インタビュー

松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと

画像一覧はこちら

2019年11月に『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage-trac.1-、2020年2月に「27 -7ORDER-」に出演し、注目を集める若手俳優の松田昇大。

2020年12月3日(木)に開幕する舞台「HELI-X」で、自身3度目の舞台出演を果たす。

舞台「HELI-X」は、毛利亘宏脚本、西森英行脚色・演出の新プロジェクト。第三次世界大戦後の極東の島国「大和」を舞台に、特殊能力に目覚めた“HELI-X”たちが描かれる同作で、松田はHELI-X犯罪を取り締まる「螺旋機関」所属のシュンスイを演じる。

2.5ジゲン!!では、松田に単独インタビューを実施。本作への意気込み、これまでの経験で得たもの、現在地と今後の目標について聞いた。

舞台「HELI-X」の見どころ、意気込み

ーー今回演じられる「シュンスイ」はどんな人物なのでしょうか?

僕が演じるシュンスイは、螺旋機関というところに属する人物です。実は元女性で、ある大きな理由で男性にTRANS(トランス=遺伝子工学技術による性別変更手術)しました。

一見陽気で、螺旋機関の中ではテンションが高くて表情豊かな方でよく喋るのですが、性格は悪いです(笑)。

ーー性格が悪い(笑)。螺旋機関、TRANSなど特殊な用語が出てきますね。

少し世界観の話をすると、TRANSの際に何らかの理由で、さまざまな特殊能力を持つミュータントがまれに生まれます。この能力者が”HELI-X”と呼ばれるんです。

螺旋機関は、軍の中でもHELI-Xの犯罪を専門に取り扱う組織です。基本的にはHELI-Xで構成されていますが、中には能力を持たない人もいます。

HELI-Xである無しにかかわらず、僕の演じるシュンスイも含めて、登場人物はそれぞれに大変な過去があったり強い思いを抱いていたりします。キャラクターたちの思いと不安定な社会情勢などが組み合わさって、この舞台のストーリーが作られていくんです。

ーー少しお話を聞いただけで、本当に面白そうです。脚本の毛利さんと脚色・演出の西森さんとは初めてになりますね。まず、脚本を読まれた第一印象は?

「めちゃくちゃ面白い!」です。お二人の他の舞台も拝見したのですが、本当にすごく面白くてわくわくしました。お二人の作られる舞台に出られるんだと、心から光栄に思っています。

それから、「今の自分が出たかった舞台、演じたかった役だ」と感じました。

これまで演じた2つの役とは全く違う方向性のキャラクターですし、一人一人全員が主役になれるくらいの深くて複雑な背景があります。

この脚本の世界を表現したい、観てくださる皆さんにこの話の面白さやメッセージを伝えたい。そのためには、本当に大変だけれども、挑戦に挑戦を重ねて努力していこうと思っています。

ーー脚色・演出の西森さんの印象はいかがでしょう?

とても”やわらかい方だな”と感じました。

僕が演じるシュンスイは、過去に色々な問題を抱えているとはいえ、実はまだ完璧にキャラクターの設定ができているわけではないんです。

僕はシュンスイという人物を演じますが、シュンスイの過去に何があったのか、どうして今こうしているのか? この性格になった要因は? そういうことを、西森さんとのディスカッションで決めていくんです。

西森さんは「シュンスイのキャラクターを一緒に作っていこう。だから僕に何でも言ってほしい」と言ってくださいました。

シュンスイは、毛利さんと西森さんのお二人と一緒に作り上げるキャラクターです。まるで自分の分身であり子供のような…僕にとって思い入れの強い大切なキャラクターになると思います。

“大先輩”との共演に「盗めるだけ盗みたい」

ーーシュンスイのビジュアルを拝見しました。濃いピンクの髪、ニヤリと上がった口角…。

見るからに性格が悪そうですよね!(笑)。ビジュアル撮影で、メイクをして衣装を着たときめちゃくちゃテンションが上がったのを覚えています。

衣装やメイクが素晴らしかったことももちろんありますし、自分の中で想像していたシュンスイといろいろなものが繋がったような気がしたんです。情景が見えたというか。衣装にもすごく世界観が込められていますよね。

舞台に立って動いたときのことを想像してみると、上半身は袖が無いので腕が動かしやすそうですし、腰から下はコートのようなひらひらした…ひらひら…あの部分、正式名称は何て言うんだろう?(笑)とにかくアクションがすごく映えそうだなと感じました。

ーー今回の舞台で初めての本格的なアクションになりますね。

まず動きを覚えるところからです。僕はダンスが得意ですが、ダンスとアクションは同じ“動く”でもまったく違うものなので、一から勉強し直しになります。

自分だけではなく相手の動きも覚えなければいけません。カウントに合わせて動いて、同時に演技もする…考えただけで頭を抱えちゃいますし、稽古中もずっと悩んでいると思います(笑)。

