ニュース

室龍太主演、シリーズ完結編「コムサdeMANZAI!」メインビジュアル解禁

DMM
DMM

「コムサdeMANZAI!」のメインビジュアルが解禁された。

メインビジュアルには、主演の室龍太と脚本・演出を務める品川ヒロシを中心に、大島麻衣、松井勇歩、川久保拓司、石垣佑磨、あべこうじ、姜暢雄の8人の姿が収められている。

本作は、2019年に上演された「どれミゼラブル!」、2021年の「コムサ de マンボ!」に続くシリーズの完結編。バラエティ番組の放送作家・コムサ真二が、漫才コンビの座付作家として活動する一面が描かれる。

芸人としても活躍する品川が書いた脚本ということもあり、室は「(脚本を読んで)声を出して笑いました。練りに練ったネタで、すごく計算されていて。読み応えがあるし、感動しました」と絶賛。劇中には、漫才シーンもあることから、本職の品川から演出を受けることを「すごい貴重な経験ですよね、プロの芸人さんから演出してもらえるんで」と喜んだ。

一方、品川は「僕は、そもそも作家さんにネタを書いてもらうことがなかったし、僕の周りの多くの芸人は書いてもらわないので、どう現実とすり合わせていくかが(脚本を書く上で)難しかったです」と吐露する。そして、「なぜ、プロの漫才師が作家さんと舞台に立つのかという正当性は持たせたかった。そこは芸人としてこだわったところです。だって、僕は(放送作家の)元祖爆笑王と漫才をするのは絶対に嫌ですもん(笑)。(芸人とは)そういう世界観なんです。なので、そこに矛盾がないようにという、その1点だけは真面目に書きました」と明かした。

そうしてできあがった本作。脚本に品川らしさを感じたかという質問が上がると、室は「(品川は)『おしゃべりクソ野郎』と言われていますが、確かにそういうところは本の中でも感じられます(笑)。とにかく、誰かの発言に的確に突っ込んで、全部拾っていく。そこは、品川さんならではの脚本だと思います」と話す。

それを聞いた品川も「僕が書くんで僕っぽくなっちゃうんですよね。なるべく、キャストさんたちをイメージして書くんですが。特に室くんが演じるコムサは、これでも(ツッコミは)半分に抑えている。僕は、常に何かに突っ込んでいるんです。それをセリフにしていったんですが、コムサはやっぱり僕っぽいと思います」と同意した。

また、「関西ジャニーズJr.時代には漫才をよくやらせていただいたし、自信があった。M-1に出たいと思って、ジャニー(喜多川)さんに『出たい』と言ったこともあったんですが、あかんって言われたんです」というほど漫才が好きだという室。この日、品川が「舞台のお笑い、ツッコミは独特なので、その間(ま)を覚えてもらいたい。(誰かが言った言葉を)吸い込んで、吐き出すように言うんです。(最後まで相手に話をさせずに)追い越して言う。それを室くんが身につけてくれたら、相当面白くなる」と持論を展開すると、室は「やっぱり、奥が深い。僕は甘過ぎたな」と真摯に語り、「自分の面白いと思うテンポと品川さんの思うテンポは違うと思うので、いい感じに寄り添っていけたらと思います」と力を込めた。

公演は9月15日(木)~9月21日(水)に東京・ヒューリックホール東京、9月30日(金)~10月2日(日)に大阪・松下IMPホール、10月7日(金)~10月8日(土)に静岡・静岡市民文化会館中ホールで行われる。

DMM
DMM

公演情報

タイトル

コムサdeMANZAI!

公演期間・劇場

2022年9月15日(木)~9月21日(水)
東京・ヒューリックホール

2022年9月30日(金)~10月2日(日)
大阪・松下IMPホール

2022年10月7日(金)~10月8日(土)
静岡・静岡市民文化会館中ホール

脚本・演出

品川ヒロシ(品川庄司)

出演

室龍太、大島麻衣、松井勇歩、川久保拓司、石垣佑磨、あべこうじ、姜暢雄

主催

ミックスゾーン、Daiichi-TV

企画・製作

ミックスゾーン

公式HP

https://www.c-manzai.jp

公式Twitter

@comusamanzai

WRITER