Patchについてもっと知りたい方におすすめの記事
【初心者向け】劇団Patchのススメ 関西からやってきた、のびしろ天井知らずのパワー秘めた劇団
珠玉のエンタメ作品 Patch stage『カーニバル!×13』観劇レポ 縦横無尽の痛快アクションに注目
近藤頌利、”言葉”に意味を持たせる役者を目指して。1年越しの Patch stage で魅せる「25歳の矜持」
田中 亨が初座長に挑む Patch stage『カーニバル!×13』への覚悟「成長したなって思わせる主演」に
劇団Patch1期生・松井勇歩が Patch stage 新作公演に込める想い「(田中)亨にとって“でかい壁”でありたい」

WRITER