僕は舞台への出演がまだ3本目なので、現場で得ること全てが勉強であり経験という財産です。大きな武器となるように、一つ一つ苦労しながら学んで身につけて成長していきたいと思っています。

今回の「HELI-X」で言えば、課題はやはり演技とアクションです。これまで出演させていただいた2つの作品は、生歌や生演奏、ダンスやラップなど、エンタメの中でもどちらかと言えばショーアップ要素の強いライブ感のある舞台でした。

演技の面ももちろん頑張ったのですが、もともと自分が得意としてきた能力を最大限生かせた作品だったので、それらに助けられてきた部分も大きいと思います。

でも今回は違います。演劇ど真ん中の作品なので、シュンスイの複雑な内面を表現するための演技力が試されます。それから、初めてのアクションもあります。まだまだ僕は経験が浅く、これから現場で多くのことを学んでいかなければいけません。

西岡德馬さん、久世星佳さんをはじめとした大先輩たちと共演できて、こんなありがたい機会は滅多にありません。徹底的に揉まれてしごかれながら学んで、盗めるだけ盗みたいです。

ーー共演の方々のお名前が出ましたが、今回最も絡みがある予定の方は?

螺旋機関の皆さんと満遍なくという感じですが、稽古をしているうちにいろいろと変わってくるかもしれません。

でも、事務所の先輩である玉城裕規さんと戦ってみたいなとはちょっと思っています。あっ、でもそんなことを言っているのがバレたら「昇ちゃん、ちょっとおいで」って稽古の後に呼び出されちゃうかも(笑)。

同じ事務所とはいえ、玉城さんとは今までじっくりお話をしたり、同じ舞台に立たせていただくことが無かったので、今回の共演はとても勉強になりますし、楽しみです。先日も出演されている舞台を観劇して、改めて「すごい人だ」と実感したばかりなんです。

その他の方だと、後藤大くんとは一緒に動画サイトで番組をやっているのですが、はじめましての方が多いので、今からとても緊張しています。かなり緊張する性格なので、初めての方が多い所に行くとちっちゃくなっちゃうんです。コミュニケーション能力が低い…(笑)。

舞台でも、例えば「ヒプノシスマイク」ではコールされて目の前のスクリーンが開く寸前まで足が震えていました。いざ始まってしまえば大丈夫なんですけれど、やっぱり幕が上がる前はものすごく緊張しますね。

これまでの経験と今後のビジョン

ーーこれまでの共演者や関わったことのある方の中で、特に印象深い方のことを聞かせてください。

ぱっと思い浮かぶのは2人いて、一人は「ヒプノシスマイク」で共演した高野洸くん。彼は僕より2つ年下なのに、すごくしっかりしているんです。三人兄弟の長男役で、キャストの中でも一番セリフが多くて覚えるのが大変なはずなのに「ここ、読み合わせしようよ」って僕の練習に付き合ってくれたり…。

芸暦が長いということもあるとは思うのですが、もう単純に「かっこいいな!」って。大人だなと感じました。

まだ慣れていなかった僕にたくさん声をかけてくれて、ご飯に行ったりもしました。稽古場でどれだけ仲良くなって絆を深められるのかが舞台にとって大事なんだということを教えてくれたんです。

僕はなかなか自分から積極的に話しかけられない、緊張しやすい人間ですが、今回の「HELI-X」では、後藤大くんや同じ学年生まれの菊池修司くんもいるので、関係を少しずつ広げていけたらいいなと思っています。

それから、もう一人は玉城さんです。玉城さんは台本を覚えるスピードがすさまじく速いし、舞台やそこで演じる役に対しての姿勢が真摯でストイックで、本当にかっこいいんです。

普段の玉城さんはすごく素敵な方なのに、役によっては本気で「うわっ」と思ってしまうこともあります(笑)。観ている人にそう思わせてしまうほどに役に入り込んで、演技でまったく違う人間になってしまう。玉城さんからたくさんのことを吸収して学びたいなと思っています。

ーーこれまでの舞台も含め、役を演じる上で大切にしたいと思っていることは何ですか?

