ニュース

タクフェス第7弾『流れ星』、富田翔・冨森ジャスティンに引き続き三津谷亮の出演が決定

2019年秋上演、タクフェス第7弾『流れ星』から全キャストが解禁された。

既に発表されていたタクフェス初参戦の田中美佐子、舞台初出演の飯豊まりえ、柳美稀、舞台「私のホストちゃん〜血闘!福岡中洲編〜」で士郎役を演じた富田翔、舞台「ハイキュー!!」の東峰旭役を演じた冨森ジャスティン、ミュージカル「テニスの王子様」の大石秀一郎を演じた松村優、遠藤瑠美子に引き続き、ミュージカル「テニスの王子様」の不二周助役を演じた三津谷亮、Wキャストとしてお笑いコンビのたんぽぽの川村エミコと、ニッチェの近藤くみこ、越村友一、若林元太、そして、ダンカンという全豪華出演陣が発表された。

本公演は、2019年10月〜12月、新潟、足利、仙台、札幌、福岡、東京、名古屋、大阪にて上演となる。演日程詳細・チケットのお取り扱い情報は後日発表。

詳細は、公式HPにて、随時公開。

本作は2006年初演、2009年再演した、東京セレソンデラックスの代表作でもある『流れ星』。10年ぶりにあの感動の名作が再び幕を上げる。

大阪万博や学生運動、よど号事件、東大爆破騒ぎ真っ只中の1970年。

「愛とは何か」「幸せとは何か」を追い求め、日本中が力強く生きていた高度経済成長期の東京を舞台に、「思い」を伝える真っすぐな気持ちを描く。

あらすじ
東京の片隅にある古びた下宿屋「徳秀館」。

星野謙作と夏子の熟年夫婦が営んでいるが、2人の間は冷え切っていた。

そんなある日、会話らしい会話もなくいつものように出かけた謙作は、出かけた先で突然倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまう。

それから初七日を終えたある夜、夏子の前に突然、魔法使いだと称すマリーが現れ、夏子の願いを四つ叶えてくれるという。半信半疑の夏子だったが、人生をやり直すため、謙作と結婚をする前の時代にタイムスリップをすることに。

そして夏子とマリーは、1970年、昭和45年へ。…果たしてマリーの正体は?目的は?夏子の知らなかった事実が、次第に明らかに・・・

公演情報

タイトル

タクフェス第7弾『流れ星』

作・演出

宅間孝行

劇場・日程

2019年10月〜12月
新潟、足利、仙台、札幌、福岡、東京、名古屋、大阪
※詳細後日発表

キャスト

田中美佐子
飯豊まりえ
柳美稀
富田翔
三津谷亮
冨森ジャスティン
川村エミコ(たんぽぽ)
近藤くみこ(ニッチェ)
※Wキャスト
松村優
越村友一
遠藤瑠美子
若林元太
ダンカン
宅間孝行

協力

テイクオフ

企画

タクフェス

制作

エイベックス・エンタテインメント

公式サイト

http://takufes.jp/nagareboshi/

公式Twitter

@TAKU_FES_JAPAN

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む