レポート

インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ

画像一覧はこちら

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL~POWER OF BIKE~が、2020年2月21日(金)天王洲 銀河劇場にて開幕した。インターハイ2年目もついに最終日のゴールを迎える。

2.5ジゲン!!では今作の熱気あふれる稽古場の様子をレポートしたが、今回は公演初日に先駆けて行われたゲネプロ&キャスト会見の様子をご紹介しよう。

※以下のレポート・写真はストーリーのネタバレを含んでいます。今作をまっさらな気持ちで楽しみたい方は、ぜひ観劇後に公演の振り返りとしてご活用ください。

『ペダステ』最新作・ゲネプロ直前キャストコメント

まずはゲネプロ直前に行われたオフィシャル会見の内容をお届けする。

<登壇者>
【総北高校】糠信泰州(小野田坂道役)、山﨑晶吾(今泉俊輔役)、百瀬朔(鳴子章吉役)
【箱根学園】河原田巧也(泉田塔一郎役)
【京都伏見】林野健志(御堂筋翔役)
【呉南】栗原大河(浦久保優策役)

――今作における、ご自身の役の見どころは?

糠信泰州(小野田坂道役):やっぱりラスト、真波くんと一緒にゴールを争うシーンです。たくさんの気持ちをみんなから受け継いで、本当に熱いシーンになっています。

山﨑晶吾(今泉俊輔役):今泉はレースの最後まで残って、チームの一員として小野田の背中を押して最後に送り出すメンバーです。みんなから受け継いだ思いとともに小野田を送り出す、というところが一番の見どころだと思います。

百瀬朔(鳴子章吉役):今回は新インターハイ篇FINALということで、全員にそれぞれ見どころがあります。
鳴子は赤髪に代表されるように派手なキャラクターで、(鳴子の登場シーンはとくに)音楽や照明もすごく熱く作っていただいています。そこに注目してほしいです。

河原田巧也(泉田塔一郎役):今回、熱いレースがたくさん展開されて決着がついた後、エンディングに向かうシーンで長めのセリフを喋らせていただいくシーンがあります。
そのセリフに、出演者たちの熱量をそのまま乗っけていけたらいいなと思っております。

林野健志(御堂筋翔役):新インターハイ篇3日目、これまでで一番過酷なレースになっており、役者も身を削って走っています。
観客の皆さんの思考も追いつかないんじゃないかと思うほど展開が早く、物語の中で脱落していく選手もたくさんいる。その中で「ゴールを穫れる人間は1人だけしかいない」というところが見どころです。
原作を知っている方でも、劇場に来たら「誰がレースを獲るんだろう?」と最後までハラハラドキドキできる作品になっていると思います。

栗原大河(浦久保優策役):浦久保という役は今回初登場のキャラクターです。インターハイ3日目をかき乱していくさまを楽しんでいただければなと思っております。よろしくお願いします。

――新インターハイ篇FINALに向けての意気込みは?

糠信:今作は新インターハイ篇FINAL、『ペダステ』14作品目となります。1作目から始まって、たくさんの方に支えられ、携わっていただき、多くの方に応援されて続いてきました。

その熱い気持ち、ペダステを愛する気持ちや色々なものを詰め込んだジャージを、僕らの座組一人ひとりがみんなで繋いでゴールに届けられることを、本当に幸せに思います。

公演が楽しみで楽しみで仕方なくて、早く皆様にこの熱い舞台をお見せしたいです。

山﨑:インターハイ3日目ということで、今回は仲間がリタイアする瞬間がたくさん訪れます。チームのために走って走って、この1枚のジャージを届けるためにみんなが走ります。

僕は今回が『ペダステ』初参加ですが、舞台上ではもちろんのこと、舞台袖でもすごいチームワークでみんながケアし合っています。誰一人怪我なく千秋楽を迎えられるように頑張っていきたいです。

百瀬:それぞれの見せ場はもちろんですが、僕らはキャラクターがリタイアした後も「モブ」と言っていろんな役を演じています。

じつは各自がチームと関わりのあるモブを演じていることも多いです。走り続けているチームメイトの背中を押す役割をしていたりもします。そこもぜひ見ていただきたいです。

河原田:僕は今作が『ペダステ』12作目の出演になります。シリーズ自体は2012年から始まってもう8年、新世代篇ももう7作目になるんですね。

新世代篇の最初から入ってきたメンバーもものすごく成長していて、「ああ、ここまですごくなっているんだな」と今回改めて感動しました。

今までレースがなかった新メンバーたちも、すごく気合が入っています。本当にもう、アホみたいに気合が入っているんです。そんな気合の入った人間が全員エネルギーをぶつけまくっている作品が、今作です。

