レポート

陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート

画像一覧はこちら

講談社とOffice ENDLESSの共同プロジェクト「ひとりしばい」vol.7が2020年10月24日(土)に配信された。

実力派俳優と脚本・演出がタッグを組み唯一無二の世界を作り上げる「ひとりしばい」。第7弾となる『タワーリングアンコンシャス・ザ・ショウ』に挑んだのは、陳内将。MANKAI STAGE『A3!』などの人気2.5次元作品をはじめ、オリジナル舞台でも圧巻の演技力が話題を呼んでいる。

脚本・演出を担当した伊勢直弘。「アイ★チュウ ザ・ステージ」シリーズやLIVEミュージカル演劇『チャージマン研!』などで知られ、役者ひとりひとりにスポットライトを当て、その個性を引き出す演出が魅力的だ。

今回は、一夜限りの配信とは思えない程に熱い思いが込められた本作のあらすじや見どころをお届けする。舞台を愛する男たちのほとばしるエネルギーを感じてほしい。

※公演写真・ストーリーに触れている内容を掲載しています。未視聴の方は、ネタバレにご注意ください。

心と向き合う、優しく切ないストーリー

物語は、主人公が客席に座り“何か”を見ているところから始まる。誰かと話している様子だが、その相手の正体は分からない。

不意に挟まれる画質の粗い映像など、冒頭から不思議な感覚に襲われる。

しかし、そんな不穏な空気もすぐに一変。カラフルで華やかなライトをバックに登場したのは、勢いのある漫才コンビ。舞台に立っているのはもちろん陳内ひとりなのだが、ボケとツッコミ、確かにふたりの人間がその場に立っているように見えた。

その後、軽い雰囲気のテキトー、あるいは、少々暴力的なところのある輩など、さまざまな登場人物が加わり、会話のスピードが加速度的に増していく。観ていて思わず笑いがこぼれてしまうような漫才シーンは、お笑いとしての完成度も高く、陳内の新たな魅力またひとつを知ることができた。

賑やかな漫才シーンが続くかと思われたが、劇場は再び不穏な空気に包まれていく。

舞台の上に立つ登場人物たちは、全て主人公の中に存在している人格だということが判明したのだ。それぞれの人格が生まれた経緯も、作中で明らかになる。

たとえば物語の中心となっているボケとツッコミは、笑えなかった子ども時代のトラウマから生まれた。

人格の中では一番の後輩であるテキトーは、“社畜”となって疲弊した結果生み出されている。

強い態度で他の人格の上に立っているように見えた輩も、暴力を受けていた学生時代に「強い力がほしい」と願った結果の姿であったりと、誕生の理由はどれも切なく苦しいものばかり。

生まれたタイミングや性格は全て違っているが、彼らに共通するのは「主人格であるショウを守るために生まれた」という事実。

ショウはカウンセリングを受け、自身の中に6つの人格が宿っていたという事実に気付く。多重人格を改善するために、医師から人格統合プログラムを受けることを勧められる。

ショウがどのような選択をするのかは、ぜひその目で見届けてほしい。物語の結末を見れば、きっと温かく切ない気持ちになるだろう。

自分と向き合うこと。自分の弱さを認め、受け入れること。そしてその先に進むためには、どうしたら良いのか――。自己と対話することの大切さを知ることができる、心に訴えてくるストーリーだった。

緻密な計算の上に成り立つ圧巻の芝居

今作は、主人格を含め実に7人ものキャラクターが登場する。約45分間舞台に出ずっぱりの状態が続くショウは、始終白のシャツとシンプルなパンツという衣装を身にまとっている。外見の変化はひとつもないのに、登場人物全てが違った人間に見えるから不思議だ。

人間の感情を剥き出しにぶつける芝居は、陳内の緻密な計算がなければ成り立たなかっただろう。

特に、6人の人格たちの言葉の応酬は圧巻だった。寸分の狂いもなく繰り広げられる会話は、ブレスの位置までが計算されている。その計算を全て形にする陳内の実力を始終感じられる今作は、ファンにとってあまりにも贅沢な作品だ。

声色やキャラクター性以上に、視覚的に印象付けたかったとも陳内はアフタートークで語っていた。視線の向きは、今回の驚くべき計算のうちのひとつだ。

例えば、それぞれの人格を演じる際、ツッコミは右方向、ボケは左方向、テキトーは正面、輩は左上を向くなど、徹底された視線の動かし方が登場人物の存在感を強調していたように思う。

また、膨大な台詞量を陳内は初日で既にインプットしていたそうだ。すぐに脚本を仕上げてくれた伊勢に対して恩返しがしたかったという陳内の熱い気持ちが伝わってきた。

今作を、陳内は「僕の役者人生の代表作にするつもりです」と語った。文字通り身一つで挑んだ熱い作品は、確かに役者・陳内将の歴史に刻まれる素晴らしいものに仕上がっていた。

たった一夜限りの上演であることが惜しまれるが、11月2日(月)までアーカイブ配信が予定されている。

心優しくも切ない物語が、一人でも多くの観客の元に届くことを祈っている。

「ひとりしばい」プロジェクトとは?
「ひとりしばい」はタイトルの通り、ひとりのキャストによる一人芝居。豪華な演出家とタッグを組んだ、完全オリジナルストーリーを見ることができる。

稽古は「Zoom」などを活用、観劇は配信課金システム「ファン⇄キャス」で行われ、会場は東京・池袋に誕生したLIVEエンターテインメントの複合施設ビル「Mixalive TOKYO」(ミクサライブ東京)の「Hall Mixa」を使用。

同じ劇場だとは思えないほど多岐に渡った演出方法が用いられている。

「ひとりしばい vol.7 陳内将」

【アーカイブ配信販売】
チケット販売開始 10月24日(土)21:00~11月2日(月)20:00
視聴期間 10月26日(月)12:00~11月2日(月)23:59
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=30050

(C)舞台「ひとりしばい」製作委員会

公演情報

主催

舞台「ひとりしばい」製作委員会

企画・制作

講談社/Office ENDLESS

公式HP

http://officeendless.com/sp/hitorishibai

公式ツイッター

@hitoshiba2020 ハッシュタグ「#ひとしば」

(C)舞台「ひとりしばい」製作委員会

画像一覧

  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像
  • 陳内将「役者人生の代表作に」ひとりで挑む“7人の登場人物” 「ひとりしばい」vol.7レポート イメージ画像

WRITER

水川ひかる
							水川ひかる
						

2.5次元舞台の魅力を全力でお伝えしていきたいと思います。まだまだ駆け出しライター。推しが元気で今日もごはんが美味い!

このライターが書いた他の記事も読む