インタビュー

キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】

2.5次元ダンスライブ「S.Q.S(スケアステージ)」Episode 3「ROMEO -in the darkness-」が、4月25日(木)〜5月6日(月・祝)、ヒューリックホール東京(有楽町)にていよいよ上演される。

「スケアステージ(通称スケステ)」は、2.5次元に存在する芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション」所属の人気ユニット「SolidS(ソリッズ)」と「QUELL(クヴェル)」をメインに語られる、「SQ(スケア)」シリーズの舞台版。

Episode1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」、Episode2「星芒の彼方 -月野百鬼夜行奇譚-」を経て、今作はついに三部作の最終章となる。

開幕に先駆け、熱気を帯びる稽古場にて囲み取材が行われた。

取材には、(上記写真左から)「SolidS」から世良里津花役の阿部快征、村瀬大役の小林涼、「QUELL」から久我壱星役の山中健太、久我壱流役の山中翔太、の合計4名が登場。

作品への想いと集大成に向けての意気込みを語った4人のインタビューを、前後半に分けてお送りする。

――Episode1〜2を経ての振り返りと、改めて感じる今の想いを教えてください。

阿部快征(世良里津花役):僕は今回、Episode1〜2よりもさらに、日替わりネタで貪欲に笑いを追求していきたいと思っています。

小林涼(村瀬大役):……どっちかっていうとそんなに日替わり求められてないよ。

阿部:え!? 求められてないの!?

小林:求められてないよ、大丈夫。

阿部:おおおおおい!

一同:(笑)

笑顔からスタートしたインタビュー。メンバーは和やかなムードながらも、今作にかける熱意や作品への愛情を真摯に語っていく。

阿部:最近、「スケステ」の先輩作品である「ツキステ。」のキャストの方々に色々な話を聞いています。

僕らも出演させていただいた「ツキステ。」第8幕(詳細はこちらを参照)の現場では、睦月始役の校條拳太朗さんに、日替わりネタについて相談しました。

校條さんは、前日見た映画を参考にしたり自分の身体能力を活かしたりと自由な発想でネタづくりをしていて、「自分に何ができるか、それを駆使してどうやってお客さまを笑顔にできるか」を考えることが大切だと教わりました。

僕は今まであんまり、自分から日替わりについて積極的に提案したことがないので、今回もしまた日替わりコーナーがあるのなら、貪欲に提案していきたいです。

小林:僕は、そうですね……Episode1〜2、ルナライ(合同ダンスライブ「LUNATIC LIVE 2018」)、ブレフリ(「BLAZING & FREEZING」)、そしてこの前の「ツキステ。」第8幕と、1年間このメンバーでやってきて、振り返ると「本当に楽しかったな」っていう気持ちが強いです。

同じメンバーで短期間にこんなに多数の作品に出演することってなかなかないので、すごくいい経験をさせてもらいました。

みんなとの関係性がより深まった今、この状態でEpisode3に挑むのがとても楽しみです。

山中健太(久我壱星役):僕はこの前の「ツキステ。」第8幕で、先輩たちの背中に感銘を受けました。

千秋楽では袖から先輩たちの背中を見ていて、「お客さまをこんなに楽しませたり感動させたりすることができるなんて、本当にすごいな」という尊敬と、「僕らも早く追いつきたい、追いつかないと」という気持ちでいっぱいになりました。

ツキプロは素敵な事務所なんだと改めて感じたし、僕自身としても演じる壱星としても、その事務所に所属している誇りを持ってEpisode3に臨みたいです。

山中翔太(久我壱流役):……言おうとしてた内容が思いっきり健太とかぶっちゃった。

小林:さすが双子だね。

阿部:「かぶっちゃった」まで打合せ済み?

