インタビュー

久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは

画像一覧はこちら
DMM
DMM

DMM GAMESで配信中の文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」を原作とした舞台「文劇」シリーズの第5弾、舞台「文豪とアルケミスト 嘆キ人ノ廻旋(ロンド)」が9月に上演される。

指先から綴られた文学作品の世界観を表現するアナログな演出と、観客に没入感を与える映像演出の相乗効果、そして深く丁寧に作り込まれた文豪たちの生き様は、観る者の想像力を掻き立て、原作ファンからも厚く支持されている人気シリーズだ。

2.5ジゲン!!では初演から芥川龍之介を演じる久保田秀敏、そしてシリーズ初登場となる菊池寛を演じる岩城直弥にインタビューを実施。作中で親友同士を演じる2人に、「文劇」の魅力や本作の見どころ、お互いの印象などを聞いた。

――久保田さんはシリーズ出演4作目になります。「文劇」シリーズの魅力をどう捉えていますか。

久保田秀敏(芥川龍之介役):「文劇」の魅力として、時世にあった脚本というのがあるなと思っています。意外にも現実社会とリンクしている部分があるんですよね。今作もリアルな社会とリンクして、お客さまが没入できたり共感したりできそうな部分があって、今回初めて観るよという人も楽しめると思いますし、原作ファンの方も舞台ならではの面白さをより感じられると思います。

そういったなるせゆうせいさんの脚本に、吉谷晃太朗さんの演出がついてさらに世界観が濃くなって、加えてキャラクターが存在している楽しみもあって、すごく複雑なコンテンツだなと感じていて。文学作品をテーマにした作品という枠を飛び越えて、ちゃんと周りを巻き込んでいる作品になっているので、そこが1番の魅力なのかなと、過去3作出演してきて思いますね。

とくにコロナ禍での上演となった3作目はそれを感じました。お客さまが抱えているであろう戸惑いとか思いを作品に昇華して、メッセージとしてお客さまに届けられたなという手応えがあったし、今回も僕たちがエネルギー量をしっかり上げて、ちゃんと届くように作っていきたいですね。その熱量の高さっていうのも、この文劇シリーズの魅力の1つだと思います。

――岩城さんはシリーズ初参加です。シリーズへの印象や、楽しみな点をお聞かせください。

岩城直弥(菊池寛役):率直に出演できて嬉しい気持ちと、この歳で最年少ということで不安な気持ちとがありますね。本当にまさかなんですよね。今27歳なので、なかなか現場で最年少になるということがないので(笑)。

出演するということで、少し映像を観させてもらったのですが、登場人物それぞれがしっかり背景を背負っているというのを感じました。その上で、2.5次元作品らしいキャラクターの美しさや目を引くアクションも融合されていて、素敵な作品だなと。そこに飛び込むということで、僕自身原作のキャラクターを大事にしようとしてそっちに引っ張られがちなところがあるので、そこは先輩たちを見倣って、しっかりと舞台上で心と心がつながる関係性を築けていけたらいいなと思っています。

――登場キャラが毎回がらりと変わるのも文劇の面白いところだと思うのですが、今回の共演者の顔ぶれを見るに、どんなカンパニーになりそうだと考えていますか。

久保田:じっくり会話ができる座組になりそうだなと感じていますね。役者って板の上で言葉がなくなるとすごく不安になっちゃうんですよね。お客さまからすると、その間に意味を感じられたら、そこまで気にならないと思うんですけど、役者側は間が気になっちゃって。「次、急いでセリフ言わないと!」って焦ってついつい素の部分が出ちゃう。だから、そういうシーンの作り方は良くないんですけど、今回の座組はそこをちゃんと分かっている人たちばかりだし、より深いお話の作り方ができるんじゃないかなと思っています。

――芥川と菊池は親友という関係性なので、そこでの会話も大事になってくるかと思います。お2人はつい30分ほど前にご挨拶をされたばかりとのことですが、ここからどう関係性を作っていきたいですか。

久保田:まずはやっぱり僕たち自身が会話をたくさんすることですかね。

岩城:そうですね。

久保田:お互いの人となりもそうだし、キャラクターに対する共通認識も持っていないといけないですし。そういう細かいところを積み重ねていくためにも、思ったことをお互い声に出していかないとですね。本番まで1カ月もあると思っているとアウトかな、と。

岩城:1カ月じゃ足りないくらいですよね。だからこそ、先輩だからといって萎縮せずに僕からいっぱい発信していきたいですね。

久保田:「ちょっと殺陣やったくらいでなにへこたれてるんですか~! もっと動いてくださいよ~!」くらい言ってもらって(笑)。

岩城:うわ~それは言える…言えるかなぁ(笑)。でも、頑張って発信して、先輩方の経験してきたものを吸収して、やっていけたらいいですね。


――こうして実際に話してみて、親友役への手応えはいかがですか。

久保田:手応えは感じていますね。まだ本当に短い時間しか話していないから、どうしても探り探りな部分はあるんですけど(笑)。でも今日こうして一緒に取材を受けたことで、稽古ではスムーズにスタートを切れそうなので楽しみですね。

岩城:僕は久保田さんに心を全部預けたいなと思っています!

久保田:そんな器じゃないんですけどね!

