レポート

舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」

画像一覧はこちら

5月18日に戸田市文化会館にて舞台「信長の野望・大志-夢幻-〜本能寺の変〜」のプレビュー公演が実施された。

本公演は「冬の陣」を経て、続く11月には「春の陣」を上演し、熱烈なファンを作り出している人気シリーズ待望の第3弾となる。

公演に先駆け、報道陣に向けてゲネプロ【SIDE織田】を公開。迫力のある殺陣が繰り広げられ、戦国時代ならではの野心、戦略、裏切り、そして情がふんだんに描かれている。

主人公・織田信長を演じ、座長としてカンパニーを牽引している鶏冠井孝介、明智光秀役で本作では【SIDE明智】もありこれまでのシリーズ以上の活躍が期待される谷佳樹、織田信長の妹・お市を演じ、物語に歌で彩りを添える田中れいな、前田利益(慶次郎)役の友常勇気、お市の娘、茶々役の前田亜美、そしてストーリーテラー的な要素を担う、今井宗久役の彦摩呂が登壇した。

さらに囲み会見では登壇したキャスト陣が、約1ヶ月半の稽古で作品を創り上げてきたそれぞれの見どころや意気込みを語った。

以前製作発表の際に脚本・演出を担当する久保田氏が作品の魅力について『原作ゲームでも舞台でも、”本当の歴史”ではないところが魅力である』と語っていた。

今回は【SIDE織田】、【SIDE明智】となっており、物語の分岐で織田、明智それぞれの視点に立ってストーリーが展開される。本作の特徴であるWサイドストーリーでは物語の始めと終わりは同じで途中で物語が分岐する。

【SIDE織田】、【SIDE明智】とWサイドストーリーで、織田信長の気持ちは、明智光秀の気持ちはと両者の視点に立って楽しめる作品になっているという。物語の要所要所に散りばめられた田中れいな演じるお市の歌声によって血生臭くなりがちな戦国時代を描く作品が彩られていく。

本公演の原作は、歴史シミューレーションゲームのパイオニアにして今なお伝説を作り続ける『信長の野望』。2017年に発売された最新タイトル『信長の野望・大志』と完全連動型として、昨年5月に東京・CBGKシブゲキ!!にて初めて舞台化。

歴史が好きな方はもちろん、原作ファン、舞台ファン、歴史が苦手な方でも心揺さぶられる作品となっている。


鶏冠井孝介(織田信長役):今回シリーズ第3作目となり、ついに“本能寺の変”を迎えます。

歴史上一番のミステリーとも言われる“本能寺の変”の名に恥じぬような素晴らしい作品となっております。

僕が演じる織田信長は現代の記憶を持っている設定なのですが、現代の人ならではの弱さそして思考や知識と、それに対比するような戦国武将ならではの強さ、戦国の世の姫たちの凜とした強さなど色濃く表現されている作品です。

最多キャスト49人で必ず楽しませます。


谷佳樹(明智光秀役):僕自身の役がメインの【SIDE明智】が今回はあり、これまでの作品含めて約1年かけて作り上げてきましたので思い入れもすごく強い作品となりました。

本来の歴史とは違う、「信長の野望」や「本能寺の変」をたくさんの方にご覧いただき、明智光秀がどういう人物だったのかなど思いを馳せて欲しいと思います。

これまでの作品では明智光秀が信長の役に立つべく動き回ったり、他の武将を裏切ったり…と謎の多い行動だったのですが、今回その謎が解かれるはずです。

【SIDE織田】、【SIDE明智】では物語の風合いが異なりますので、両方ご覧いただきたいです。


田中れいな(お市役):“お市”という役はシリーズ1作目や2作目ではあまり感情を表に出さないキャラクターでしたが、今回は兄上(織田信長)との兄弟愛や絆を出せたと思います。

