レポート

【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」

画像一覧はこちら

5月17日よりよみうり大手町ホールにて開幕した『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子』。先日2.5ジゲン!!では、公開ゲネプロの様子をご紹介した。

今回は、公開ゲネプロ後に行われた囲み取材で、キャスト陣が語ったコメントをお届けする。登壇者は、滝澤諒(ナレク役)、大見拓土(リュゼ役)、橘りょう(テオ役)、汐崎アイル(クロム役)、橘りょう(テオ役)、齋藤彩夏(グリまる役)、後藤望(ベレク役)の7名。

 

――今回のダメステ第2弾の舞台の意気込みを聞かせてください。

滝澤諒(ナレク役):第2弾を迎えさせていただけるというのは本当に第1弾の頃から原作のダメプリだったり、そして舞台化になったダメステを応援してくださったみなさまがたくさんパワーをくれたお陰だなと本当に思っています。

こうして初日を迎えられたこと、そして第2弾を迎えられたことに対して本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回第2弾で大事にしていることがあって、それは第1弾でお客さんと築き上げた絆です。この僕たちのダメステというのはお客さんとの一体型というのをすごくテーマにしてやっておりまして。

ダメ王子とか他のキャストの距離が近かったり、あとは観に来てくれるお客さんに色んな姿や物とかになっていただける、そういうものを第1弾ではたくさん用意したんですけれども、そういう風にして僕たちだけでなく、みなさんも楽しんでいけるような世界というか作品づくりというのをキャスト全員やってきました。

そこは引き続きパワーアップしたものをお届けしたいのと、あとは座組みとしてもやっぱチームワークがいいので、日頃から仲良くお互い切磋琢磨しているカンパニーの空間というのを上手く作品にのせられたらいいなと思います。よろしくお願いいたします。

大見拓土(リュゼ役):前の方が完璧すぎて喋ることがありません。(笑)

滝澤:ごめんね(笑)。思った、思った。だいたいみんなが言いたいこと言っちゃった(笑)。

(一同笑い)

大見:でも諒が言った通り、築き上げてきたお客さんとの絆、第2弾を迎えるということで期待してくださっている方々がいらっしゃると思うので、その期待を大きく超えられるようにリュゼとして宰相を信頼し、メアを愛しセレンファーレンを愛せるように頑張りたいと思います。

汐崎アイル(クロム役):続きものではなく、ちゃんと重ねた時間であるということを大事にしたいですね。

舞台上で僕たちは自分のこのお仕事に向かうということであったり、この作品に向かうということであったり、そういったものを1つ1つ一挙手一投足を集中して込めれたらいいなと思います。

毎日が初日で毎日が千秋楽というのを僕は大事にやっているのですがそのように1回1回同じ公演はありません。

なので、毎回同じお客さんがいらっしゃるわけでもありませんが、毎回が新鮮でそしてちゃんと熱量が伝わる作品になれるように、僕も色んな方を支えながら僕自身も頑張れたらなと思います。

どうぞ最後までご声援の方をよろしくお願いいたします。

橘りょう(テオ役):初演を終えて第2弾ということで、すごいたくさんの大人の方たちが携わっております。

すごいことだなと思うと同時に、これを第3弾、第4弾と繋げていくには今回第2弾必ず成功しなくちゃいけないということで、各々の役割を全うしつつ初日から熱量をガンガン上げていって頑張っていきたいと思います。

齋藤彩夏(グリまる役):ここにいないメンバーもずっと一緒にやってきた、誇り高いメンバーなので、みんなと一緒に、お客さんも一緒に、ダメプリの世界もダメステの世界も愛してもらえるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

後藤望(ベレク役):本当に初舞台で出演させていただいたんですけど、みなさんカンパニーがすごく優しくてスタッフの方とかもみなさんが本当に親身になって「1からダメステをつくろう」という気持ちがすごい伝わってきました。

劇団というかカンパニーってこういうものなんだなとすごいアットホームな雰囲気がありました。

やる気に溢れているけど、すごくみなさん温かくてとても伸び伸びと色んなことを吸収出来たんじゃないかなと思います。

この1ヶ月半で温めてきたダメステの大好きさ、カンパニーの大好きさをみなさんにもぶつけていきたいと思います。よろしくお願いします。

――今回の舞台の見所を教えていただきたいと思います。LOVEルート・DAMEルート共通の見どころを教えてください。

滝澤:見どころはラブダメ共にナレク様です。以上です。

っていうのは冗談で、もう1個だけ。ナレク様はもちろんなんですけど、今回このフェイクプリンスということで原作にない新しいオリジナルのキャラクターを迎えて僕たちやっているんですけれども。

見ての通り格好が似てまして、1人ですごいハードルの高さを感じています(笑)。

なので「ナレク大したことなくない?」って言われないように本当に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

大見:今回、前回と違ってLOVEルート、DAMEルートで前回とは大きく差が出来たのでまず見所だなと思っていて、LOVE、DAMEの楽しみ方がそれぞれあると思うのでそこを楽しんでいただけるようにみなさんと頑張りたいと思います。

