ニュース

原作のエッセンスが盛りだくさんな新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』が京都・南座にて上演中

6月2日から6月26日まで京都・南座にて上演されている新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』。昨年8月に東京・新橋演舞場にて初上演され、好評を博した歌舞伎だ。

本作は、歌舞伎らしい『NARUTO-ナルト-』にするべく九尾封印の謎、うちは一族にまつわる因縁、秘密結社「暁」と仮面の男の野望など、物語全体のテーマに通じるエピソードも盛り込み、ナルトの熱い「忍道」を描き出している作品。

見得やツケなど歌舞伎独自の演出も存分に発揮。大迫力でスピード感あふれる立廻りと、本水を使った大滝での壮絶なシーンは特に目が離せない。

また、原作のエッセンスをふんだんに取り入れ、原作ファンの方にとっては深く心に残る場面が盛りだくさんだ。

新感覚の歌舞伎として新たな境地を開拓する新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』にご期待を。

『NARUTO-ナルト-』とは
1999年から2014年に週刊少年ジャンプで連載された、全72巻を誇る大人気漫画。落ちこぼれ忍者・うずまきナルトの成長を描く、バトルアクション物語となっている。

忍者の里である“木ノ葉隠れの里”に育ったナルトは、里のトップである「火影(ほかげ)」の称号を目指し、忍術修業や敵との戦いに挑む。

様々な伝承などに材を得た独自の世界観で、日本のみならず海外にも多くのファンを持っており、国内ではシリーズ累計1億4千万部、また40以上の国と地域で流通。海外でのコミックス累計発行部数は9500万部以上を誇る作品だ。

©岸本斉史 スコット/集英社・『NARUTO-ナルト-』歌舞伎パートナーズ

公演情報

タイトル

新作歌舞伎『NARUTO -ナルト-』

原作

岸本斉史『NARUTO -ナルト-』(集英社 ジャンプ コミックス刊)

脚本・演出

G2

劇場・日程

南座
2019年6月2日(日)〜6月26日(水)

キャスト

うずまきナルト・波風ミナト役:坂東巳之助
うちはサスケ役:中村隼人
綱手役:市川笑也
はたけカカシ役:嘉島典俊
うちはイタチ役:市瀬秀和
春野サクラ役:中村梅丸
大蛇丸・うずまきクシナ役:市川笑三郎
自来也役:市川猿弥
うちはマダラ役:中村梅玉

チケットについて

詳細はこちらから

公式サイト

https://naruto-kabuki.com

公式Twitter

https://twitter.com/narutokabuki

主催

『NARUTO‒ナルト‒』歌舞伎パートナーズ

後援

朝日新聞社

©岸本斉史 スコット/集英社・『NARUTO-ナルト-』歌舞伎パートナーズ

WRITER