レポート

鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ

画像一覧はこちら

「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇」の初日がいよいよ4月5日(金)幕を開ける。初日に先立ち行われたゲネプロおよび囲み取材の様子をお届けする。

本編に先立ちまずは囲み取材がおこなわれた。会見には風間千景役の中河内雅貴、雪村千鶴 役の本西彩希帆、土方歳三役の和田雅成、沖田総司役の山﨑晶吾、斎藤一役の赤澤燈の5名が登壇した。

ーー公演への意気込みと見どころ

中河内雅貴:土方篇を1年前にやらせて頂いて、今回は風間千景篇となって。前回は和田雅成演じる土方歳三を陰ながらサポートしつつ、サポートされつつだったんでですが。

今回はなにせ(主演ということで)分量が多くて、タイトなスケジュールのなかできることをしっかりやって、手をつなぎ、力を合わせながらここまできたので、あとはお客さまに喜んでもらえるように、毎公演舞台の上で生き続けるのみだな、と思っています。

みどころは、「薄桜鬼」という作品は、それぞれがそれぞれの信念を持って生きているところが魅力だと思っていて、さらに今回は今までにない結末になっていると思うので、それを楽しみにしていて欲しいです。

本西彩希帆:憧れで目標で夢だったこの作品を、大好きな雪村千鶴ちゃんをここで演じられることに誇りを持って頑張りたいと思います。見どころは全てです!

「全て」の言葉に、隣で優しく見守っていた中河内は小さく笑ってうんうんと頷いていた。この様子が、稽古場での2人の良好な関係性をうかがわせた。

和田雅成:原作の「薄桜鬼」を知らない方にも、舞台を観ただけで楽しんで好きになってもらって欲しくて、作品作りをしてきました。

(演出の)西田さん含め、僕たちもその思いでやってきました。新撰組という、本当に生きた人たちを演じるので、その姿をしっかりお届けできたら、と思います。

山崎晶吾:1年前に沖田総司としてこの舞台に立たせて頂いたんですが、初心の気持ちを忘れず、初めてこの役をやるというくらきの気持ちで一から取り組めたらと思います。

赤澤燈:僕は今回からこの作品に参加させていただきます。

続いてきた作品に途中から参加するというのもなかなかプレッシャーがあるんですけども、今回の座組は過去を省みないというか、今を生きている座組だなと。

僕もすっと入りやすい空気になっていて、しっかり稽古をしてきました。

見どころは、今回は風間千景篇なのでもちろん風間さんが分量が多いんですが、新選組のシーンもダイジェストというかいいとこ取りなシーンたくさんあるので、ぜひ観て頂ければと思います。

このしっかりまとまったコメントに、和田の口からは「コメントちゃんとしてるなぁ」と感嘆の声が漏れた。

「(ちゃんと)するだろ」と赤澤が返すと、「俺が言ったことにしといてもらっていいですか?」「僕が言いました」とコントのような応酬が続き、会見は笑いに包まれた。

ーー公演を楽しみにしているお客さんへのメッセージ
赤澤:新しいものを、ということで作ってきて、僕は今回初参加なんですが、前回そして過去のキャストさんやスタッフさんの胸を借りて精一杯「薄桜鬼」を皆様におみせできればなと思っています。

山崎:斬っちゃう方も斬られちゃう方も、それぞれの人生があって、それを観ていただいたお客様の心にもなにか響くものがあって、背中を押せるように僕ら頑張っていきたいと思っています。

ここで進行MCから「いいコメントお願いします、和田さん!」と振られ……

和田:仲間と作り上げてきた(と、声を張り上げいいコメント風を演出し、笑いをさらっていた。そして仕切り直して)いや、でも本当に分量も多いし、斬って斬られても多い舞台なので、最後まで誰一人欠けることなく終えるっていうのが簡単なようで難しいので、まずはそこを目指してしっかり頑張っていきたいと思います。

本西:今回「薄桜鬼」に初めて参加させて頂いて、さらに好きになったので、お客様がより一層「薄桜鬼」を大好きになれるような作品になっていると思います。ぜひ劇場に足を運んで頂けたら嬉しいです。

きれいにまとまったと思いきや、中河内からまさかの「からの?」が飛び出た。本

西がコメントに困っていると、進行MCからアドバイスがあり、「薄桜鬼」に憧れてこの世界に飛び込んだことを語ってくれた。この作品への並々ならぬ意欲が感じられた瞬間だった。

