レポート

若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕

画像一覧はこちら

舞台「薔薇王の葬列」が6月10日(金)に東京・日本青年館にて初日を迎えた。2.5ジゲン!!では、初日に先立ち行われたゲネプロをレポート。記事後半では、囲み会見の様子もお届けする。(※ゲネプロでのリチャード役は若月佑美)

本作は、シェイクスピアの史劇「ヘンリー六世」「リチャード三世」を原案とした、菅野文による漫画「薔薇王の葬列」のアニメ版(TOKYO MX ほか)が原作。ヨーク家とランカスター家による王位争い「薔薇戦争」の中に生きる、男女二つの性を持つヨーク家の三男・リチャードの運命が描かれている。

舞台は15世紀、イングランド。白薔薇を掲げるヨーク家と赤薔薇のランカスター家は、王位を巡って争いを続けていた。世に言う薔薇戦争である。

ヨーク公爵リチャード(演:谷口賢志)には、三人の息子がいた。女好きであるが剣の腕が立ち、父と共に赴いた戦で功績を上げる長男エドワード(演:君沢ユウキ)。真っ直ぐ正直な性格で明るく、深く悩まない性格の次男ジョージ(演:高本学)。そして、細い体の奥に隠された秘密を隠し続け、その秘密から母セシリー(演:藤岡沙也香)に「悪魔の子」と疎まれ続けている三男リチャード(演:若月佑美・有馬爽人のダブルキャスト)。

実はリチャードは、男女両方の性を体に宿す両性具有の人物だった。

敬愛する父と戦地で戦いたいと願っても、まだ子供であると留守を任され、いくら鍛えてもいっこうに逞しくならない体を呪わしく思うリチャード。強い男でありたいと望んでもかなわない…。そんなある日、リチャードは森の中で一人の青年に出会う。警戒しながらも近づくリチャードに、穏やかでやわらかい空気をまとうその青年は「ヘンリー」と名乗った。リチャードは彼を羊飼いと思いこんだが、実は彼こそがヨーク家の宿敵であるランカスター家の現王・ヘンリー六世(演:和田琢磨)だった。

リチャードは、ヘンリーを宿敵の王だとは知らぬまま心惹かれていくことになる。

史劇「ヘンリー六世」「リチャード三世」を原案とした漫画がアニメ化され、そして舞台となった。本作は漫画・アニメなどの二次元が原作の、いわゆる2.5次元舞台ではあるが、プロジェクションマッピングなどの映像効果は最小限、舞台セットの回転は人力であるなど、マンパワーによる演劇の良さがふんだんに味わえる。漫画・アニメ「薔薇王の葬列」は、原案のシェイクスピア戯曲を大事にしながら換骨奪胎によって作られている。それが演劇の形を取って演じられることに、唐突さや違和感は感じない。むしろ上演されるべくしてされた、と感じる。

前述2作のシェイクスピア史劇に触れた経験のある人はもちろん、全く触れずに本作を観た人でも一つの大きなドラマとして楽しめるのではないだろうか。主役はリチャードであり、リチャードの数奇な運命をたどったものであるが、戦乱、内紛、兄弟・親子関係、許されぬ恋など様々なことが描かれている。

さらに言えば、アニメの要素と雰囲気をきっちりと抑えながらアニメで描かれなかった原作の部分にも触れている。時代背景や地理上の位置関係や、歴史についても映写で説明がされるので、観ていて混乱することはない。アニメの脚本・構成も担当している内田裕基が脚本、シェイクスピア演劇をライフワークとしている松崎史也が演出・脚本。この2つの要素が非常に大きい。

そしてキャストたちの原作に対する愛の深さ。原作ありの舞台は、原作に対する愛とリスペクトが重要だ。事前のインタビューや公開稽古などでその愛は伝わってきていたが、舞台上で本作を生きる役者たちからは、愛の重さが伝わってくる。