稽古を見ていて僕は何度も何度も泣きそうになりました。本番でここにお客さまが入って、どういうふうに完成していくのか非常に楽しみです。

林野:意気込みとしてはもう、言葉にすると時間が足りないぐらいいっぱいあります。

最初この舞台に立った時から『弱虫ペダル』って舞台はすごいんだよと他からも聞いていましたが、やっぱりマンパワーというか、走っている人間の限界を超えていく力が、この舞台の魅力だと思っています。

もう観ている人まで過呼吸になるぐらい、舞台上で役者が丸裸になって走っている姿。こんなに演劇にまみれた作品にもう関われなくなるのはすごく寂しいです。

「スタートライン」が始まってから3年間、僕らが作ってきた『弱虫ペダル』の形をしっかり残していきたいなと思っています。

栗原:今回はたくさんのレースがあり、全力の熱い戦いがたくさん繰り広げられますが、その中で最初に行われるのが浦久保のレースです。

この作品に勢いがつくように、僕も必死に走って走って全力で頑張っていきます。みんなでどんどんバトンを繋いで、最後まで全力で頑張っていきたいと思っております。

――劇場にいらっしゃるお客様へのメッセージをお願いします。

栗原:僕自身も1ファンだったこの熱い作品に関われること、本当に嬉しく思います。

舞台『弱虫ペダル』という作品を、誇りを持って全力で駆け抜け、繋がれてきた思いをみんなで全部受け継いで頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いします。

林野:シリーズが始まってから今までの、舞台『弱虫ペダル』を大好きなみなさんの気持ちを背負って走ります。

制作に関わるスタッフさんも含め、この作品を愛している方々の思いを、舞台の上で最後まで伝えます。一緒にゴールを目指しましょう。

河原田:僕は前年度と今年度のインターハイに両方出させていただいています。

新インターハイ篇に入ってからは1日分の物語を2回に分けて上演してきましたが、今作では1日を1回の公演にまとめて演じます。その点では前年度のインターハイを彷彿とさせるところがあります。

僕自身も新しいメンバーと演じながら、前年度のインターハイをすごく思い出すような作品になっています。昔から『ペダステ』が大好きな方々にも、納得していただける形になったと思います。楽しみにしていてください。

百瀬:「スタートライン」の1日目のスタートから鳴子という役を演じさせていただいていますが、3日目のFINALまで3年かかりました。僕もちょっと年をとってきましたが(笑)、最終日の3日目というところに思いを乗せていきたいなと思います。

僕らは1チーム6人で走ります。観に来てくださる方も7人目の選手として、楽しんでいただくことはもちろん、一緒に走っているような気持ちで観ていただけたら嬉しい限りです。

山﨑:この舞台の稽古が始まってからずっと、「誰かのために走る」とか、「誰かのために何かをする」「人のために頑張る」というのはすごく素敵なことだなと感じてきました。

観に来てくださった方々に何か気持ちを受け取ってもらって背中を押せるような、意味のある舞台にできたらと思っています。

糠信:劇場入りをして、今回の衣裳に袖を通した状態で初めて舞台の上に立ったんですが、もうなんだかすごくドキドキしました。

ステージに立っただけで心臓が高鳴って、『ペダステ』ってやっぱり僕らにとってはロードレースそのものなんだなって強く感じました。

ロードレースの面白さ、自転車の楽しさ、そして『ペダステ』の感動を、皆さんに熱く届けて楽しんでもらえたらなと思います。

僕ら座組みんなで、2月29日の大阪大千穐楽まで全力で怪我なく走り抜けていきます。ケイデンスもどんどん高めて走っていきますので、応援の程よろしくお願いします。

ゲネプロレポート|舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL〜POWER OF BIKE〜

マスコミや関係者など多くの観客が熱い視線を送る中、ゲネプロがスタートした。

今回描かれるのは、3日間続いたインターハイの最終日。ここまで一緒に走ってきた各チームのメンバーだが、たったひとりの仲間を優勝させるために各自が全力を尽くし始める。

