作品

舞台『12人の怒れる男』

舞台『12人の怒れる男』

あらすじ

父親殺しの罪に問われた少年の裁判で、陪審員が評決に達するまで一室で議論する様子を描く。法廷に提出された証拠や証言は被告人である少年に圧倒的に不利なものであり、陪審員の大半は 少年の有罪を確信していた。

全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ただ一人、陪審員八号だけが少年の無罪を主張する。彼は他の陪審員たちに、固定観念に囚われずに証拠の疑わしい点を一つ一つ再検証することを要求。

陪審員八号の熱意と理路整然とした推理によって、当初は少年の有罪を信じきっていた陪審員たちの心にも徐々に変化が訪れる。

公演情報

タイトル

舞台『12人の怒れる男』

日程・会場

2021年7月30日(金)〜8月1日(日)
大阪・大阪市立芸術創造館

2021年8月12日(木)〜8月15日(日)
東京・赤坂RED/THEATER

キャスト

東拓海、菊地浩輔、登野城佑真、篠原麟太郎、上杉祥三、横井翔二郎、藤原祐規、山本誠大、堀田怜央、片山浩憲、桑野晃輔、糠信泰州、濱仲太、池下重大、赤眞秀輝、ジジ・ぶぅ、室たつき、足立英昭、和泉宗兵、竹下健人、ナカヤマムブ、畑中智行、キムラ真 他
(※陪審員番号順)

原作

レジナルド・ローズ

脚色・演出

キムラ真

音楽作曲

橋本啓一

主催・企画制作

ナイスコンプレックス

公式ホームページ

http://naikon.jp/

WRITER