インタビュー

深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】

画像一覧はこちら
DMM
DMM

現在放送中の戦国バラエティー番組「戦国炒飯TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜」(TOKYO MX、BS11ほか)の人気コーナー「ミュージックトゥナイト」に登場する、うつけ坂49にスポットを当てた5週連続インタビュー企画の第3弾。

トップバッターはキャプテン・長谷川秀一役の山崎大輝、第2弾は堀秀政役の橋本祥平に話を聞いたが、今回は拾阿弥役の深澤大河にインタビュー。

反森蘭丸派の中心人物として描かれている拾阿弥の魅力や自身とのギャップ、蘭丸との確執についてなど興味深いエピソードが次々と飛び出すインタビューとなった。

「黒い小姓」に込められた“エロス”と笑顔のギャップ

――まず番組への出演が決まった際の心境について教えてください。

あの「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」の新しい番組に出演できということで、すごく嬉しかったです。

あと、うつけ坂49のことを聞いたときは、あのグループを彷彿とさせるすごいグループだな、と(笑)。名前を聞いただけで「これはめちゃくちゃ面白くなりそう!」って思いましたし、それに参加できるということで、さらにワクワクしたことを覚えています。

――うつけ坂49の楽曲「黒い小姓」を最初に聴いたとき、どう感じましたか。

楽曲の力がすごく強くて、キャッチーというか1回聴くとずっと頭に残りますよね。家で楽曲の練習をすることもあったのですが、家族もみんな「頭から離れない」って言っていて。それくらい耳に残る楽曲だったので、「これは勝ちだな!」って思いました。

――楽曲もインパクトがありますし、振付も本格的ですよね。

そうですね。だからすごく楽しかったです。設定としては、うつけ坂49は織田信長の小姓たちで作られたグループ。アイドルなのでキャピキャピしているイメージかと思っていたんですが、振付の先生には「エロスを入れてほしい」と言われました

だから、メンバーそれぞれがイメージする分だけエロスが表現されていて、全体としてアイドルなんだけどアダルトな雰囲気が漂うグループになったなと思っています。

――拾阿弥としてはどんな“エロス”を意識してパフォーマンスをされたんですか。

拾阿弥は、すごく黒い部分がある子なので、それを隠すような腹黒い雰囲気のエロスが出ていたらいいなあと思いながらやりました。

歌唱自体はめちゃくちゃ笑顔でパフォーマンスしているんですが、トークは回を重ねるごとに拾阿弥の黒い部分がいろいろと出てくるので、その部分とのギャップを意識しています。

「ぜひ嫌ってください」 腹黒さへ懸けるこだわり

――深澤さんが役作りの上で考えた拾阿弥のキャラクターについて教えてください。

他のメンバーはすごく真っ直ぐで、ユニットに対しても真剣に取り組んでいるんです。もちろん拾阿弥も真剣にやっているんですが、その中に「センターの座から森蘭丸(演:木津つばさ)を降ろしたい」とか「前田利家(演:滝澤 諒)を蹴散らしたい」とか、腹黒く思う部分があるので、メンバーの多いうつけ坂49の中でもキャラが立てやすい役だなと感じました。

これを見てくれた人が拾阿弥を嫌いになって、「悪い奴じゃん」と思ってくれたら、役者としては嬉しいなと思います。放送が進むにつれて拾阿弥の黒い部分が出てくるので、ぜひ嫌ってください!(笑)。

――センター森蘭丸との確執が回を追うごとに描かれていくとのことですが、見どころはどこでしょうか。

「ミュージックトゥナイト」のトークシーンでも、最初の頃から拾阿弥はかなり森蘭丸にイライラを飛ばしているんですが、そのイライラがどんな理由で積もっていったのか、裏側ではどんなことがあったのか。そんなところに注目してもらえたらいいなと思います。

反蘭丸派のメンバーと蘭丸の間でいろいろなことが起こっていくんですが、中には「僕がやられたら絶対イヤだな」っていうようなこともあって。実際は分からないですが「グループだとこういうこともあるのかもなあ」って想像を膨らませて楽しんでもらえたら嬉しく思います。

――拾阿弥は腹黒さのあるポジションということですが、もしご自身がうつけ坂49のメンバーだとしたら、どんなポジションを狙っていきますか。

僕自身は争うのがあまり好きではなく、どちらかというと、どうにか穏便に済ませたい派なので、中立の立場にいるかなあ。どちらの派閥にもいい顔をするポジションを探すような気がします(笑)。

うつけ坂でいうと中立の立場……いるかなあ。若干、森蘭丸寄りではありますけど、長谷川キャプテン(演:山崎大輝)みたいな感じですかね。

――なるほど、平和な感じが深澤さんらしいですね。ちなみに深澤さんの推しメンは誰でしょうか?