汐崎:今回新参加のアンサンブルのみなさんもいらっしゃいまして、その方々が身体能力がとても高いのでアクションシーンも前回より増え、色んな挑戦が舞台上で起こっています。

それがこれまたDAMEルート、LOVEルートで違った動きであったりだとか違うものがあったりしますので、そういったところを最後までこだわっているものがありますのでいネタだけでなく、こことここ違うぞ。と間違い探しのような楽しみ方も出来るんじゃないかなと思っております。

曲も違うところもありますし、集中を切らさずに約2時間楽しんでいただければなと思います。

橘:前回に引き続きDAMEとLOVEの違いを見てもらいたいと同時に、今回はイナコの役割もすごく見て欲しいです。熱量もどんどん上がっていくと思うので色々楽しんでいただきたいと思います。

齋藤:見所は王子たちです。あと、テオのツッコミです。以上です。

後藤:DAMEルートは本当にみなさんダメっぽさをマックスに出して、LOVEルートの方は格好良さというか王子らしい姿をみなさんに届けられる、とてもいい作品なのかなと思います。両方楽しみにしていてください。

――今回、後藤さんはナレクにそっくりの「偽王子」ということですが、稽古場では2人の間でどのようにコミュニケーションをとられていたのか教えてください。

滝澤:基本的に2人ナレクとベレクもつくりあげていくっていう意識がすごくお互いにあったんじゃないのかなと考えるとやっぱり一緒にいる時間も多かったです。

一緒にやるフリだったりだとか、ナレクの癖の強い動きだったりベレクがフェイクプリンスとしてコピーしていかなきゃいけないっていうのが結構大変な作業だったんじゃないのかなと個人的には思っています。

稽古中は僕から「ナレクはこういう時にこうして」と細かい教え方をするんじゃなくて、とりあえず板に立って暴れるナレク様をみてそのニュアンスで覚えて欲しいっていうのは、僕らの中でちゃんと話したわけじゃないですけど意識したところであったのかなと思っています。

望くんが僕からどんどんナレク様を吸収していってくれたっていうのがすごくあったので、それ故の僕のハードルです。

それが大変であり、そこを僕がもっと越えていかなきゃいけないところでもあるのでベレクとしてもナレクとしても挑戦の公演になっていくんじゃないかなと思います。

後藤:さっき話してた通り、ナレクっぽさを1からつくっていくのが難しいというか諒くんが1からつくりあげたものを自分でつくれるか不安もあったんですけどすごい親身にここはこうやってとか、ここは鏡で合わせようとか1から全部教えていただいて勉強になりました。

あと、掛け声ですね。「フン」「ハッ」「トゥ」。これをひたすら練習しています。

滝澤:「フン」「ハッ」「トゥ」を稽古場で端から端に届けよう、と2人でひたすら練習していました。それがすごく印象的です。

――ご自身のキャラクターの中でお客さんをキュンとさせるポイントをそれぞれ教えてください。

滝澤:ナレクはどうなんですかね。歩くだけで惚れ惚れさせてしまうようなそんな手先、足先、顔っていうところを僕は意識してやっているので何かを特別ここでというよりはずっと見惚れていて欲しいっていうのが僕の意見じゃなくてナレク様の意見です。

大見:僕はキャラクター的には素朴の子というかちゃんとした夢だったり希望だったりを持って動いているキャラクターだと思っていて。

全てをさらけ出すシーンが戦闘シーンになるんですけど、そこでキュンキュンできるかなと思います。

汐崎:自分でこうだと思っているものと稽古場から誰かが演じている部分だったり、この人のこういうところって素敵だなと役者としてもそうですし、役としても今回はこういう一面があるんだなと発見が袖から観ててもあります。

元からこの作品を知っている人も知らない人もこういうキャラクターのこういう一面がよかったというのを楽しめると思います。新たな発見があって普段ない絡みはあると思います。

橘:私のキュンとするところは…存在です。以上です。

(一同笑い)

僕がテオを演じるにあたって意識していることは絶対的お兄ちゃん感。優しく包んでくれる大らかな気持ち。

そういうところを意識しているのでそういった部分を上手く見せればキュンキュンしてくれるんじゃないかなと思います。

齋藤:グリまるはあんまりキュンじゃないかもしれない。こっちがキュンもらう側なんでなんともですけど。

今回は第1弾よりも第2弾の方が王子たちの国を背負っている感じとか、頼もしさとか、男らしさみたいなものがすごく詰め込まれているかなと思って国民が見えてくる感じとか男気みたいなものを感じてもらったら嬉しいなと思ってます。

――これから観ていただくファンの方たちにメッセージを一言お願いします。

滝澤:この作品は分かりやすいっていうのももちろん見所としてありますけれども、それぞれのキャラクターがぞれぞれのキャラクターを愛し、その瞬間を生き抜いているっていう生き様もすごい素敵だなと僕は思います。