リチャードは男女両方の性を体に持ち、母に悪魔と言われ育った。父も兄もリチャードを心から愛して接しているが、母からは愛を一切向けられない。この切なさと諦めと、同時に様々なものに対する怒りや苦しみを胸に抱くリチャードを、ゲネプロでは若月佑美が熱演。怒りは外側に、嘆きや苦しみは内側に。血を求めて戦に飛び出し、剣をふるい相手を次々になぎはらっていく。

本作は、リチャードが若月佑美と有馬爽人の男女ダブルキャストという点でも大きな話題になっている。しかし筆者は実際にゲネプロを観劇して、演ずる俳優が「男女どちらなのか」という点を強く念頭に置かずともいいのではないかと感じた。2人の俳優がそれぞれ、リチャードという性の人物を生きている。若月と有馬の個性の違いによって、周りの芝居が違うものに見えてくるのではないだろうか。

ヘンリーを演じる和田琢磨。今作では、争いを嫌い逃げまどい、王の座にいる自分の立場に苦しむヘンリーの苦悩を印象的に演じている。和田が演じることで、ただただ穏やかで柔和な人物ではないヘンリー像を感じる。ヘンリーもまた、リチャードと同じく母にまつわるトラウマを心に抱えているのだ。

自分の信じているもののために状況に応じて立場を変え、それでも信念を貫こうとするウォリック伯爵(演:瀬戸祐介)。ウォリックはヨーク公爵、マーガレット、エドワード…とキングメイカーとして動いていくのだが、すっきりとした顔立ちの裏に大きな野心を持つ彼を、瀬戸祐介が好演している。

伯爵家に生まれながらも自由に生きたいと願う、ひたむきなアンを演じるのは星波。時代に翻弄される中、本当は強く生きたいという女性はもちろんいたはずだ。星波の身体能力の高さが観られるアクションも、今回は少しだがあるので楽しみにしてもらいたい。

リチャードたちの母・セシリーもまた、運命の波に飲まれた一人なのかもしれない。親としてどうリチャードに向き合えばいいのか分からない…他の兄弟や夫に向けられた愛情を見る限り、まったく愛のない人物ではないはずだ。母にトラウマを持つヘンリーと同じく、セシリーとリチャードの親子関係にも注目してほしい。

ひねくれているようで素直なエドワード王太子(演:廣野凌大)の恋心は、愛憎渦巻く本作の中でも一服の清涼剤だ。エドワード王太子が登場するだけでほっとした気持ちになるだろう。リチャードへの「かわいい…」のセリフの後には「そういうあなたがかわいい」と言いたくなってしまう。かわいいだけではなく、王太子としてのプライドや男としての矜持も見せてくれる。

また、いつもリチャードと共にありリチャードを守るケイツビー(演:加藤将)が、ふとした瞬間に見せる、本心とも受け取れる表情には切なさが溢れている。言葉が少ないからこそ、佇まいの一つも見逃せない。遠くでリチャードを見守っている時の表情にも注目してもらいたい。

リチャードの周りに心理として(あるいは亡霊として)絡みつくジャンヌダルクを演じるのは佃井皆美。重力を感じさせない動きやアクション、声の抑揚などで、人ではない存在を表現している。原作よりも出番が多く、リチャードとジャンルダルクの関係性がさらに深掘りされていると感じる。

本作において特筆したいのは、ヨーク公爵リチャードと、ヘンリーの妻・マーガレット(演:田中良子)のとあるシーンだ。田中のマーガレットは、その存在感と芝居力の強さ、迫力、気迫で舞台上の全てを圧倒している。恐ろしさに寒気がし、震えあがるほどだ。はまり役と言っても過言ではないだろう。

このマーガレットと対峙する、谷口演じるヨーク公爵リチャードの存在感の大きさもすさまじい。父リチャードの愛、強さ、温かさがどれだけ息子たちにとって大きな光であったのか…谷口の大きく豪快、かつ繊細な芝居で、ヨーク公爵リチャードは絶対的に強い父・王としての存在を舞台に示している。

