ニュース

荒木健太朗が極上文學第14弾『桜の森の満開の下』に出演決定

本格文學朗読演劇「極上文學」第14弾に、「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」で太乙真人役などを務めた荒木健太朗が加わることが発表された。

今作は、第1弾で鈴木拡樹と唐橋充が出演した坂口安吾の『桜の森の満開の下』を描く。極上文學シリーズで唯一映像化していない伝説的な作品。

日本文學の上質な世界観を立体的に表現し、朗読劇スタイルで魅せる。ビジュアルと音楽、組合せが公演ごとに変わるマルチキャスティング制など、演劇のセッションを存分に楽しめる作品となっている。

追加キャスト

▲荒木健太朗

Ⓒ2019 CLIE/MAG.net

公演情報

タイトル

本格文學朗読演劇極上文學 第14弾『桜の森の満開の下』〜孤独〜

原作

坂口安吾

演出

キムラ真(ナイスコンプレックス)

脚本

神楽澤小虎(MAG.net)

音楽・演奏

橋本啓一

劇場・ 日程

新宿 FACE
2019年12月7日(土)〜15日(日)

キャスト

荒木健太朗
梅津瑞樹
太田将熙
田口涼
田渕法明
轟大輝
松本祐一
三上俊
宮城紘大
山本誠大

具現師:市川真也 、今井 稜 、萩原 悠 、古見亮大 (50音順)
ほか

公式サイト

https://www.gekijooo.net/

公式Twitter

@MAG_play

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む