ニュース

“度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る

画像一覧はこちら

5月に3作目が上演される舞台『信長の野望・大志 夢幻 〜本能寺の変〜』。上演に向けて作品への意気込みを語る制作記者会見がおこなわれた。

登壇者は織田信長役の鶏冠井孝介、お市の方役の田中れいな、明智光秀役の谷佳樹、今井宗久役の彦摩呂、脚本・演出を手がける久保田唱氏の5名。

MCはお箸役として初演から出演している笹木香利が務めた。

ついに織田信長にとって大きな事件である本能寺の変が描かれる本作。そのストーリーについて、まずは久保田氏から話があった。

久保田:第3弾ということで、映画とかでもシリーズが続くとパターンができてくるのかなと思うんですけど、あえて今回は今までの流れを踏襲するのではなく、新たなドラマを作れたらなと。

この舞台の最大の特徴が“本当の歴史ではないこと”を描けるところなので、本能寺の変も本来の本能寺の変とは違うかもしれない、というのがポイントだと思います。

ただ、本能寺の変は確実に起こります! そこが、本来の歴史とズレているとしたらどう起こるのか? SIDE織田とSIDE明智で、それぞれの気持ちがどうなのか、というのが描かれます。

ーーいまSIDE織田、SIDE明智という言葉がありましたが、改めて本作の特徴であるダブルサイドストーリーについて教えてください。

久保田:別の話が描かれるのでもなく、マルチエンディングでもなく、始まりと終わりの物語は同じです。

片方をみているときは、そちらの心情が描かれ、最後にはまたひとつの結末に合流するので、どちらのSIDEを観るかでラストに感じる心情が違うと思います。

久保田氏も語っていたが、このシリーズのダブルサイドストーリーはかなり特殊である。

たとえばSIDE①を観るとそちらでメインに描かれた武将たちに感情移入しエンディングを迎えるのだが、その後SIDE②を観るとその裏側で別の陣営のなかで起きていたドラマが明らかになる。

そうすると、片方のSIDEだけではみえてこなかったキャラクターたちの内情や想いが浮かび上がるのだ。

それからまたSIDE①に戻ると、相手側の事情も想像したうえで改めて①の物語を感じることができる。

初演から観てきた筆者のおすすめは、できれば2回ずつ交互に観ることだ。どっぷりと作品の世界に浸れるはずである。

ーーダブルサイドストーリーということで、演じる我々は台本が2冊になるわけですが、慣れましたか?

鶏冠井:な……れましたが、大変さは変わらないですね(笑)

さらに今回、田中れいな演じるお市の方はSIDE織田にてほぼ出ずっぱりになるとのこと。

田中:しかも前回のSIDE織田・徳川では兄上を怒るシーンがあったんですけど、どうやら今回はもっと怒るみたいで。気合い入れて怒ってやろうと思ってます(笑)

谷:じゃああんまり稽古場と変わんないね、日常と一緒。

と、ここで稽古場の様子について谷が突然の暴露(!?) 「そんなことない」と言う田中に対して「いつも、ちゃんとしぃって言ってるイメージ」と返すと、鶏冠井が「俺がちゃんとしてないみたいじゃん」と3人で笑いあっていた。

初演から1年が経ち、稽古場ではカンパニーとしていいムードが出来ていることを感じさせた。

▲和やかなムードの会見になった

ーー史実では兄上が死んでしまいますが……

田中:死んじゃうのかな……。でも、この舞台のなかでは兄上よりお市のほうが心が強いので、お市が兄を守って戦いに出ます!

勇ましい宣言にキャスト陣からも「おお」と歓声があがった。

そして、前作の千秋楽後にスペシャルイベントとして上演された予告編でお市が手に持っていた槍に触れ、「槍を持ちたいと思います!」と兄上もたじたじの強さを見せた。

ーーさて、今回いよいよ本能寺の変が描かれますが……

谷:1年前の初演から本能寺の変を意識している部分はあって、ついにきたなという気持ちはありますね。

そこに向かって明智光秀として、この1年間作り上げてきたので、これから稽古を経てどんな明智光秀としてみなさんの前に立つのか、すごい楽しみですね。

▲織田と明智の関係は一体どんな結末を迎えるのか

気になる信長との関係については、「バチバチになるかもしれないし、ならないかもしれない」とのこと。

明智はもちろん織田陣営なのでこれまで2人の直接対決はない。明智としては織田のために動いているのだが、初演で旦那となった浅井長政を殺された恨みが募っているのか、相変わらずお市からの評価は「悪い人」のようだ。

谷:ぼく2作連続で“通り魔”してるんですよね。

通り魔とは、過去のシリーズを通しての明智の評価で、アフタートークなどで度々登場しているワードである。

明智の策で本来は死なずに済んだはずの仲間たちが死んでいったり、織田のためにと躊躇わずに人を斬っていくため、そう呼ばれるようになったとのこと。

彦摩呂:それから明智は帰蝶への色目がすごいんですよ。

谷:織田の見えないところで密会したりしてましたからね。

さらに今回新しくなった衣装では、明智と帰蝶は同じ柄の布を使っている部分があるとのこと。

ますます怪しさ漂う明智と帰蝶との関係についても、今作でどうなるのか楽しみな部分である。

▲新衣装の柄にも注目だ

今回も50人近いキャストが登場するが、新しいキャラクターも増える。

そこで気になる人物を聞かれると、谷は黒田官兵衛、彦摩呂は森蘭丸、鶏冠井は森蘭丸と石田三成をそれぞれ挙げた。

前作では井伊直虎や竹中半兵衛、前田利家、酒井忠次、前野長康といった本来の歴史ではまだ死ぬはずでなかった武将たちが、ズレた歴史のなかで命を落としていった。

新たに登場する武将たちも加わり、いったいどんな結末が待ち構えているのだろうか。

ーー最後に意気込みをお願いします。

田中:今回3作目ということで、シリーズ化する作品に携われてすごく嬉しいです。

私も最初は歴史が分からないとこからスタートだったんですが、舞台を通じて歴史に興味が出てきて、だからこれから台本を読んで稽古をしていくのが楽しみです。お市もどう動くのか楽しみにしながら、頑張りたいと思います!