中河内:平成最後の月に、しかも桜が咲いて散るこの時期にぴったりな作品を主演でやらせて頂けるというのは、なんとも感慨深いです。

昔の日本青年館があったときに、「ミュージカル『テニスの王子様』」という作品に出ていて、それから2.5次元作品というのがこんなに大きくなって。

この「薄桜鬼」という作品も長く続く舞台になっているというのも、なにかこれからの未来に意味があるんだろうな、と感じています。

また、新しい日本青年館で「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』」ができることを嬉しく思っていますし、これから2.5次元作品を目指す若い俳優たちにもどんどん高みを目指して頑張ってもらいたいなと思いながら、自分の背中をちゃんとみてもらえるようにしっかりと進んでいきたいと思っております。

2.5次元作品もそれ以外の舞台も多数経験してきた彼だからこそ言える重みのあるコメントで、囲み取材は終了した。

ゲネプロレポート

▲主演の中河内雅貴の歌唱力は見事、新しい日本青年館に響き渡った

いよいよ幕を開ける新生「薄ミュ」第2弾となる「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」。ゲネプロを観終わり、筆者の胸には削ぎ落とされた美しさと哀しさが残った。

「薄桜鬼」という作品において、異端な存在である風間千景を主演に据えた本作。

これまでの「薄ミュ」を観てきたファンはいい意味で期待を裏切られ、「薄ミュ」という作品の新たな可能性を発見するだろう。

たとえ原作を知らなくても、激動の時代のなか、譲れない思いを守るために懸命に生きる彼らと千鶴の姿は深く胸の奥へと染み込んでいくはずだ。

もちろんこれまでのシリーズを観てきたファンは、「おっ」と思う瞬間が多数ある。イントロを聞くだけで感情がこみ上げてくる曲もあるだろう(どの楽曲が登場するかは劇場で楽しんでください!)。

過去から今へと受け継がれているもの、そして新しいもの。

せっかく“新生”と銘打たれたシリーズを観るのだから、変化も受け入れ楽しめると、より「薄ミュ」の世界に浸れるのではないだろうか。

それぞれのキャラクターが胸に抱く理想の世界と、目指す生き方。それらはときに交わり、ときに反発しあう。生きたいように生きることは難しい。

だが、彼らを観ているうちに、難しいからといって諦めるべきではないという気持ちが湧いてきた。

▲ヤイサ!は健在。このカーテンコールに至るまでのそれぞれの生き様が熱い

クライマックスに向けてステージにはこの季節にぴったりな桜の花びらが舞い続ける。

はじまりの季節、新しいことを始める季節。そんな桜の時期に、華麗に咲き誇り舞い散るいくつもの生き方を観せてくれるこの作品に出会えたことを嬉しく思う。

この感動を、ぜひ読者のみなさんも劇場で味わってみてほしい。

公演情報

タイトル

ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇

原作

オトメイト(アイディアファクトリー・デザインファクトリー)

演出

西田大輔

脚本

毛利亘宏

キャスト

風間千景 役:中河内雅貴 雪村千鶴 役:本西彩希帆/
土方歳三 役:和田雅成 沖田総司 役:山﨑晶吾 斎藤 一 役:赤澤 燈 藤堂平助 役:樋口裕太 原田左之助 役:水石亜飛夢 近藤 勇 役:井俣太良 山南敬助 役:輝馬 永倉新八 役:岸本勇太 山崎 烝 役:椎名鯛造/
天霧九寿 役:兼崎健太郎 不知火 匡 役:末野卓磨 雪村綱道 役:川本裕之/ 他

アンサンブル:
菅原健志 村井 亮 細川晃弘 宮川 連 橋本征弥 前田りょうが 吉田邑樹 池田謙信 澤邊寧央 多田 滉

公演期間、劇場

【東京】
2019年4月5日(金)~11日(木)
日本青年館ホール

【関西】
2019年4月18日(木)~21日(日)
京都劇場

チケット料金

プレミアム席(パンフレット付)
10,800円(全席指定・税込)
一般席
7,900円(全席指定・税込)

※プレミアム席とは…公演パンフレット(販売品)とプレミアムチケット限定グッズ(非売品)がセットになったチケット

チケット販売スケジュール

・オフィシャル先行(抽選)
1/22(火)12:00~2/5(火)23:59
・LEncore先行(抽選)
1/22(火)12:00~2/5(火)23:59
・プレリクエスト先行(抽選)
2/6(水)12:00~2/18(月)23:59
・一般発売(先着):3/1(金)12:00~

チケットの取り扱いについて

ローソンチケット
http://l-tike.com/m-hakuoki/

主催者

ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

公演に関する問い合わせ先

株式会社マーベラス ユーザーサポート
0120-577-405(土日祝日指定日除く11:00~17:00)

公式ホームページURL

http://www.marv.jp/special/m-hakuoki/index.html

© アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会

画像一覧

  • 鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ イメージ画像
  • 鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ イメージ画像
  • 鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ イメージ画像
  • 鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ イメージ画像
  • 鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ イメージ画像
  • 鬼と人の生き様に心震える「ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景篇」ゲネプロ&囲み取材レポ イメージ画像

WRITTER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む