作品

舞台「ヴァニタスの手記」

舞台「ヴァニタスの手記」

あらすじ

19世紀フランス。
人間と吸血鬼(ヴァンピール)による過去の戦争の後、吸血鬼たちは人間を襲うことを禁じられ、そのほとんどが「境界」の向こう側の世界へと姿を消した。しかし、今なお人間の世界に混ざり暮らしている吸血鬼も多く、正体を隠しながら生活を続けている。

ある日、吸血鬼の青年・ノエは、先生に頼まれ吸血鬼に呪いを振りまくという機械仕掛けの魔導書“ヴァニタスの書”を探しにパリへと向かっていた。
パリ行きの飛行船の中で、とある事件に巻き込まれたノエの前に現れたのは、吸血鬼専門の医者を自称する人間・ヴァニタス。その手には、ノエが探していた“ヴァニタスの書”があり…。

蒼い月の下、二人の出逢いに導かれ、呪いと救いの吸血鬼譚がいま始まる。

公演情報

タイトル

舞台「ヴァニタスの手記」

日程・会場

2022年1月21日(金)~30日(日)
東京・シアター1010

原作

望月淳「ヴァニタスの手記」/「ヴァニタスの手記」製作委員会

脚本・演出

山崎 彬

キャスト

ヴァニタス:植田圭輔
ノエ:菊池修司

ジャンヌ:能條愛未
ドミニク:澤田美紀
ルカ:田村颯大・前田武蔵(ダブルキャスト)
ルイ:矢代卓也
オルロック:中村哲人
Dr.モロー:鈴木理学

ルスヴン:鷲尾 昇

ローラン:丘山晴己

ほか

制作

ナッポスユナイテッド

主催

アニプレックス/ソニー・ミュージックエンタテインメント/ナッポスユナイテッド

公式サイト

https://vanitas-stage.com/

公式Twitter

https://twitter.com/vanitas_stage

(C)望月淳/SQUARE ENIX・「ヴァニタスの手記」製作委員会
(C)舞台「ヴァニタスの手記」製作委員会

WRITER