チームのためなら自身のリタイアすら厭わない、激しいレースの連続だ。約3時間の上演中、一瞬も目が離せない怒涛の展開となる。

▲総北高校メンバー。このメンバーで走れるのも今日が最後だ

昨年度優勝した総北高校。今年は今泉をエースに据え、3日目も一致団結してゴールを目指す。

2年生になった小野田坂道は、尊敬する先輩・巻島の言葉を胸に、前年度総合優勝の証・1番のゼッケンをつけて走り続ける。

▲箱根学園メンバー。王者の誇りを胸に、昨年2位の雪辱を誓う

王者・箱根学園は、昨年度は2位に甘んじる結果となった。

今年はキャプテン・泉田を中心に、1日目・2日目ともすでに堂々たる戦績を残している。悔しさをバネに鍛えあげた、この1年間の成果を出し切るときが来た。

▲京都伏見メンバー。御堂筋は今回も不穏な頭脳戦を仕掛ける

昨年入学した御堂筋により、レースを見事にかき乱すチームとなった京都伏見。

今年も不穏な空気の中、卒業生から「御堂筋の良心になれ」と言われた山口をはじめ、メンバーのさまざまな思いが錯綜する。

3チームに加え、広島・呉南工業も暗躍。後方から追い上げレースの支配権を狙う。

めまぐるしく変化するレースを表現するのは、今回もパワーマイムをはじめとした独自の演劇手法だ。

今作では、自転車を走らせる選手たちのフォームはもちろん、集団の動き、後ろを流れていく景色、足元の水たまりなど、さまざまな表現を惜しみなく堪能できる。

そして、今作では白熱した「対決」をいくつも見守ることができることも嬉しいポイントだ。

▲箱根学園・銅橋(左)vs総北・鏑木(右)

総北高校の1年生・鏑木と、箱根学園の2年生・銅橋。インターハイ1日目の出会いから続くこの2人の競り合いは、3日目にして熱い対決に姿を変えた。

▲総北・手嶋(左)vs 箱根学園・葦木場(右)

総北高校のキャプテン・手嶋と、箱根学園のエース・葦木場は、どちらも3年生で幼馴染同士だ。中学の頃から続く「誓い」を、思いも寄らない形で果たすこととなる。

▲総北・今泉(左)vs 京伏・御堂筋(右)

総北高校エース・今泉と、京都伏見の実質的な支配者・御堂筋。昨年からずっと続いてきた因縁の対決も、ついにひとつの決着を迎える。

この2人のレースは、思いがけない要素に大きくかき乱される。このシーンでは、さまざまな要素のユニークな表現方法にもぜひ注目してほしい。

▲総北のジャージを届けるため、最後のひとりとして走り出す小野田坂道(右)

白熱するレースの終盤、小野田は総北チーム最後のひとりとして、今泉に背中を押されて走り出す。

チーム全員、そして卒業生の思いも全て背負って、黄色いジャージをゴールに届けることを目指す。

▲総北・小野田(左)vs 箱根学園・真波(右)

最後の対決を繰り広げるのは、やはりこの2人だ。

宿命のライバルとも言える小野田坂道と真波山岳だが、総合優勝を獲れるのはたったひとり。ジャージをゴールに届けられるのは、はたしてどちらなのか。

この上なく熱い死闘の行方は、はたして――。

「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL~POWER OF BIKE~」の東京公演は2020年2月21日(金)~23日(日)天王洲 銀河劇場にて、大阪公演は2020年2月27日(木)~29日(土)メルパルクホール大阪にて上演、2月29日(土)の千秋楽公演は、ライブ配信されることも決定した。

ひとつのクライマックスを迎える『ペダステ』。原作ファンも観劇ファンも、ぜひこのステージを体験してほしい。

公演情報

タイトル

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL~POWER OF BIKE~

原作

渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)

演出・脚本

西田シャトナー

音楽

manzo

公演日程・劇場

【東京公演】
2020年2月21日(金)~23日(日)
天王洲 銀河劇場

【大阪公演】
2020年2月27日(木)~29日(土)
メルパルクホール大阪

キャスト

【総北高校】
小野田坂道 役:糠信泰州 今泉俊輔 役:山﨑晶吾 鳴子章吉 役:百瀬朔 手嶋純太 役:鯨井康介
青八木一 役:八島諒 鏑木一差 役:原嶋元久 古賀公貴 役:本川翔太

【箱根学園】
泉田塔一郎役:河原田巧也 葦木場拓斗役:富永勇也 黒田雪成役:伊藤澄也 真波山岳役:杉山真宏 銅橋正清役:岸本卓也 新開悠人役:飯山裕太

【京都伏見】
御堂筋翔役:林野健志 水田信行役:阿部大地 岸神小鞠役:天羽尚吾 山口紀之役:一瀬悠

【呉南】
浦久保優策役:栗原大河

【卒業生】
東堂尽八役:秋葉友佑

【パズルライダー】
監督:一瀬悠 河野智平 伊藤玄紀 村上渉

公式サイト

http://www.marv.jp/special/pedal/ 

公演に関するお問い合わせ

マーベラス ユーザーサポート
0120-577-405
(土日祝日指定日除く11:00~17:00)

画像一覧

  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像
  • インハイ3日目ついに決着、因縁の対決の行方は?『ペダステ』〜POWER OF BIKE~ゲネプロ&会見レポ イメージ画像

WRITER

豊島 オリカ
 
							豊島 オリカ
						

観劇好きのフリーライター。2.5次元が大好きです。頂いた日々の活力、勇気、心を揺らす奇跡のような感覚に、どうにか恩返しできないものかと願いながら執筆しています。カーテンコールで拍手することと、鼻ぺちゃな犬も大好きです。

このライターが書いた他の記事も読む