そのあたりにもご注目ください。これまでも劇中で歌わせていただいておりましたが、今回は待望の新曲です。

いつも私の歌に武将たちの無声芝居が重なるのですが、今回は私自身にも動きがあるので、ミュージカルに近い気持ちでより感情を込めています。

友常勇気(前田利益(慶次郎)役):史実ではない、学校では教わらない“本能寺の変”を楽しんでいただきたいです。

各キャラクターも個性豊かですので、細かいところまでご注目ください。お市の息子や森蘭丸、石田三成、黒田官兵衛など歴史に華を添えたキャラクターも初登場します。

登場人物が多いのですがとても面白いと思います。

前田亜美(茶々役):今回初めての参加ですが、1作目の時から“茶々”の身長がちゃんと成長しております(笑)。

個性的なキャラクターの中でしっかりと私らしく、そして茶々らしく、一輪の花のように明るさを添えられたらと思います。

母上(お市)の歌がとても好きな少女という設定ですが、私自身が田中れいなさんの歌がすごく好きで、毎回楽しみながら演じています。


彦摩呂(今井宗久役):いつもストーリーテラーの役割を担っておりますが、今回宗久は茶室のみならず色々な場面に出向いて行ってます。

今回の【SIDE織田】、【SIDE明智】という二大キャラクターはきっと皆さま待望だったと思います。

期待にお応えできるような仕上がりになっております。人数が非常に多いのですが、チームワーク良く創り上げてきました。お楽しみください。

公演情報

タイトル

舞台「信長の野望・大志 夢幻 ~本能寺の変~」

原作

コーエーテクモゲームス

演出・脚本

久保田唱 (企画演劇集団ボクラ団義)

公演日程・劇場

【埼玉公演】 2019年5月18日(土)
戸田市文化会館

【東京公演】
2019年5月21日(火)~26日(日)
シアター1010

キャスト

織田信長:鶏冠井孝介
明智光秀:谷佳樹

【織田家】
お市:田中れいな
前田利益(慶次郎):友常勇気
柴田勝家:鵜飼主水
  丹羽長秀:中村ヒロユキ
森蘭丸:高岡裕貴
浅井重政(万福丸):小栗諒
煕子(ひろこ):小川夏果
帰蝶:和久井優
茶々:前田亜美

【羽柴家】
羽柴秀吉:後藤健流
ねね:斉藤レイ
石田三成:影山達也
うた:橋本耀
黒田官兵衛:幸村吉也
 
【上杉家】
上杉謙信:根本正勝
直江兼続:宮澤佑
お船:根岸愛

【徳川家】 徳川家康:竹石悟朗
石川数正:登野城佑真
本多忠勝:宮元英光
榊原康政:霜月紫
井伊直政:松田将希
瞼(まぶた):香音有希

【毛利家】
毛利輝元:田渕法明
吉川元春:輝海
小早川隆景:吉武大地
山中鹿之助:山本誠大

【その他の勢力】
松永久秀:南翔太
鈴木重秀(雑賀孫一):柏木佑介
真田昌幸:菊田大輔
下間頼廉:矢野たけし
真田信幸:岩崎良祐
本願寺顕如:吉田宗洋
足利義昭:加藤凛太郎

お橋:笹木香利 
お焦:荒澤守
今井宗久:彦摩呂

チケットについて

【埼玉公演】
・プレミアムシート:8,800円
(特典付)
・S席:5,800円
・A席:4,800円

【東京公演】
・プレミアムシート:10,800円
(特典付)
・S席:7,800円
・A席:6,800円
※22日、 23日、 24日の3日間限定 1日通し券あり
プレミアムシート21,600円(特典付)、 S席15,600円 更に通し券専用の記念品あり

【東京公演(千穐楽)】
・プレミアムシート:11,800円
(特典付)
・S席:8,800円
・A席:7,800円
※特典、 記念品は観劇当日の引換になります。
※通し券は、 ゲーム先行、 出演者先行、 CNプレイガイド先行のみ

チケットスケジュール

【各種先行販売】
2月1日から
詳細はこちら

【一般発売 】
3月23日から
詳細はこちら

公式HP

https://nobunaga-stage.com/

主催・共催

【主催】
舞台「信長の野望・大志」製作委員会、 足立区シアター1010指定管理者(東京公演)

【共催】
戸田市文化会館(埼玉公演)

企画

SANETTY Produce
※「信長の野望・大志」の中黒は正式には半角表記です。

画像一覧

  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像
  • 舞台「信長の野望」第3弾が開幕 鶏冠井孝介「本能寺の変に恥じぬよう素晴らしい作品になっている」 イメージ画像

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む