レポート

「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート

画像一覧はこちら

刀剣男士たちの、新しき本丸で過ごす束の間のひとときとは――

2019年6月14日(金)「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」の上演が始まった。

出演刀剣男士総計22振り、全60公演と、過去最大となったこの公演。初回に先立ち公開されたゲネプロの様子をお届けする。

ストーリーについての詳しいネタバレはしないが写真は掲載していくので、まったくのフラットな気持ちで見たい方は観劇後に思いを噛みしめながら読んでいただきたい。

前回2018年6月の「悲伝 結いの目の不如帰」は、タイトルがそのまま一文字たりとも無駄なく幾重にも意味を持ったストーリーであり、観客の心を深くえぐった。

それから一年。今回の「慈伝」は、タイトルから想像できるように幸せであたたかな気持ちに包まれる。

審神者から本丸の引っ越しを命じられた刀剣男士たちは、それぞれの役割に従って荷を運ぶ。積極的に働く者、隙あらば仲間の目を盗んで休もうとする者などさまざまだ。

リラックスした内番姿の刀剣男士たちが愛おしい。

「新しい本丸」にやってきたのは山姥切長義(演:梅津瑞樹)。山姥切国広(演:荒牧慶彦)の本歌だ。

心の距離を近づけるには宴が一番、と心を砕きあるいは歓迎の宴を言い訳として催される酒盛り。「同じ長船派だ」と大般若長光(演:川上将大)は何かと長義を気にかける。

しかし手放しに歓迎するのを好しとしない者もいる。山姥切国広の思いと悩みと努力を知っているからこそ受け入れがたい「本歌」の存在。

日々が穏やかであればこそ、そこにある幸せの存在には気づきにくい。「慈伝」はこれまでの作品のように衝撃となって観客の心に突き刺さるのではなく、やわらかい部分にじわじわと染み込んでいく。

葉を重ねるように幾重にも積み重なっていく話。日日の葉よ散るらむ。

公演情報

タイトル

舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ

原案

「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)

脚本・演出

末満健一

音楽

manzo/テルジヨシザワ

劇場・日程

【東京】
2019年6月14日(金)~6月23日(日)

【大阪】
2019年6月28日(金)~7月7日(日)

【兵庫】
2019年7月11日(木)~7月15日(月・祝)

【東京凱旋】
2019年7月19日(金)~8月4日(日)

キャスト

山姥切国広:荒牧慶彦
へし切長谷部:和田雅成

鶴丸国永:健人
鶯丸:前山剛久
大包平:加藤将
大般若長光:川上将大
大典太光世:磯野大
ソハヤノツルキ:飯山裕太
博多藤四郎:木津つばさ
前田藤四郎:大崎捺希
五虎退:設楽銀河
山伏国広:横山真史
同田貫正国:武子直輝
太郎太刀:小林涼
次郎太刀:小坂涼太郎
南泉一文字:谷水力

陸奥守吉行:蒼木陣

主催

ニトロプラス/マーベラス/東宝/DMM GAMES

公式HP

https://www.marv.jp/special/toukenranbu/

公式Twitter

@stage_touken
©︎舞台『刀剣乱舞』製作委員会

画像一覧

  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像
  • 「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ」ゲネプロレポート イメージ画像

WRITTER

広瀬有希
							広瀬有希
						

演劇と映画と小説を愛するフリーライター。たくさんの感動を、熱い思いとともに、読んでいてワクワクするような文章にしてお届けします。趣味はおいしいカフェの開拓。

このライターが書いた他の記事も読む