ニュース

平野良&小林且弥のダブル主演「忠臣蔵 討入・る祭」 安西慎太郎、蒼木陣、前川優希らが出演決定

チャオ!明治座祭10周年記念特別公演「忠臣蔵 討入・る祭」(通称:忠る(ちゅーる))が2020年12月28日(月)~31日(木)に東京・明治座で上演。全出演キャストが解禁された。

本公演は、2011年より演劇製作会社る・ひまわりと明治座がタッグを組み、歴史ものをテーマに上演を続けてきた舞台シリーズの10周年公演。第一部は芝居、第二部はショーの2部構成となっている。

今回の第一部の演目は『O-ICCEAN’S11~謎のプリンス~』。討入り後に唯一生き残った寺坂吉右衛門と赤穂浪士のリーダー大石内蔵助を、平野良と小林且弥がそれぞれ演じるダブル主演作だ。

第二部のショーでは、「煮汁プロジェクト」と題され、「旨味と出汁の利いた世界一の“側用人”グループ」を作るための側用人公開オーディションが開催される。

演出を板垣恭一、脚本を土城温美が担当。キャストには平野良、小林且弥の他、安西慎太郎、蒼木陣、前川優希、百名ヒロキ、伊藤裕一、水夏希らが名を連ねている。

なお今回は、年末“祭”シリーズ初となる全公演ライブ配信が行われる。

寺坂吉右衛門役:平野良コメント

2年連続の座長、それに2020年最初の舞台である2人芝居を共に戦った小林且弥さんとのコンビ。「縁」を強く感じます。昨年も色々な想いを抱えながら、しかし逆にそれを力に変えて臨みました。言わずもがな今年も色々な想い、葛藤、希望、信念を抱えての公演になることでしょう。

明治座祭の十周年という特別公演に参加させていただくのは、ありがたくもプレッシャーを感じてしまうところもありますが、やはり楽しみが勝ってしまいます。

昨年よりさらに少数精鋭で、よりディープで熱い年末になるのではないかと今からワクワクが止まりません。終わり良ければ……とはいかないかもしれませんが、来年も乗り越えていくために、2020年のラストは笑って感動して、心震えさせて迎えたい。その為に今できること全て持ち込んで頑張りますので、応援していただけると幸いです。

大石内蔵助役:小林且弥コメント

座長を演らせていただいたのが6年前。初日のカーテンコールで焼き付けられた明治座の景色は今も鮮明に覚えています。10年という節目の年に、今度はどんな景色が見れるのか。このご時世に、このチームでしかできない作品をお届けできるよう頑張りたいと思います。

公演情報

公演名

チャオ!明治座祭10周年記念特別公演「忠臣蔵 討入・る祭」
第一部:芝居「O-ICCEAN’S11~謎のプリンス~」
第二部:ショー「煮汁プロジェクト」

公演日程

2020年12月28日(月)~31日(木)/東京・明治座
※全公演ライブ配信あり

演出

板垣恭一

脚本

土城温美

出演

平野良、小林且弥/
安西慎太郎、木ノ本嶺浩、蒼木陣/
前川優希・松田岳(Wキャスト)、大薮丘、小早川俊輔、
井深克彦、谷戸亮太、加藤啓、林剛史/
伊藤裕一、百名ヒロキ、大山真志・原田優一(Wキャスト)/
辻本祐樹/水夏希

公式HP

https://chu-ru.jp

WRITER