ニュース

荒牧慶彦・和田雅成ら出演 舞台「カミシモ」シーズン2がドラマ化、2023年4月期より放送

舞台「あいつが上手で下手が僕で」シーズン2が2023年4月期よりドラマ放送する。

本作は、舞台ラストからストーリーが展開。エクソダスをはじめとするシーズン1のコンビたちに加え、シーズン2の舞台から登場したラストワルツ、ノノクラゲ、ねあんでるもシーズン2ドラマに参加する。

楽屋の賑やかさだけで辛うじて生気を保っていた湘南劇場。しかし、らふちゅーぶ、アマゲン、ロングリードらが徐々に仕事が増えてきたことで、楽屋は閑散。取り残されたエクソダスの嫉妬の空気で充満した劇場は遭難劇場を通り越し、“墓場”と化していた。そこにやってきたのはパチファンラストイヤーのラストワルツ、幼馴染コンビのノノクラゲ、SNSの新星ねあんでるの3組。エクソダスが参加した深夜番組でともに競い、戦い、手を組んできた彼らを加え、総勢7組となった湘南劇場は、いつになく活気づいていたが…。

舞台版から引き続き、エクソダスの時浦可偉役には荒牧慶彦、島世紀役には和田雅成、ラストワルツの岬一碧役には和田琢磨、高砂真夜役には染谷俊之、ノノクラゲの東雲嵩紀役には溝口琢矢、狭間くらげ役には大平峻也、ねあんでるの千波未明役には木津つばさ、黒旗晩役には中尾暢樹が出演。


時浦可偉役:荒牧慶彦 コメント

またまた夢を掴むため、そして笑いを取るため湘南劇場での青春群像劇が始まります! 芸人の数も増え、さらに盛り上がること間違いなしの湘南劇場。しかし全然陽の目を浴びないエクソダスがどうするのか、このままでいいのか。悩みながらももがき続ける彼らの奮闘を見守っていただけると嬉しいです。


総合演出:橋本和明 コメント

今回も、夢を追うことの楽しさと苦しさがいっぱい詰まったストーリーです。エクソダス、そして新たに加わる3組を中心に、前作からのコンビも出演して、撮影現場はとんでもない熱気になるとおもいます。ヨーロッパ企画さんの繊細な台本、役者たちが魂を込めた言葉の応酬、舞台に負けない熱量を、テレビの前でぜひ感じていただければと思います。


公演情報

タイトル

舞台「あいつが上手で下手が僕で」シーズン2

公演期間・劇場

2022年11月18日(金)~11月24日(木)
東京・日本青年館ホール

2022年12月2日(金)~12月4日(日)
大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

出演

<エクソダス>
時浦可偉(トキウラカイ):荒牧慶彦
島世紀(シマセイキ):和田雅成

<ラストワルツ>
岬一碧(ミサキイッセイ):和田琢磨
高砂真夜(タカサゴマヨ):染谷俊之

<ノノクラゲ>
東雲嵩紀(シノノメカサノリ):溝口琢矢
狭間くらげ(ハザマクラゲ):大平峻也

<ねあんでる>
千波未明(センバミハル):木津つばさ
黒旗晩(クロハタバン):中尾暢樹
ほか

総合演出

橋本和明(日本テレビ)

脚本

大歳倫弘(ヨーロッパ企画)

演出

川尻恵太(SUGARBOY)

公式HP

https://kamishimo-stage.com/

公式Twitter

@_kamishimo

WRITER