う~ん、誰だろう……。森蘭丸兄弟ですかね。弟ふたり(森力丸役・廣野凌大と森坊丸役・長江崚行)の現場での破天荒っぷりがすごかったんですよ(笑)。カットされちゃって放送されるかは分からないですけど、現場ではすごく面白いことをいろいろやっていて。

そういうメンバーがいるっていうのも、うつけ坂49の面白い一面だなって思っているので、ぜひ放送でもふたりの面白いところを探しだして見てもらいたです。

――ほかに収録時に印象的だったエピソードがあれば教えてください。

共演経験のある人が何人かいたというのもありますし、年齢が近かったこともあって、みんな仲良かったです。

待機時間中に、橋本祥平くん達がずっと人狼ゲームをやっていたのが印象に残っています。僕は参加せず、それを遠くから見ていました(笑)。

「今の役って深澤大河だったの!?」って思われたい

――深澤さんは別コーナーの「古田織部のひょうげ御殿」浦上宗景役でも出演されていますね。複数のコーナーに出演するというのはいかがでしたか。

すごく楽しかったです。初回放送ではうつけ坂49とひょうげ御殿に出させてもらっていますが、ビジュアルのギャップがすごくて(笑)。

だからこそ「どうやってやろうかな」と、自分の中でも挑戦できる部分があったので楽しくやらせてもらいました。

――「ミュージックトゥナイト」の後に出てくる浦上宗景の髭のある姿はインパクトがありましたね。

そうなんですよね。番組を見ていた親戚も、あれが僕だって気付かなかったらしいです(笑)。

そんなに違って見えるものなんだなって思いましたし、違う役を演じたら別人のように見えるっていうのは、役者として嬉しかったです。

――よくインタビューなどで仰っている「今の役、深澤くんが演じていたの?」って思われるような役者になりたい、というお話と通じる部分ですね。

そうですね。“深澤大河”っていうのはもちろん必要だと思うんですけど、演じる役にとっては深澤大河っていうのは関係のない存在なので、演じたときにはそこに“その役のイメージ”があればいいなと思っていて。

なので別の役を演じたときに、「あ、これ演じてたの深澤大河だったんだ!?」って思われたいですね。僕個人がいらないっていうわけではないですけど、役そのものが立っていればいいかなって思っています。

――放送後、反響はいかがでしたか。

「面白い」って声をたくさんいただきますし、僕のファンの方でも、僕がどれか分からなかったという声がたくさんあって、ちょっとびっくりしました(笑)。「これ大河くんだったの!?」みたいな反応が多くて、新鮮だったし面白かったですね。

舞台とは違って、自宅でゆっくり見てもらえるのもテレビならではだと思いますし、そこでこういう風に驚いてもらえたのは僕としては嬉しかったです。

――舞台やイベントの実施が難しい時期が続いていますが、自粛期間前と現在で心境の変化はありましたか。

いろんなお仕事がストップして、「演じられないのってこんなに苦痛なんだ」っていうのをすごく感じました。少し恥ずかしいんですが、その期間は本とか漫画を自分で音読してひとりで演じたりしていました。

自粛期間が終わって最初の仕事がこの「戦国炒飯TV」でした。「久々に演じられる!」っていう思いを持って撮影に挑んだので、すごく感慨深かったですし、感謝を持って取り組んだのを覚えています。

1カ月ちょっと演技ができない状況だったのですが、その期間で自分の中にあるお芝居の存在がいかに大きいものかというのを実感できました。

――今後いろいろな展開が待っているとのことですが、改めて見どころを教えてください。

拾阿弥としてもうつけ坂としても、織田信長という存在を中心に活躍しながらも、その中で行き過ぎた愛情だったり、いろんなものがぎゅっと詰まっている作品なので、見てくれた人の心に少しでも何か残せていたらいいなと思います。

あと「黒い小姓」がずっと頭から離れなくなるような楽曲なので、この曲を聴いてフフッと笑ってもらえたら嬉しいです。

――最後にファンに向けてのメッセージをお願いします。

笑っていてほしいですね。このご時世なので、どうしても暗いことや元気になれないことがあると思うのですが、そういうときに僕の芝居や番組を見て笑ってもらって、免疫力を上げてもらい、皆さんの活力になれるようになったら嬉しいな思います。

* * *

うつけ坂49の天下ファイブ5週連続インタビュー第3弾は楽しんでもらえただろうか。次回は前田利家役の滝澤 諒が登場。ダンスパフォーマンスで存在感を放つ滝澤は、一体何を語るのか。次回更新をぜひ楽しみに待っていてほしい。

過去のうつけ坂49特集はこちら

▶︎山崎大輝「この脱力感の虜になってほしい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【長谷川秀一 編】
▶︎橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】

番組概要
【タイトル】
「戦国炒飯TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜」

【放送情報】
TOKYO MX 毎週土曜25:00~
BS11 毎週土曜25:00~
テレビ埼玉 毎週月曜23:30~
千葉テレビ 毎週木曜24:00~
北海道テレビ 毎週木曜25:20~
テレビ神奈川 土曜22:30~

U-NEXT、Amazonプライムビデオなどでも配信中。

【公式サイト】
https://sengokuchahantv.com/

【公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCw_xrcNi6xHt_8nYAX0Sqcg

【公式ファンクラブサイト】
https://www.fan-ds.com/sctv-club/
※現在プレオープン中! 10月22日より本オープン予定

【音楽情報】
うつけ坂49「黒い小姓」各音楽配信サイトにて好評配信中。
https://lnk.to/ustukezaka49

【商品情報】
「戦国炒飯TV~なんとなく歴史が学べる映像~」<壱>
Blu-ray&DVDが2020年10月7日(水)発売
<収録内容>収録話:第一話~第三話/映像特典:メイキング映像

DMM
DMM

画像一覧

  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像
  • 深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】 イメージ画像

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む