谷:ついにこのときがやって来たのか、という武者震に近いものを感じています。久保田さんと少しお話をさせて頂いて、今回の流れを教えて頂いたんですけど……。

みなさんが思っている展開じゃないというか、僕も度肝を抜かれた展開が待っていて。その展開を、全編通してワクワクドキドキをずっとお届け出来るように全身全霊で挑ませていただきます!

彦摩呂:歴史上の有名な出来事ということで、ここへ持ってくるための1作目・2作目だったように思います。

ショートケーキの苺の部分が今回の公演に込められていて、もっとも美味しいところではありますが、初めて観た方も楽しめるようなエンターテイメントショーとしてつくっていきたいと思います。

久保田:いままで観てない方は不安になるかもしれないんですが、ここから観ても今まで起こったことがわかる作りになっています。

それから、この作品の特徴は“本来の歴史を知っている”人物が何人かいるということで、もちろん織田信長も本能寺の変が起こることを知っています。知っている人たちが、どう本能寺の変を迎えるのかというのが見どころになっていると思います。

鶏冠井:ちょうど1年前にこの場所で初演の顔合わせがあって、それから1年続いてきたこの作品がついに本能寺の変まで来たな、という思いがあります。

舞台『信長の野望・大志』でしか観られない、出来ない本能寺の変をおみせできたらいいな、と思っています。

久保田氏によると、SIDE織田はどちらかというとこれまで登場してきた武将たち、SIDE明智は新たに登場する武将たちにスポットが当たるとのこと。

出番の量はそれぞれ違うが、この作品はやはり両SIDE観ることで面白みが2倍にも3倍にも膨らむと筆者は思っている。

過去の作品では、オープニングもSIDEによって演出が違っており、表裏一体な内容になっている。複数の視点で観るからこそ見えてくる物語を、ぜひ味わってみてほしい。

舞台『信長の野望・大志 夢幻 〜本能寺の変〜』は2019年5月18日(土)の戸田市文化会館でのプレビュー公演を皮切りに、5月21日から26日までシアター1010にて上演される。圧巻の戦国絵巻を存分に楽しんでもらいたい。

公演情報

タイトル

舞台「信長の野望・大志 夢幻 ~本能寺の変~」

原作

コーエーテクモゲームス

演出・脚本

久保田唱 (企画演劇集団ボクラ団義)

公演日程・劇場

【埼玉公演】 2019年5月18日(土)
戸田市文化会館

【東京公演】
2019年5月21日(火)~26日(日)
シアター1010

キャスト

織田信長:鶏冠井孝介
明智光秀:谷佳樹

【織田家】
お市:田中れいな
前田利益(慶次郎):友常勇気
柴田勝家:鵜飼主水
  丹羽長秀:中村ヒロユキ
森蘭丸:高岡裕貴
浅井重政(万福丸):小栗諒
煕子(ひろこ):小川夏果
帰蝶:和久井優
茶々:前田亜美

【羽柴家】
羽柴秀吉:後藤健流
ねね:斉藤レイ
石田三成:影山達也
うた:橋本耀
黒田官兵衛:幸村吉也
 
【上杉家】
上杉謙信:根本正勝
直江兼続:宮澤佑
お船:根岸愛

【徳川家】 徳川家康:竹石悟朗
石川数正:登野城佑真
本多忠勝:宮元英光
榊原康政:霜月紫
井伊直政:松田将希
瞼(まぶた):香音有希

【毛利家】
毛利輝元:田渕法明
吉川元春:輝海
小早川隆景:吉武大地
山中鹿之助:山本誠大

【その他の勢力】
松永久秀:南翔太
鈴木重秀(雑賀孫一):柏木佑介
真田昌幸:菊田大輔
下間頼廉:矢野たけし
真田信幸:岩崎良祐
本願寺顕如:吉田宗洋
足利義昭:加藤凛太郎

お橋:笹木香利 
お焦:荒澤守
今井宗久:彦摩呂

チケットについて

【埼玉公演】
・プレミアムシート:8,800円
(特典付)
・S席:5,800円
・A席:4,800円

【東京公演】
・プレミアムシート:10,800円
(特典付)
・S席:7,800円
・A席:6,800円
※22日、 23日、 24日の3日間限定 1日通し券あり
プレミアムシート21,600円(特典付)、 S席15,600円 更に通し券専用の記念品あり

【東京公演(千穐楽)】
・プレミアムシート:11,800円
(特典付)
・S席:8,800円
・A席:7,800円
※特典、 記念品は観劇当日の引換になります。
※通し券は、 ゲーム先行、 出演者先行、 CNプレイガイド先行のみ

チケットスケジュール

【各種先行販売】
2月1日から
詳細はこちら

【一般発売 】
3月23日から
詳細はこちら

公式HP

https://nobunaga-stage.com/

主催・共催

【主催】
舞台「信長の野望・大志」製作委員会、 足立区シアター1010指定管理者(東京公演)

【共催】
戸田市文化会館(埼玉公演)

企画

SANETTY Produce
※「信長の野望・大志」の中黒は正式には半角表記です。

画像一覧

  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像
  • “度肝抜かれる展開”待つ舞台『信長の野望』最新作 鶏冠井孝介・谷佳樹らが熱意語る イメージ画像

WRITTER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む