物語がぎっしりと詰め込まれていると同時に、アクションのシーンが非常に多く見どころの多い本作。アンサンブルは時にヨーク兵になり、ランカスターの残党になり、リチャードの心象風景にもなる。めまぐるしく動き、多くの役割を担うアンサンブルにも拍手を送りたい。

セットは、回転することでどこから見てもその角度によって違う表情を見せるうまい作りだ。照明、音楽ともに舞台を盛り立て、衣装も豪華な作りで華やか。ぜひ続編をと思わせる終わり方が見事だ。

アニメでリチャードを演じた斎賀みつきがナレーションに、そして幼少バッキンガムの声として杉山里穂が入っているのも嬉しいポイント。原作のアニメ・漫画も一体となってこの舞台を作り上げようという意志が伝わってくる。

公演は6月19日(日)まで。若月・有馬両方のリチャードで舞台がどう変わるのか、ぜひ確かめてほしい。

囲み会見レポート

ゲネプロ前に行われた囲み会見には、若月佑美、有馬爽人、和田琢磨、谷口賢志、松崎史也(脚本・演出)が出席した。

――初日を迎えた気持ちをお聞かせください

若月佑美:熱を込めて一生懸命作り上げてきました。お客さまに観ていただけることと、劇場の幕が上がるのが簡単ではないこの時に初日を迎えられることがとても嬉しいです。

有馬爽人:今この場に立てているのは、ファンの皆さまやスタッフの皆さんのおかげであり、心から感謝しております。愛を込めて全力で皆さんにお届けできたらと思っております。

和田琢磨:日本の文化である漫画とアニメと、演劇の王道であるシェイクスピアが混ざったとても面白い作品です。我々も最後まで感染症に気を付けて、1人でも多くの方にこの作品を観ていただけるように頑張っていきます。

谷口賢志:僕は幽霊は信じていないのですが(笑)、人が全力で生きる生き様から生まれる魂のようなものは信じています。ここにいる(4人の)キャストだけではなく、アンサンブル含めた全キャスト、全スタッフが毎日本気で全力で生きていることはお約束します。僕たちの全力の魂が誰かの人生を少しでも彩れたら嬉しいです。

松崎史也(脚本・演出):演劇と原作とこの作品、このカンパニーを、全員が愛していて、非常に熱量の高い自信のある作品ができました。

――男女ダブルキャストでの苦労についてお聞かせください

若月:稽古序盤でアクションの指導をしていただいた時に、“女性らしい”“男性らしい”仕草を自然と取ってしまうことを意識しよう、と話はありました。それ(男女の仕草差)が芝居にも出てきてしまうのかなと思っていたのですが、ご一緒させていただいているキャストの皆さまから、私たちを男女という区別ではなく“リチャード”という役として見ているという言葉を頂きました。そのことで心がひらけて、自分自身が女であるということは考えず、ただリチャードとして生きていれば周りがそう見てくれる、と思って苦労が一気になくなりました。

有馬:僕も、男女の違いという点で初めは悩んでいて不安もありました。でも、キャストの皆さんから、男女ではなくリチャードとして見ているという言葉を頂いてから、自由に演じることができるようになりました。

松崎:2人が「ここは共有しよう」「ここは別々の表現でいいね」と話し合ったり、話し合わなくても自然とそれができているのがとても印象的でした。こんなに風通し良くダブルキャストを背負ってくれるんだな、と。演じる側はあまり男女の違いという点を意識していませんが、受け手の皆さんは感知する部分が違うと思いますので、想像を楽しんでもらえたらと思っています。

――和田さんと谷口さんから見て、お2人のリチャードの印象の違いはいかがでしたか?

