インタビュー

キャストもパズルライダーもスタッフも。全員が100%の本気で挑む『ペダステ』稽古場に1日密着

2020年2月21日(金)開幕の舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL~POWER OF BIKE~。2度目のインターハイ最終日がついに決着を迎える。

2.5ジゲン!!では、開幕直前の稽古場に取材をおこなった。ハードな現場として知られる『ペダステ』だが、実際の稽古はどのように進むのだろうか?

セットも組み上がりいよいよ熱が入る稽古場の様子を、時系列を追いながらご紹介しよう。

ペダステ「POWER OF BIKE」稽古場レポート

●12:00 稽古場オープン

この日の稽古は13時スタート。俳優たちは、およそ1時間前から徐々に集まり始める(ちなみにスタッフの方々は当然さらに早く現場入りし、しっかりと準備を進めていた)。

キャスト陣の過ごし方はさまざまだ。台本の変更箇所を確認したり、入念にアップをしたり、軽く昼食をとったりと、稽古が始まるまでは各々自由に過ごしている。

12:45〜12:50頃には、ほぼ全てのキャストが稽古場に集合した。今作の出演者は総勢22名、この時刻には稽古場も賑やかになってくる。

●13:00 稽古スタート

 

この日の稽古は、箱根学園の卒業生・東堂尽八の登場シーンからスタート。

まずは俳優たちが各自のプランで台本1〜2ページ分を演じ、いったん区切る。シーンにもよるが、時間にして約5〜10分ほどの分量だ。

その上で、演出・脚本をつとめる西田シャトナーが「OK、すごくいいね」「ここはもう少しこう変えよう」といった言葉をかけつつ、全体を見据えた演出(動きや流れ)をつけていく。

演出家の意図を役者が理解したら、もう一度同じシーンをやってみる。そこで修正すべき点があれば再度指摘をし、またやってみる。

こうして、演出意図と実際の芝居がぴたっとハマるまで何度でもやり直す。

13時〜20時まで7時間続く稽古は、基本的にこの根気のいる作業の繰り返しだった。

西田は演出をつける際、毎回丹念にその意図を説明していた。「このシーンはこう動いてほしい、なぜならこういう表現をしたいから」と理由を添えてオーダーするので、俳優たちの理解も早い。

たとえば、総北高校が4人で走行するシーン。

このシーンでは手嶋だけが大きく体を揺らして踏み込み、他の3人のフォームとギャップをつけて走ることで「凡人・手嶋」の体力消耗を表現する。

また別のシーンでは、箱根学園のエース・葦木場だけがあえて足を止め「一切漕がない」ことで、観客にシチュエーションを伝える。

こうしたアイデアを出し、実際に体を動かしやってみて、入念にチェックしていくのだ。

体を使うのは役者だけではない。西田も1シーンごとに席を立つと俳優たちの中に飛び込んでいき、全身を使って演出をつける。

『ペダステ』のあの、客席で観劇するだけでもクタクタになってしまうほどの熱量は、この稽古場からすでに蓄積されているのかもしれない。

細かく区切りながらシーンを作り上げていき、10ページ分ほど出来上がった所でいったん通して演じてみる。何箇所か修正を加えつつも大筋がうまくいった所で、10分間の休憩が挟まれた。

▲演出席に置かれたステージ模型。
フォーメーションに迷ったらこれを囲んで相談する

稽古中、または休憩中、俳優たちはさまざまな行動を見せる。

チームを力強く鼓舞する者。茶目っ気のある発言で場を和ませる者。

自主練に没頭してひとりの世界に集中する者。考え込んでしまった別の俳優の相談にのる者。

稽古場全体を見渡して、俳優の立場からカンパニーの芝居をチューンアップする者。

キャスト一人ひとりが能力と個性を発揮して、自然と役割分担をしている。受身の姿勢で待っているだけの人間はひとりとして存在しない。

▲誰かが全力疾走するシーンでは、激しさで稽古場中の床が揺れる

▲群衆(演・キャスト陣)は今回も活躍しそう

こうして1〜1.5時間ごとに10〜15分間の休憩を挟みつつ、昼から始まった稽古は外が真っ暗になるまで続いた。

●18:30 振り付け稽古スタート

この日はたまたま、楽曲の振り付け稽古も取材することができた。

稽古が行われたのは、『Over the sweat and tears』と『ヒメのくるくる片想い』の2曲。まず各自のポジションと並んだときのバランスを確認し、一度踊ってみて、振付師の先生に指導を請う。

