インタビュー

橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】

画像一覧はこちら
DMM
DMM

“なんとなく歴史が学べる映像”を楽しめる戦国バラエティー番組「戦国炒飯TV~なんとなく歴史が学べる映像~」(TOKYO MX、BS11ほか)に登場するうつけ坂49にスポットを当てた5週連続インタビュー企画の第2弾。

前回はトップバッターとしてキャプテン・長谷川秀一役の山崎大輝に話を聞いたが、今回は堀秀政役の橋本祥平にインタビュー。

うつけ坂49で元センターを飾っていた堀に投影する思いや、とある兄弟の推せるエピソードなどを存分に語ってもらった。

堀秀政の中に生み出した「小さな炎」、役作りへのこだわり

――まずは番組への出演が決まった際の心境について教えてください。

「戦国炒飯TV」の前身である「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」がすごく人気がある番組だっていうのを知っていたので、まずは最初「あの番組の新しいのが始まるんだ」っていう驚きと、それに呼んでいただけたっていう喜びが大きかったですね。

「戦国鍋TV」は番組自体にいろんな要素が詰まっていて、どんな人が見ても楽しめる内容っていうのと、なにしろ当時出演なさっていた方たちがすごい役者さんたちばかりだったなっていう印象が強くて。

今回番組への出演が決まって、改めて「どういう方が出てたんだっけな」と思って調べてみたら「え! この方も、この方も!?」っていう状態だったので、自分が出演できることを光栄に思いました。

――初回放送からうつけ坂49の楽曲「黒い小姓」は多くの視聴者の心を捕らえたと思います。橋本さんはこの楽曲を初めて聴いたとき、どう感じましたか。

最初歌詞を見ずに楽曲を聴いて、純粋に「めちゃくちゃ格好良いじゃん」と思いましたね。それから歌詞を見てみたら、小姓の想いだったり腹黒さだったりが詰まっていて(笑)。そこも含めて格好良い曲ですよね。

――橋本さんから見た堀秀政という役の魅力について教えてください。

堀 秀政は森 蘭丸(演:木津つばさ)が来る前にセンターだったんですけど、蘭丸が来てセンターを奪われちゃったんですね。堀くんは分かりやすくガツガツしているわけじゃないんだけど、心の底ではどこかで「センターを奪い返してやる!」っていう小さな炎がメラメラと燃えているキャラクターなのかなと思っています。そこが彼の好きなところですね。

収録現場では僕よりも年齢が若い子達が多くて、すごく彼らの勢いを感じられたんです。どう差を出そうかなって考えたときに、ちょっとクールというか、みんなよりも熱を下げて小さく燃えていようと役を作ったので、そういう部分が彼の魅力かなと思っています。

――橋本さんと堀秀政、通じるところまたは違うと感じるところはどんなところですか。

通じるところで言うと、堀くんはセンターを奪われちゃったじゃないですか。僕も自分ではまだまだ若いと思っているんですけど、下の世代がどんどん育ってきていて「あれ? 僕がいたポジション奪われているな……」っていうことが現実でもあって(笑)。

それこそ、木津つばさも今すごい勢いがありますからね! だから森 蘭丸と堀 秀政に、木津つばさと橋本祥平を投影するようなところもあったりして、なんだか堀くんと似ているというか「一緒に頑張ろうね」って思っていました。

違うところは、そうだな……。堀くんは割とクールに演じていましたが、橋本祥平がもしあの中にいたら、もっと爆発していたかなって思いますね。「年下だろうが関係ない、爪痕残したるわ!」ってやっていた気がします(笑)。

――この役に限らず、普段役作りで大切にしていることを教えてください。

お芝居箇所を聞いた上で、ある程度自分で芝居のプランを作って現場に持っていくんですけど、やっぱり現場でプランとは違った方向に進んでいくことも多々あるんですね。

なのでいくつか引き出しを持って行きつつ、その場で柔軟に対応できるようにっていうのは心掛けています。

あとは相手に気持ちよくお芝居してもらいたいなって思っているので、そうしてもらえるようにしっかりボールを投げて、僕もそれをしっかり受け取る。すごく基本的なことではあるんですが、気を付けてやるようにしていますね。

「負けてられないな」 切磋琢磨する現場に押された背中

――「戦国炒飯TV」で演じることの面白さや大変さはどういった部分でしょうか。

うつけ坂49は人数も多いので、そこが難しかったですね。自分だけが前へ出ればいいというわけじゃなくって、スポットが当たっている人がいたら、そっちにしっかりスポットが当たるようにしなきゃいけない。

でも自分が前へ出るシーンでは爪痕を残したいなって思いますし。人数が多い分、バランスを考えるっていう難しさは感じましたね。

人数が多いからこそめちゃくちゃ楽しいこともあって、キャストもあれだけいるとその数の個性が集まるので、収録中は本当に面白かったです。振り返ってみると、いいチームワークだったなって思いますね。

――面白い収録現場だったとのことですが、印象的な出来事はありましたか。

森 蘭丸の弟の森力丸役の廣野凌大と森坊丸役の長江崚行の2人が「爪痕残そうぜ!」ってすごく意気込んでいて。

「ミュージックトゥナイト」のスタジオ以外の場所での収録のとき、2人は収録前日の夜に小道具の買い出しに行っていたんですよ。実際撮影で、他のメンバーがやっているシーンとは全く関係ないのになぜか2人はグローブをはめてキャッチボールをしだして(笑)。