岩城:いやいやいや(笑)。もう全部オープンにしていこうと思うので、よろしくお願いします!

一同:(笑)。

――すでにキャラクタービジュアルが公開されていますが、菊池は武器(鞭)が難しそうですね。

岩城:そうなんですよ。本当に苦労すると思います。だから早く武器とお友達になりたいですし、家に持ち帰って練習したいです。

久保田:そんな振り回せるほど広い家にお住まいで…?

岩城:全然です(笑)。部屋を傷だらけにしながら練習しようかなと。それくらいの気持ちで頑張りたいです。

――一方、芥川は新衣装が登場します。新衣装を着てみていかがでしたか。

久保田:脚本を読んで、よりあの衣装がスッと入ってきました。ビジュアル撮影のときはまだ脚本をもらう前だったので、単純に新衣装ということで晴れやかな気持ちで撮影に臨んだんですね。でもストーリーを知ってから新衣装を見ると、「ここがこうなって、この色になるんだ」って深く味わえる部分があって。だから次に僕が新衣装を着たときは、全然違う表情になると思います。

――なるほど。新衣装があのデザインである意味、みたいなものを感じられるんですね。

久保田:お客さまも感じられると思います。僕はすごく深い意味が込められているなって感じたので、ぜひ本編を観て味わってもらいたいですね。

――今作に期待することや、面白くなりそうなところを、ネタバレのない範囲で教えてください。

久保田:ネタバレがないように言うと、今回は江戸川乱歩役の和合真一がいる時点で、もう大暴れが確定していると思います。僕は彼の作る“和合ワールド”に期待しています(笑)。今から舞台袖で「やってんな~」って覗くのを楽しみにしていますからね。

岩城:「文劇」でも和合さんは“あの和合さん”をやっているんですか!?

久保田:和合がいれば和合ワールドが常に生まれちゃうから。

岩城:なるほど(笑)。僕も楽しみにしておきます! あとは、これまで芥川さんだけが登場していて、今回ようやく親友・菊池寛が登場するということで、原作ファンの方々としては「ようやく出てくれた」という気持ちがあると思います。菊池がいることで見えてくる芥川さんのこれまでとは違った一面を引き出して、菊池の登場を楽しみに待っていてくれたお客さまに楽しんでもらえたらいいなと思います。


――9月の上演、楽しみにしています! では、最後にファンへのメッセージをお願いします。

久保田:シリーズ1~3作目に出演して、4作目はちょっとお休みになりましたが、こうして5作目でまた戻ってこれました。ようやく芥川を中心としたお話を展開できます。1作目で菊池寛や久米正雄、夏目漱石といったワードだけが登場していたので、今回でようやくお客さまのモヤモヤも解けて、没入できる作品作りができるんじゃないかとワクワクしています。こういうご時世ではありますので、体調管理は1番に考えつつ、無理をしない範囲で観に来ていただいて、楽しんでもらいたいなって思っています。

岩城:新参者なんですが、「文劇」の素晴らしいところを存分に味わってもらえるように取り組んでいきたいと思います。百戦錬磨の先輩方に囲まれて、こんなに学べる現場もなかなかないと思いますので、それに負けじと僕も頑張って、楽しんでもらえる作品にしてきたいです。

***

取材日に初めて顔を合わせたという2人。久保田の言葉に岩城が真剣な表情で頷き、話す岩城の横顔を久保田がニコニコと優しい表情で見守っていた姿が印象的なインタビューとなった。シリーズ5作目、舞台「文豪とアルケミスト 嘆キ人ノ廻旋(ロンド)」では、「新思潮」の芥川・久米・菊池の3人がついに揃う。3人の複雑な関係性がどう描かれるのか、また侵蝕されてしまった夏目漱石の『こころ』はどうなるのか。9月の上演を心待ちにしたい。

取材・文:双海しお/撮影:梁瀬玉実/ヘアメイク:佐々木渚香/スタイリスト:小林洋治郎(Yolken)

DMM
DMM

画像一覧

  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像
  • 久保田秀敏&岩城直弥、親友役に「手応えあり」 それぞれが語る文劇5への期待とは イメージ画像

公演情報

タイトル

舞台「文豪とアルケミスト 嘆キ人ノ廻旋(ロンド)」

公演日程・場所

2022年9月2日(金)~9月11日(日)
東京・品川プリンスホテル ステラボール

2022年9月17日(土)~9月19日(月・祝)
大阪・森ノ宮ピロティホール

出演

芥川龍之介:久保田秀敏
菊池寛:岩城直弥
江戸川乱歩:和合真一
室生犀星:椎名鯛造
エドガー・アラン・ポー:鷲尾修斗
ハワード・P・ラヴクラフト:小林涼
夏目漱石:寿里
久米正雄:安里勇哉(TOKYO流星群)
アンサンブル:佐藤優次、仲田祥司、町田尚規、多田滉、山口渓、田中慶、平澤佑樹、松崎友洸

スタッフ

世界観監修:イシイジロウ
脚本:なるせゆうせい(オフィスインベーダー)
演出:吉谷晃太朗
音楽:坂本英城(ノイジークローク)
主催:舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会
原作:「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)
監修:DMM GAMES

公式HP

http://bunal-butai.com/

公式Twitter

@bunal_butai

(C)2016 EXNOA LLC/舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む