その人物が生きる意味を作りたいと思っています。その人物が作品の中でどう生きているのか、存在することでどういう意味があるのか…そういうことを大切にしたいです。

ストーリーの中でのリアルな心の動きや立ち位置の変化などを感じてもらわないと、その人物を演じている意味がなくなってしまうと思うんです。逆に言えば、それを伝えられたら僕も自信になるし、目標をひとつクリアできたなと思えます。

今回演じるシュンスイは、まさに今、自分が求めている「生きる意味」を作り上げられるキャラクターです。先ほども少し触れたように、暗くて重い背景があったり、TRANSで性別変更していたり、あと性格が悪かったり(笑)。これまで演じた2人とは全く違う傾向の人物になります。

これまでの2作品はどちらもかわいいキャラクターで、ここにきて今回のシュンスイです。これまでの僕の芝居を見てくださっていたファンの皆さんに、「こういう人物も演じられるんだ!」と思っていただけるように頑張っていきます。

泥臭くて、大きな闇を抱えていて、表の顔と裏の顔の二面性がある人物です。その生き様や人間らしいところを感じてもらえたら嬉しいです。

特に今回は悪役…いや悪役とは違うな。犯罪…? あまり言うとネタバレになってしまうのですが、僕自身がやんちゃなこととは無縁で生きてきたので、自分とはかけ離れた人物を演じることにちょっとワクワクします(笑)。

僕は性格的にも悪いことには手出しできないし、ちょっとキツそうな顔立ちをしているかもしれないけれど、笑うとものすごくふにゃっとした顔になっちゃうんです(笑)。

だからかな。その役を演じて入り込むことで、自分自身の世界が広がっていくような気がするんです。自分に無いものに触れて、新しい世界を知ったり気持ちを解放したりする。演技だったら何でもできる、無数の可能性があります。

ーー今後「こうなっていきたい」というビジョンはありますか。

「幅広く何でもやってみたい」です。芝居の面では、さまざまな舞台でいろいろな役を演じてみたいです。今回のようなちょっと悪い人から、ものすごく悪い人も。芝居以外でも面白いことに挑戦してみたいし、もちろん歌やダンスも続けていきたいです。

今、大きなプロジェクトに関わる本当に貴重な経験をさせていただいています。この経験を得ることで今後、違う景色が見えてくると思うんです。例えば、同じ舞台の続編で同じ役を演じても、考え方やアプローチの仕方が変わるかもしれません。

でも、何でもやってみたいとは言っても、実際やれることは決まっていると思います。だからできることをしっかりとやって、身につけたものをうまく出せるようにしていく。今はそれが目標です。

ーー最後に、本作の見どころとファンの皆さんへメッセージをお願いします。

現実と空想が入り混じった不思議な世界の話です。今の社会にもすごく通じるところが多くあるので、心に響くもの、考えさせられるものが本当にたくさんあると思います。

僕自身のことで言えば、初めてのアクションと、シュンスイという複雑なキャラクターを表現する演技を頑張るので、そこに注目して観てほしいです。迫力のあるアクションと見ごたえのあるストーリーを楽しんでいただけるように頑張ります。

これまでの舞台を観て僕を応援してくださっているファンの皆さんには、本当に心から感謝しています。皆さんのその気持ちに応えるためにも、作品でしっかりしたものをお見せすることでお返ししていかなければいけないと思うんです。

今回の「HELI-X」で大きなメッセージと僕の成長を感じ取っていただけたら嬉しいです。ぜひ劇場まで観に来てください。

撮影:ケイヒカル

抽選で3名様にサイン入りチェキをプレゼント

【応募期間】
2020年11月11日〜2020年11月17日正午
※必ずTwitterキャンペーン応募規約をよくお読みいただき、同意の上ご応募ください。

【応募方法】
STEP 1. 2.5ジゲン!!のTwitterアカウント(@25jigen_news)をフォロー
STEP 2. 以下のツイートをリツイート

画像一覧

  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像
  • 松田昇大、舞台「HELI-X」で新たなる挑戦へ これまでの経験とこれからのこと イメージ画像

公演情報

タイトル

舞台「HELI-X」

スケジュール

東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
2020年12月3日(木)〜12月9日(水)

大阪メルパルクホール
2020年12月12日(土)〜12月13日(日)

脚本

毛利亘宏(少年社中)

脚色・演出

西森英行(Innocent Sphere)

キャスト

玉城裕規、菊池修司/宇野結也、輝馬、後藤大、立道梨緒奈、松田昇大、塩田康平、星元裕月、笠原紳司、服部武雄、北村海/久世星佳、西岡德馬

アンサンブル:細川晃弘、白崎誠也、小笠原竜哉、坂本和基、榮桃太郎、相田真滉、佐野夏未

主催・企画・制作

オデッセー

公式HP

https://www.heli-x-p.com/

公式Twitter

@HELI_X_official

(C)HELI-X/ODYSSEY

WRITER

広瀬有希
							広瀬有希
						

演劇と映画と小説を愛するフリーライター。たくさんの感動を、熱い思いとともに、読んでいてワクワクするような文章にしてお届けします。趣味はおいしいカフェの開拓。

このライターが書いた他の記事も読む