和田:有馬さんのリチャードは自分の内側に苦しさや葛藤をためこむリチャードで、若月さんのリチャードはそういったものを外側に発散するリチャードだ、と稽古の序盤に感じていました。どちらも素敵なリチャードですし、2人が演じられるリチャードと代わる代わるにお芝居させていただいて非常に楽しかったです。また、自分の中のヘンリー像が広がっていって、毎日新鮮に感じていました。

谷口:この戯曲が書かれた時代は、男女にまつわる差があったりしたので、戯曲の中でも節々にそのような部分が残っています。今の時代では男性らしさ、女性らしさというものにアンチテーゼを出していかないといけないと思うのですが、今回この2人がやっているお芝居は、その答えの一つになるのではないかと思います。そういった意味で、今回の戯曲は非常に挑戦的です。今の時代の“男女”を表す一つの答えになるのではないかと思っています。

――今作はアクションがとても多い舞台です

若月:(私たち)2人とも剣を使った殺陣が初めてなので、事前に基礎の基礎からご指導いただきました。薔薇戦争が舞台なので、早めに稽古を開始させていただきました。

有馬:殺陣が初めてということで、事前に稽古をさせていただいたのが非常に大きかったです。だからこそこうやって今自信を持って舞台の初日を迎えることができます。殺陣の数が増えていくたびに不安になったりしていたのですが、リチャードも、戦いに出たいから剣の稽古を頑張る! というように熱い思いを持っていたので、僕たちも前向きに練習できました。

和田:私も今回、アクションがすごくあるのかなと思って万全の状態で稽古に臨んだのですが、逃げまどう役でした(笑)。これが一番心苦しいことではあるのですが、皆さんが汗だくになっている時に私は袖でじっとスタンバイしているという…。先輩の谷口さんが、とても素敵で豪快な立ち回りをやっていらしたので、袖でそれを見守りながら刺激を受けておりました。殺陣もお芝居の一つだと思っております。リチャードお2人の殺陣も感情が非常に乗っていて美しいですし、心強いな、と感じました。

――最後に本作の見どころをお願いします

有馬:この作品は全てが濃い作品で、内容だけではなく、さまざまなことを肌で感じられるものだと思っています。皆さんの思い出に一生残り続けるようなものをお届けしますので、ぜひ足を運んでいただけたらと思っております。

若月:今回ダブルキャストということで、ありがたいことに私はこの舞台を客観的に見ることができました。一観客として舞台全体を観させていただいて、本当に素晴らしい舞台だ、たくさんの人に伝えたい、と嘘なく思いました。来てくださった方が持って帰るものがない、というのは100パーセントないと思います。絶対に素敵なものを持って帰れるという気持ちで足を運んでいただけたら嬉しいです。出演している身ですが、お勧めしたい舞台です!

取材・文:広瀬有希/撮影:ケイヒカル

画像一覧

  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像
  • 若月佑美、性別は関係ない「ただリチャードとして生きていれば…」 舞台「薔薇王の葬列」開幕 イメージ画像

公演情報

タイトル

舞台「薔薇王の葬列」

日程・会場

2022年6月10日(金)~19日(日)
東京・日本青年館

原作

テレビアニメ『薔薇王の葬列』

演出

松崎史也

脚本

内田裕基

キャスト

若月佑美/有馬爽人(Wキャスト)
和田琢磨
君沢ユウキ、高本 学、加藤 将、瀬戸祐介、廣野凌大、星波、藤岡沙也香
田中良子
谷口賢志 ほか

制作

バンダイナムコライブクリエイティブ / Office ENDLESS

主催

舞台「薔薇王の葬列」製作委員会 

公式HP

https://officeendless.com/sp/baraou_stage

公式Twitter

@baraou_stage

(C)菅野文(秋田書店)/舞台「薔薇王の葬列」製作委員会


テレビアニメ「薔薇王の葬列」はTOKYO MX(毎週日曜22:30~)ほかで放送中。
Blu-ray全4巻も順次発売!現在第1巻が発売中、第2巻が2022年5月27日(金)に発売。
詳細は公式HP(https://baraou-anime.com/)に掲載。

WRITER

広瀬有希
							広瀬有希
						

金融・印刷業界を経てフリーライターへ。エンタメメディアにて現場取材・執筆の他、日本語・日本文化教育ソフト監修、ゲームシナリオ、ノベライズなどで活動中。感動が伝わる文章を目指して精進の日々を送っています。

このライターが書いた他の記事も読む