ニュース

舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』第2弾のライビュが6月30日に全国各地、台湾、香港で開催

「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -vs VARIA partⅠ-」大千秋楽公演のライブ・ビューイングが全国各地、香港、台湾の映画館にて開催されることが決定した。

本作は舞台化第2弾であり、原作でも人気の高い「vsヴァリアー編」のエピソードが描かれる。前編、後編の大ボリュームでお届けする、「vsヴァリアー編」の始動を映画館でも目撃しよう。

本作の原作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2004年から2012年まで連載された、天野明による人気漫画を原作とし、2018年には演出・脚本を「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎によって初めて舞台化された「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」。

ライブ・ビューイング実施概要

【タイトル】
『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -vs VARIA partⅠ- ライブ・ビューイング

【日時】
2019年6月30日(日)18:00開演

【会場】
全国各地、香港、台湾の映画館
開催映画館はこちら

※開場時間は映画館によって異なります。

※大阪府では条例により16歳未満の方は、終了時間が19時を過ぎる上映回には保護者同伴でないとご入場できません。予めご了承ください。

『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE -vs VARIA partⅠ- ライブ・ビューイング情報サイト
https://liveviewing.jp/reborn-varia1/

【注意事項】
※ライブ・ビューイング当日は、G20大阪サミット開催の影響により、大阪府内・大阪府近県の高速道路や一般道で通行止め規制が実施されます。規制実施に伴い自家用車、バス等でのご移動には従来以上に時間を要する可能性があります。

当日はお時間に余裕を持って、事前に交通機関の状況をご確認の上、可能な限り鉄道をご利用いただき映画館にご来場ください。

なお、規制の影響に伴うチケットの払い戻しはいたしかねます。予めご了承ください。

※チケットご購入後お客様のご都合による変更、及び払い戻しは、いかなる場合におきましても行っておりません。予めご了承の上お申込みください。

※営利を目的としたチケットの購入、譲渡・転売行為(ネットオークション・チケット売買サイト・金券ショップ等)は、いかなる場合も固くお断りしております。

※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映です。シーンによっては、拍手や歓声などが起こる場合もございますので、ご理解の上ご購入ください。

※映画館内は、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影/配信を禁止しております。このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。

※配信中継イベントの為、映像・音声の乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。

※公演が予定終了時間を大幅に超える場合、公演途中でも上映を終了する場合がございます。予めご了承ください。

※ライブ・ビューイング会場に、記録や取材のための撮影が入る場合がございます。予めご了承ください。

©天野明/集英社 ©『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会

公演情報

タイトル

『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-vs VARIA partⅠ-

原作

天野明『家庭教師ヒットマンREBORN!』(集英社 ジャンプ コミックス刊)

脚本・演出

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)

期間・劇場

【東京】
2019年6月14日(金)~23日(日)
シアター1010

【大阪】
2019年6月27日(木)~30日(土)
リビエールホール
(柏原市民文化会館)

出演

リボーン:ニーコ
沢田綱吉:竹中凌平
獄寺隼人:原嶋元久
山本 武:山本涼介
笹川了平:上杉 輝
ランボ:KIMERU
雲雀恭弥:岸本勇太
XANXUS:林田航平
S・スクアーロ:髙﨑俊吾
ルッスーリア:高木勝也
ベルフェゴール:大海将一郎
レヴィ・ア・タン:八巻貴紀
マーモン:甲斐千尋
ゴーラ・モスカ:横田 遼
ディーノ:山田ジェームス武
コロネロ:深澤大河
沢田家光:河合龍之介
バジル:前田大翔
山本 剛:石田佳央
笹川京子:伊藤優衣
三浦ハル:本西彩希帆
ほか

チケットについて

詳細は公式サイトから

公式サイト

https://www.marv.jp/special/reborn-the-stage/

公式Twitter

@stage_reborn

©天野明/集英社 ©『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む