翔太:そうそう。うまくいったねー?(笑)いや本当にかぶっちゃいました。

翔太:そうですね。僕は、「スケステ」は本当にファンの皆さんに支えられてここまで来た作品なんだと感じています。

「ツキステ。」の後続作品ということもあり、始まる前はどこまで受け入れてもらえるだろうとプレッシャーを感じたりもしましたが、ファンの方々がすごく優しくて。

ライブパートではうちわやサインライトを使って全力で応援してくださるし、お芝居パートではすごく笑ってくださって、本当に支えられています。

キャスト同士の信頼関係もすごく深まっています。ときには意見をぶつけ合うこともあるけれど、それもお互いに信頼し合っているからこそできること。そうした想いをすべて、見に来てくれた皆さんにぶつけて、笑顔になって帰っていただけたらと思います。

――ダンスライブも魅力の本作品。歌やダンスなど、今まで披露した中で「これが好き」という一曲は?

小林:僕は選べないです。全部いい曲だし、曲によってそれぞれテーマや伝えたいことが違うので、強いて言うなら全部好きです。

振付にもそれぞれいい所があるし、デュエットなら絡みもあるし。ユニットごとの違いの良さみたいなものもありますよね。

「SolidS」ならちょっとセクシーな大人の色気があり、「QUELL」にも独特の雰囲気がある。「QUELL」のあの荘厳で澄んだ感じの音楽、僕好きなんですよね。

――ご自身で振付されている箇所もあるそうですね。

小林:たくさんあります。いただいた振付で「このキャラはあまりしないだろうな」とか「ここはもっとこうした方がいい」と思ったら、振付師の方に相談してきちんと変えます。

ステージで実際に演じるのは自分だし、稽古場で誰よりもキャラクターのことを考えているのも自分自身です。その自負があるから、そういう箇所はこちらから言って変えさせてもらっています。

翔太:僕は「蒼い水」が好きです。これはカーテンコールのひとつ前にラストソングとして披露することが多い曲で、「QUELL」の4人が全員集合して自由に動けるパートがあるんです。

本番ではその瞬間にいつも、キャスト同士の自然な表情が出るんですよ。視線が合って、お互いに感じるものがあったりとか。その瞬間が楽しくて、素敵な曲だなって思います。

健太:僕は「虹」とか「HIKARI」とか、踊ってみて好きになった曲がたくさんあります。

「QUELL」の曲は歌詞が哲学的というか、ストレートじゃなくてちょっと難しいものが多いんです。でも実際に踊ってみると、「あ、ここはこういう気持ちで歌ってるんだ」というのがわかる。

「今ここは弟の壱流のことを言ってるんだ」「壱星から壱流に対して歌っている歌詞なんだ」という発見がたくさんあって、そういう気持ちで踊るのは楽しいですし、僕らもこばりょーさん(小林涼)と同じように、「こういうふうに踊りたい」って提案したりもしています。

「ここでは前に出たいです!」とか、「ここはふたりで向き合いたいです!」とか。

阿部:僕の場合は、好きというより踊りやすいという基準になっちゃうかも。それでいうと、激しい曲よりはバラード調の曲の方が好きですね。

Episode3で披露する曲なら「ロミオ -ROMEO-」が好きかな。僕はダンサーというより「ガンサー(顔面×ダンサー)」、顔で踊る人間なので。表情を乗せやすい曲が大好きです。

小林:バラード系の方が気持ちを込めやすいよね。僕たちはやっぱりダンサーじゃなく役者なので、歌詞に気持ちを込めて踊る方がやりやすいのかも。

阿部:というわけで、作曲家の方にはぜひともバラード系の曲をいっぱい書いてほしいです!

――これまでの公演を通して、ファンからの反応で印象深いものや嬉しかったものは?

阿部:一番印象深いのは、公演初日、最初に登場したときの衣装への反応ですね。ファンの方にとっては、好きなキャラクターの衣装を着て髪型も整えた人間が目の前に現れる初めての瞬間ですよね。

そのときに「おお……!」って感じの反応をもらえると、「ああちゃんと着こなせてるな。良かった!」って思います。

じつは稽古場では、あまり衣装を着る機会がなくて。でも衣装を着るか着ないかでは、結構動きが変わるんですよ。

「思ったよりも裾が長いから気にしないといけないな」とか、工夫することも多い。そういう面も含めて、自分がちゃんと着こなせてる、扱えてる、っていうのが確信できるあの反応は嬉しいです。