どちらの曲も基本的な振り付けはずっと受け継がれているので、進行もスムーズだ。とくに続投メンバーのダンスには余裕も伺える。

少し時間をかけたのは、ポジションを決める作業だった。

とくに『Over the sweat and tears」のラスト、歌い終えてポーズをとる瞬間の位置関係は、ストーリーとも密接に関わってくる。ここではキャスト陣からも積極的にアイデアが出た。

▲真波山岳役の杉山真宏(左端)。
曲中も「坂道との関係性を表現したい」と熱心な提案をしていた

●20:00 稽古終了〜自主練タイム

とっぷりと日が暮れた20:00、1日の稽古が終了。俳優たちもようやくリラックス……するのかと思いきや、多くが残って自主練を開始。

その日生まれた課題に取り組む者もいれば、演技プランを話し合う者もいる。数人で集まり、鏡の前でタイムを測りながらライドの特訓をする俳優たちもいた。

最終的に、全員の自主練が終わったのは21:00を回ってからだった。

「芝居は生き物」という表現を耳にすることがある。筆者はその意味を「本番中も刻一刻と変わっていき、1日たりと同じ姿ではないことの例え」と捉えていた。

それももちろん事実ではあるが、今回『ペダステ』の稽古場を目の当たりにし、「生き物」という言葉に含まれる別の意味にも気がついた。

『ペダステ』の稽古場では、役者やスタッフ一人ひとりが「舞台」という1つの生き物を作り上げる細胞であるかのように見えたのだ。

それぞれに意志と役割を持つ細胞たちが、ときには個人で、ときには2人〜数人の小さなユニットで、より適切な形に自身を変化させながら1つの舞台を作り上げている。

稽古場のあちこちで、ひたむきな意志と意志とが化学反応を起こし合っている。1秒も無駄にすることなく。

「実際にどんなことが行われているのだろう?」と訪ねた『ペダステ』の稽古場は、そんな世界であった。

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL~POWER OF BIKE~の東京公演は2020年2月21日(金)~23日(日)天王洲 銀河劇場にて、大阪公演は2020年2月27日(木)~29日(土)大阪メルパルクホールにて上演される。

新インターハイ篇のクライマックスとなる今作。原作ファンも観劇ファンも、ぜひこの熱いステージを体験してほしい。

公演情報

タイトル

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇FINAL~POWER OF BIKE~

原作

渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)

演出・脚本

西田シャトナー

音楽

manzo

公演日程・劇場

【東京公演】
2020年2月21日(金)~23日(日)
天王洲 銀河劇場

【大阪公演】
2020年2月27日(木)~29日(土)
メルパルクホール大阪

キャスト

【総北高校】
小野田坂道 役:糠信泰州 今泉俊輔 役:山﨑晶吾 鳴子章吉 役:百瀬朔 手嶋純太 役:鯨井康介
青八木一 役:八島諒 鏑木一差 役:原嶋元久 古賀公貴 役:本川翔太

【箱根学園】
泉田塔一郎役:河原田巧也 葦木場拓斗役:富永勇也 黒田雪成役:伊藤澄也 真波山岳役:杉山真宏 銅橋正清役:岸本卓也 新開悠人役:飯山裕太

【京都伏見】
御堂筋翔役:林野健志 水田信行役:阿部大地 岸神小鞠役:天羽尚吾 山口紀之役:一瀬悠

【呉南】
浦久保優策役:栗原大河

【卒業生】
東堂尽八役:秋葉友佑

【パズルライダー】
監督:一瀬悠 河野智平 伊藤玄紀 村上渉

公式サイト

http://www.marv.jp/special/pedal/ 

公演に関するお問い合わせ

マーベラス ユーザーサポート
0120-577-405
(土日祝日指定日除く11:00~17:00)

WRITER

豊島 オリカ
 
							豊島 オリカ
						

観劇好きのフリーライター。2.5次元が大好きです。頂いた日々の活力、勇気、心を揺らす奇跡のような感覚に、どうにか恩返しできないものかと願いながら執筆しています。カーテンコールで拍手することと、鼻ぺちゃな犬も大好きです。

このライターが書いた他の記事も読む