初めて観る方は作品全体をみて面白いなと思ってくれると思いますし、原作を愛してくださってる方、1弾も2弾も観に来てくださってる方は王子たちの新しくパワーアップした細かいところだったりとかを、ラブとダメのこのストーリーの違いで王子たちがどう成長していくのか細かいところまで観ていただける作品になっているので、幅広い方に楽しんでいただける作品になっているなとすごく感じます。

第1弾のときに、この作品は色んな歌もあってダンスもあって殺陣もあって色んなものをお届けするっていう意味で“ジェットコースターに乗った気分”と例えたんですけど、第2弾は客降りも多いっていうのもあってちょっと“動物園”っぽいかなと思います。

王子たちも自由にステージに限らずこの大手町ホールを駆け巡っていくっていう姿がすごく印象に残ると思いますし、個性豊かなキャラクターを目の前でたくさん色んなところで観れるというところからすごい個性豊かなキャラクターたちをたくさん観れる、動物園みたいな感じで楽しんでいただけたら嬉しいなと思っています。

ぜひ1回と言わず何回も観に来ていただきたいなと思っております。

大見:僕のダメステの大好きなところは勢いがあるところだと思っているので、勢いに負けないようにお客様も客席で楽しんでください。頑張ります。

汐崎:盛り上がるところはとことん盛り上がり、見守るところは静かに見守る。時間と節度を守って楽しくご鑑賞ください。どうぞよろしくお願いします。

橘:しっかりと役割を全うして毎日毎日熱量を上げていってお客様に楽しんでいただけるようにまた次回も続いていけるような作品に出来るよう、頑張っていきます。

齋藤:たくさん細かいところにもこだわって王子たち目が足りないくらい色んなことを色んなところでやっていると思います。

1人1人の見どころポイントが盛り沢山の公演になっているかと思いますので、ぜひ劇場で体感していただけたら嬉しいです。

後藤:今回僕の役はオリジナルキャラクターということでこの作品でしか観れないオリジナルなキャラクターなんですけど、原作のキャラに負けないくらいみなさんに愛していただきたいなと思います。頑張ります。

公演情報

タイトル

『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子(フェイクプリンス)』

出演

【ミリドニア】
ナレク役:滝澤諒
ヴィーノ役:松本祐一
リオット役:進藤学

【セレンファーレン】
リュゼ役:大見拓土
メア役:三原大樹
クロム役:汐崎アイル

【イナコ】
テオ役:橘りょう
グリまる役:齋藤彩夏

【ナレク親衛隊】
ハディ役:馬庭良介
エイミル役:野見山拳太
サンバン役:坂下陽春

日程

2019年5月17日(金)~23日(木)

会場

よみうり大手町ホール
http://yomi.otemachi-hall.com/

公演スケジュール

【全10回】
5月17日(金)19:00☆
5月18日(土)12:00○/17:00☆
5月19日(日)12:00☆/17:00○
5月20日(月)19:00☆
5月21日(火)19:00○
5月22日(水)14:00☆/19:00○
5月23日(木)14:00☆
☆=LOVEルート/〇=DAMEルート
※ルートは異なりますが、出演者は変わりません。

ハイタッチ会


・5月19日(日)18:00 公演終演後
ナレク役:滝澤諒
ヴィーノ役:松本祐一
リオット役:進藤学
ルオーシュ役:徳山秀典

・5月22日(水)14:00 公演終演後
リュゼ役:大見拓土
メア役:三原大樹
クロム役:汐崎アイル
テオ役:橘りょう
グ リまる役:齋藤彩夏
???役:後藤望

チケットについて

【プレミアム席】(特典付)
9,500 円(税込)
【一般席】
7,500 円(税込)
※全席指定
※未就学児入場不可
※営利目的の転売禁止

チケット販売

【舞台オフィシャル2次先行】
・抽選申込期間
2019年4月5日(金)18:00〜4月13日(土)12:00
https://eplus.jp/damepri2_hp2/

【2.5次元フレンズ先行】
・抽選申込期間
2019年4月5日(金18:00〜4月13日(土)12:00
https://eplus.jp/damepri2_2.5/

【一般発売】

2019年4月20日(土)AM10:00〜
イープラス
https://eplus.jp/damepri2/

【店頭販売】
・ファミリーマート、セブン・イレブン

・ぴあ
http://w.pia.jp/t/damepri-stage/

(P コード:492-930)
0570-02-9999

【店頭販売】
セブン-イレブン、サークル K・サンクス
ローソンチケット
https://l-tike.com/damepri-stage/
(L コード:34141)
0570-084-003

【店頭販売】
ローソン、ミニストップ

『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子(フェイクプリンス)』公式HP

http://www.damepri-stage.com/

『歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子 VS 偽物王子(フェイクプリンス)』 公式ツイッター
@damepri_stage

(C)DAME×STAGE (C)NHN PlayArt Corp.

画像一覧

  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像
  • 【囲み会見コメント全文】ダメステ最新作が開幕!滝澤諒「お客さんとの絆を大事にしたい」 イメージ画像

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む