小林:「スケステ」はもちろん、「ツキステ。」関連のファンの方は、劇場でのリアクションがすごく大きくて早い。それがすごく嬉しいです。

ステージ上でのアクションに些細なことにもすぐ反応してくれるんですよ。ほんの小さなことでも笑ってくれたり、意図せず起こしたちょっとした行動にすごく楽しそうな反応を見せてくれたりする。

だからもしかすると、勘違いしやすいかもしれないよね。「俺ら面白いんじゃない?」って。

一同:(笑)

小林:でもそうした大きなリアクションをくれると、舞台上の僕らはすごくやりやすいんです。「ファンの方はこういう感じが好きなんだな」っていう傾向もわかるし。

――お客さまにはどんどん反応してほしい?

小林:バンバンしてほしいです。もちろんお喋りはNGですけど、拍手や笑いといった反応はたくさんしてもらえたら嬉しいです。

翔太:僕も、お客さまの反応が大きいのが嬉しいです。役者からすると、観客の笑顔ってやっぱり活力になるんですよ!

笑い声もそうだし、ワクワクしている雰囲気とかも。「QUELL」は次にどんなことをするんだろう、「SolidS」は何をするんだろう、っていう期待を寄せてくださっているのが伝わってきて、嬉しい。

とくにアドリブシーンでは、本当に支えられています。アドリブシーンは僕らだけでつくっているものじゃない。皆さんからのレスポンスがあるからこそ、僕らも「もっと!」って頑張れる。

客席とステージお互いの相乗効果で、より良いものが生まれていると思います。だから僕は胸を張って、「本当にありがとうございます! あなたたちはスゴイんです!」ってお客さまに言いたいです。

健太:僕は、演じている壱星の成長をお客さまが感じ取ってくれた瞬間が、すごく嬉しかったです。

壱星くんって、ないものを数える癖があるんです。彼と壱流は中学校を卒業してすぐ、高校に行かずして働き始めたので、みんなが通ってきた道を通っていない。みんなが知っていることの多くを知らないんですよね。

「自分にはこれがない、これを知らない」って感じるものが多い分、いろんなものを得ようとする気持ちの強い子なんですね。

でもストーリーを重ねていくごとに、1個ずつだけど成長している部分が必ずあって。たとえばルナライだと、挨拶のときに自分から前に出たこととか。

そんなふうに、少しずつだけど新しい部分がひらいていく、成長して大人になっていく姿を見せられた瞬間に、お客さまが「あっ、変わった!」というのを感じ取って反応してくれた。

壱星の行動に対して「ああ……!」って感動する声が聞こえたときに、嬉しいなあと思いました。壱星くんの成長過程を一緒に見守ってくださっているんだなあと感じられたんですよね。

【前半】パートはここまで。【後半】パートは後日公開予定なので、続きをお楽しみに!

画像一覧

  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像
  • キャストの心を支え続ける「スケステ」ファンのリアクションとは?「S.Q.S」Episode3稽古場インタビュー【前半】 イメージ画像

公演情報

タイトル

2.5次元ダンスライブ「S.Q.S(スケアステージ)Episode 3『ROMEO - in the darkness -』」

原作・脚本

ふじわら(ムービック)

キャラクター原案

沙月ゆう

原作楽曲提供

滝沢章/はまたけし

劇場・日程

ヒューリックホール東京(有楽町)
2019年4月25日(木)~5月6日(月・祝)

キャスト

・SolidS
篁志季役:日向野祥
奥井翼役:瀬戸啓太
世良里津花役:阿部快征
村瀬大役:小林涼

・QUELL
和泉柊羽役:田中稔彦
堀宮英知役:中尾拳也
久我壱星役:山中健太
久我壱流役:山中翔太

チケットについて

詳細はこちらから

制作

Ask/サンライズプロモーション東京

公式HP

https://sq-stage.com/ep3/

(C)S.Q.S03

WRITTER

豊島 オリカ
 
							豊島 オリカ
						

いつも感動しているフリーライター。2.5次元が大好きです。頂いた日々の活力、勇気、心を揺らす奇跡のような感覚に、どうにか恩返しできないものかと願いながら執筆しています。カーテンコールで拍手することと、鼻ぺちゃな犬も大好きです。

このライターが書いた他の記事も読む