ニュース

木津つばさ・滝澤諒が暦&ランガに、舞台「SK∞ エスケーエイト」メインキャスト解禁

舞台「SK∞ エスケーエイト The Stage」のメインキャストが解禁された。

暦(レキ)役の木津つばさ、ランガ役の滝澤諒をはじめ、MIYA役の輝山立、シャドウ役の木内太郎、Cherry blossom役の久保田秀敏、ジョー役の伊万里有、愛抱夢(アダム)役の小波津亜廉、菊池忠役の石渡真修が名を連ねる。

木津と滝澤からはコメントが到着した。


木津つばさ コメント

皆さま、初めまして。暦(レキ)役を務めさせて頂きます、木津つばさです。2021年~2022年を跨いで行われる今作品。今世界を賑わせている『SK∞ エスケーエイト』という作品の一部になれることを大変嬉しく思うと同時に、同年代の同志、ランガ役の滝澤諒とコンビを組んで舞台を踏めることが今から楽しみで仕方ありません。出演者の皆さまも素敵な方々ばかりで、今から心を奮起させ、スケートボードと同様に想いを加速させて体当たりで挑めたらなと思っております。素晴らしき作品になるよう誠心誠意、精進いたしますので何卒応援の程よろしくお願いします。ステージで会いましょう。


滝澤諒 コメント

ランガを演じさせて頂きます、滝澤諒です。「スケボー」×「舞台」、どんな表現になるのか想像もつきませんが、それゆえに無限の可能性を感じます。暦(レキ)を演じるつばさと再び共演できることもすごく幸せです。同い年コンビ。絆もスケボーも切磋琢磨し合いながら高めていきたいなと思っております! 「SK∞ エスケーエイト The Stage」が作る無限大なスケートをお楽しみに!


同作は、内海紘子とアニメーション制作のボンズがタッグを組んだ、スケートボードが題材の青春オリジナルアニメーション「SK∞ エスケーエイト」の舞台化作品。

公演は第一部が12月2日(木)~12日(日)に東京・天王洲 銀河劇場、第二部が2022年1月15日(土)~24日(月)に東京・日本青年館ホールで行われる。

公演情報

タイトル

「SK∞ エスケーエイト The Stage」

日程・会場

第一部
2021年12月2日(木)~12日(日)
東京・天王洲 銀河劇場

第二部
2022年1月15日(土)~24日(月)
東京・日本青年館ホール

キャスト

暦(レキ):木津つばさ
ランガ:滝澤諒
MIYA:輝山立
シャドウ:木内太郎
Cherry blossom:久保田秀敏
ジョー:伊万里有
愛抱夢(アダム):小波津亜廉
菊池忠:石渡真修

脚本

伊勢直弘

総合演出

大関真(第一部)、村井雄(第二部)

スペシャル・スケーター

池慧野巨

舞台公式サイト

https://sk8-stage.com/

舞台公式Twitter

@sk8_stage

(C)ボンズ・内海紘子/Project SK∞

WRITER