コラム

2.5次元界発、ハッシュタグ交流まとめ ステイホームで生まれた“繋がり”の形

ステイホーム期間に生まれたムーブメントは、普段舞台で活躍する俳優たちにも広まっている。

とくに手軽に発信できるTwitter上での動きは活発。次々と新しいハッシュタグでのバトンが発信されていた。

今回は、そのハッシュタグ上での舞台俳優同士の交流を改めて振り返ろうと思う。

「舞台観劇が当面の間ない」「推しが元気にしているかわからない」そんなネガティブな気持ちをほんの少し救ってくれる、ネット上でのやりとりにスポットを当ててみよう。

作品愛あふれる、2.5次元作品ごとのハッシュタグ

ステイホームが呼びかけられた当初、観劇ファン・俳優ファンは次々と飛び込んでくる舞台やイベント中止の報に落ちこまずにはいられない日々を送っていた。

そんな折、2.5次元作品界隈では作品ごとのハッシュタグによるムーブメントがスタート。

「2.5ジゲン!!」でも、そのいくつかを取り上げた。詳細はリンク先の記事を読んでもらえたらと思うのだが、ミュージカル『テニスの王子様』ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」舞台『弱虫ペダル』ツキステ。をはじめとするツキノ芸能プロダクション原作の2.5次元ダンスライブシリーズなどが、作品ごとにオリジナルのハッシュタグをつくり歴代キャストが次々と参加。

その内容は多岐に渡り、ステイホームを呼びかけるものや手洗いうがいの動画を掲載するもの、ファンへエールを送るものなど様々。

いずれも、各俳優の演じたキャラクターや作品への愛が感じられるもので、ファンにパワーを与えてくれた。

こういった動きに触発され、次々と新たな動きが生まれている。

例えば、2020年4月にTwitterを開始した永山たかしは、テニミュ初代青学の1人で菊丸英二を演じた俳優。彼は前述した「#テニミュLOVE」の流れに乗りそこねたことを残念だと投稿していた。

そんな彼は、その後「#ブリミュLOVE」という新たな輪を生み出す。

ブリミュこと『ROCK MUSICAL BLEACH』の初演は2005年。キャスト変更もありつつ、2016年まで定期的に上演されてきた人気シリーズである。

彼の発案により動き出したこのハッシュタグに、懐かしい初代キャストや最新作のキャストたちが反応。

ブリミュシリーズは2016年に上演された『ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜』が最新作で、すでに4年が経過している。

ブリミュファンにとっては、この2020年にキャストたちのブリミュ愛が確認できるという、まさに夢のような企画となった。

また4月後半にはミュージカル『忍たま乱太郎』歴代キャストによる「#忍たまファミリー笑顔繋ぎ」が誕生。

発案者は2010年上演の第一弾「がんばれ六年生!」の再演から最新作まで、学園長こと大川平次渦正役で出演し続けている迫英雄。

タグのなかにも入っている“ファミリー”という言葉が表しているように、カンパニーのアットホームな空気感が伝わってくるツイートが次々と投稿されている。

こういった作品ごとの動きが、ファンに大きなパワーを与えていることは間違いない。

交友関係に目からウロコ、友人軸の「#自撮りつなぎ」

ここまでは2.5次元作品ごとのムーブメントを紹介したが、次は俳優同士のバトンに注目したい。

様々なジャンルの著名人らも参加している「#自撮りつなぎ」。2.5次元作品で活躍する俳優たちも続々と参加している。

こちらは『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』初代蓮巳敬人役の小松準弥の投稿。このツイートではあんステで共演した鬼龍紅郎役の上田堪大へとつないでいる。

上田から小西成弥へ、小西成弥から安井一真へ。そしてここでまた上田堪大へと戻っているが、バトン式の投稿はこういったハプニングも含めて楽しめる。

現在、Twitter上では似たようなハッシュタグが同時並行的に動いているため、同じ俳優に何度も回ってくるという事態も。

安井がつないだ前山剛久も連続して指名されており、安井からのバトンは同じくあんステキャストの星元裕月(本人のアカウントがないためマネージャーのアカウント)へ。

一方で加藤 将からのバトンは橋本祥平へ繋いでいた。

このあとさらに、橋本から高崎翔太へ。高崎から樋口裕太、樋口から北村 諒、北村から柏木佑介、柏木から鈴木勝吾へ……と繋がっていった。

今回紹介したのは一例に過ぎないが、ひとつのバトンを遡ってみると、共演者同士のつながりや、懐かしい作品でのつながりなどが見えてきて面白い。

気になる作品や俳優の周りでこういったタグを見かけたら、源流をたどる遊びをしてみるのもステイホーム期間の気晴らしになるのではないだろうか。

ちなみに、あちらこちらでバトンが錯綜したせいか、バトンがなかなか回ってこないことを憂う俳優も現れた。

このあと無事に溝口琢矢からバトンをもらった高橋健介は、自身が演じたミュージカル『刀剣乱舞』の蜂須賀虎徹風マスクの自撮りを掲載していた。

独特なユーモアセンスの持ち主である高橋は、ファンが楽しめる「8軍ネタ」という自作のネタ動画も投稿しているので、クスッとしたい人はぜひ覗いてみてほしい。

ファン発信企画に本人降臨、崎山つばさの「#お手紙の代わりに」

最後に紹介するのは、ファンが自発的におこなったTwitter上での企画に本人が気づいて反応をしたというケース。

この崎山つばさが掲載した手紙は、彼のファンが「#お手紙の代わりに」というハッシュタグでスタートした企画に対し彼が返事を書いたもの。

俳優ファンは普段、劇場やイベントに手紙を持参したり、事務所に手紙を送ったりすることが多いだろう。

しかし現場がなくなり、事務所によっては手紙の受け取りを一時的に中止しているところもある。そんな環境のなかでも想いを届けたいとファンがスタートさせたのがこの企画だ。

崎山のように実際に返事を公開してくれるというのは稀なケースだとは思うが、イレギュラーな環境下だからこそ生まれたひとつのコミュニケーションの形といえるだろう。

彼以外にも、それぞれ創意工夫を凝らしてファンに少しでも気持ちや笑顔を届けようとしてくれている俳優は多い。

そういった、演技とはまた違った感性を楽しむのも、観劇ファンにとっては暗い気持ちになりがちなこの日々を少しでも楽しく過ごすための手助けとなってくれるだろう。

目に見える繋がりが与えてくれる心強さと安心感

今回はTwitter上でのムーブメントに焦点を当て、その一部を紹介した。

日頃、観劇やイベント参加という形で俳優たちの活動を自分の目で確かめてきた俳優ファンにとって、苦しい日々が続いているだろう。

こういうとき、ネット上のものであっても、「推しが元気に生きている」と感じられることは大きな原動力になる。ここで紹介したのはそのほんの一部に過ぎないが、自分にとって「元気になれる!」と思える心の栄養源を、ぜひ見つけてみてほしい。

WRITER

双海 しお
 
								双海 しお
							

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む