放送では多分バッサリカットされているんじゃないかと思うんですけど、それ以外にも監督に「それはちょっとやめようか」って言われちゃうくらい、いろんな小道具を用意していて。なので、その2人が印象に残っていますね。

あと印象的だったのはダンスの撮影ですね。普段ああいう経験をする機会ってなかなかないので、うつけ坂49っていう一アーティストとして本当に番組に呼んでいただけたような感覚で、すごく貴重で素敵な経験をさせていただけたなって思っています。

でも僕、それほどダンスが得意じゃないので、もっとどうにか上手くできたはずっていう気持ちはありますね。ダンスのときに逆側を踊っている山崎大輝に教えてもらったりしながら頑張ったんですけど、もっとギラギラさせとけば良かったなって今は思います(笑)。

――とても格好良い振付ですが、実際に踊る立場としてはいかがでしたか。

みんなで合わせられる稽古の日が1日しかなかったので、その中でどれくらいできるのかなって不安に思っていたんですね。

いやぁ……でもびっくりすることに、他のみなさんの覚えが速くてですね。「やばいなこれ、ちょっと本当に頑張らないとな」って(笑)。周りのみなさんに感化されて、背中を押してもらって、なんとか食らいつきながらやっていた記憶があります。

僕も若い部類だとは思うんですけど、若い子の力ってすごいな、負けてられないなって刺激をもらいましたね。

――「戦国炒飯TV」の撮影では臨機応変に対応することも多かったんじゃないかと思いますが、そのあたりはいかがでしたか。

アドリブパートもすごく楽しかったですね。個人的なアドリブっていうよりも、団体芸に近い感じですかね。

ひとりがアドリブをやり始めたら、みんながそっちの方向に足並みを揃えてわーっと盛り上げてくれる空気なので、全員で楽しんでやってるぞっていう感じで楽しめました。

――途中からは織田信長(演:加藤 将)も登場しますね。その際の収録はいかがでしたか。

加藤 将くんが入ると、一気に流れが変わりますね。それはもちろん信長様っていうこともあるんですけど、加藤 将っていう人間自体がめちゃくちゃ面白いので、それがそのまま映像にも反映されているんじゃないかなと思います。

もう彼が入ってきてから僕らも笑いを堪えるのに必死になるくらい面白かったですからね(笑)。ここまでの流れを楽しんでくださった方も、加藤 将(演じる織田信長)が入ることでより面白くなっているので、ぜひ期待していてほしいです!

――ちなみに橋本さんの推しメンは誰でしょうか?

さっきのおもしろエピソードでも触れた、蘭丸の弟ふたり(森力丸・森坊丸)が好きですね。弟ふたりのペア感みたいなのをすごく作り込んでいたので、なんかもう愛おしくって。なので、兄弟ふたりセットで推しています!

再認識した芝居への愛 今だからこそ届けられる新しい挑戦

――「戦国炒飯TV」を通して、この時期に橋本さんのお芝居している姿が見られるというのは、ファンにとってもすごく大きな意味があるのではないかなと思います。

そうですね、舞台でいえば初日の幕が開いて、千秋楽まで無事上演できるっていうのはもともと奇跡みたいなものだなとは思っていたんですが、こういったご時世になったことで、その頃とは比じゃないくらい、その奇跡が身に染みていますね。

いざ芝居からちょっと離れてしまっただけで毎日が鬱々としてしまって、この期間のおかげで、自分にとっていかに芝居が必要なものかっていうのは再認識させられましたね。

大変なこともいろいろありましたが、この番組やひとり芝居という新しいことに挑戦させてもらう機会にも恵まれて、改めて芝居が好きだなって思うことができました。

――最後に今後の放送も楽しみにしているファンに向けてのメッセージをお願いします。

いつも番組をご覧になってくださる皆さん、ありがとうございます。皆さんがこれまで見てきたストーリーももちろん面白かったと思うんですけど、信長様が入ってきてさらにいい意味で流れが変わって荒れてきたり、堀くんについても言いたいけどまだ言えないこともあったり…。

最後にすごい展開が待っているので、ぜひ最後まで楽しみにしていてください。これからもうつけ坂49の応援、よろしくお願いします!

* * *

次回は、序盤から森蘭丸に対抗心を燃やしている拾阿弥役の深澤大河が登場。森蘭丸との確執に関するエピソードも飛び出すインタビューとなった。次回更新をぜひ楽しみに待っていてほしい。

番組概要
【タイトル】
「戦国炒飯TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜」

【放送情報】
TOKYO MX 毎週土曜25:00~
BS11 毎週土曜25:00~
テレビ埼玉 毎週月曜23:30~
千葉テレビ 毎週木曜24:00~
北海道テレビ 毎週木曜25:20~
テレビ神奈川 土曜22:30~

U-NEXT、Amazonプライムビデオなどでも配信中。

【公式サイト】
https://sengokuchahantv.com/
【公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCw_xrcNi6xHt_8nYAX0Sqcg
【公式ファンクラブサイト】 ※現在プレオープン中! 10月22日より本オープン予定
https://www.fan-ds.com/sctv-club/

【音楽情報】
うつけ坂49「黒い小姓」各音楽配信サイトにて好評配信中。
https://lnk.to/ustukezaka49

【商品情報】
「戦国炒飯TV~なんとなく歴史が学べる映像~」<壱>
Blu-ray&DVDが2020年10月7日(水)発売
<収録内容>収録話:第一話~第三話/映像特典:メイキング映像

DMM
DMM

画像一覧

  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像
  • 橋本祥平「負けてられないなって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】 イメージ画像

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む