インタビュー

山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ

画像一覧はこちら

ミュージカル・コメディ「ラヴ」が3月24日(水)に開幕する。

“不幸せな大人のためのミュージカル・コメディ”を掲げる本作はもともと、1964年にブロードウェイでストレートプレイとして誕生。後にミュージカル化され、日本では1994年に上演された。今回、山本一慶と橋本真一、井上希美によって再び幕を開ける。

2.5ジゲン!!では、ハリー役・橋本とミルト役・山本に対談取材を実施。舞台「メサイア」シリーズでは相棒役を務めるなど、馴染みの間柄であるお互いの第一印象から本作への意気込み、それぞれが考える“愛”についてなどを聞いた。

──まず、今作へのご出演が決まった際のお気持ちをお聞かせください。

橋本:3人という少人数でのお芝居も、ミュージカルコメディも、僕は初めてです。いろいろと新しい要素に挑戦できることにワクワクしていますし、楽しい時間になると思いました。一慶と過去に共演した時とはまた違う関係を築けることも楽しみです。

山本:もともとミュージカルを専門にしてきたわけではないので、新しい挑戦になると思いました。真一という身近な存在がいてくれるのは安心しますし、楽しみですね。

──橋本さんと山本さんは久しぶりの共演ですね。舞台「メサイア」シリーズでも強い絆を感じさせるお2人でしたが、当時のお互いの第一印象を教えてください。

橋本:僕、「メサイア」ではずっと相棒が不在の役だったんですよね。周りのみんなはバディがいたので、相棒ができるのがすごく待ち遠しかったんです。

そこに来てくれたのが一慶でした。早い段階で壁もなくなって、信頼してお芝居ができる存在になってくれました。一慶は、僕にとって最初からずっと救いでしたね。

山本:真一はすごく純粋な人だと思いました。自分の気持ちをこんなに役に投影して、周りが見えなくなるくらい演じることができるってすごいなと…。

僕は逆に、いろいろと雑念が多かったり計算したりするので(笑)。ピュアでいいなと思いました。

──当時からの共演を経て、現在はその印象に変化はありますか?

山本:僕は変わらないです。ずっと純粋な人だと思っています。今回、ほとんど初めて彼の歌声を聞いたんですが、歌声まで純粋なんですよ。

橋本:出会った当初はなんでも効率よくできるクールな人だと思っていましたが、共演を重ねる毎に、情熱や優しさを持っている人だと感じるようになりました。周囲を見て、いろんなことを考えてくれるんです。僕が持っていないものをたくさん持っていますね。一慶がいるかいないかで僕の芝居も変わりますし、周りにエネルギーを注げる人だと思います。

──お芝居を通して、お互いに影響し合ったところはありますか?

山本:真一がすごく純粋に芝居することが衝撃的でした。

過去の作品の中で、真一が1人で半ページくらい喋るシーンがあったんです。真一はずっとそのシーンが分からないって悩んでいて…。僕はなんで分からないんだろうなと思っていたんですけど(笑)。

2人でいろいろ話し合って、いざお芝居をした時、話し合って決めたこと以上に気持ちが溢れている真一の姿を目の当たりにして、「俺にはできないな…役者やめようかな」って思わされるくらいの純粋さを感じましたね。

橋本:「メサイア」の時には、キャストに役づくりを任されるところも多くありました。キャラクター同士の接点やバックボーンなどの裏設定を考える時の一慶の発想力がすごいんです。

僕が自分の役で悩んでいる時も一緒に考えてくれて、いろいろ紐解くような言葉をくれるんです。僕にはできないことなので何度も助けられていますね。

──今作は主要登場人物が3人だけです。この人数だからこそできること、楽しみなことをお聞かせください。

山本:人数が少ないということ自体がまず楽しみです。もちろん大変だと思いますし、3人で20曲以上歌うことに不安もありますが、それ以上に楽しみがあります。

信頼し合って仲良くなればなるほどミュージカル・コメディとして作品が完成していくと思いますね。

橋本:3人ということに、不安はあまりないです。僕個人については、歌と芝居では喉の使い方が違うので、その融合をどうしようかと考えています。芝居と歌、どちらかに偏らないようにという課題はあります。

一慶も井上希美さん(エレン役)もとても頼れるメンバーなので今は、楽しみしかないですね。

──エレン役の井上希美さんの印象や魅力を教えてください。

山本:クールなタイプの方だと思っていたんですけど、お会いして一瞬でそのイメージはなくなりました。気さくな方で、芝居のことをたくさん話し合っていけると思いました。

橋本:僕もクールな方だと思っていましたが、そんなことはなくて、誰に対しても壁を作らないフランクな方ですね。たくさんの経験をされてきたからこそ、いろんなことを考えられる思考が豊かな人だとも思います。
既にリスペクトしています。

──橋本さんが演じるハリーと山本さんの演じるミルト。それそれどのようなキャラクターでしょうか。

山本:ミルトはすごく情熱的です。愛に対して情熱的だからこそ、普通では考えられないような行動もしてしまう。自分の気持ちを正直に行動に移すところが素敵で、僕にはない魅力を持っている面白いキャラクターだと思いました。僕は無鉄砲な行動をされるのが苦手なので、ミルトと友達になれるかは分からないんですけどね(笑)。

橋本:ハリーはいきなり死のうとするシーンから始まったり、いろいろな過去を抱えているキャラクターだと思います。でも、ミルトの提案を素直に受け入れたり、エレンをすんなり愛したり、前向きに動くことができる純粋な役柄です。できるだけ真っ直ぐに演じたいですね。

山本:真一は似ているんですよね。そのまま演じればいいんじゃない? と思っています。

橋本:似ているからこそ最後には悩んでもしまうかもしれないですね。愛ってなんだろうとか。

──今作は“愛”がテーマですが、お2人にとっての“愛”を感じるのはどのような時でしょうか。

橋本:自分の物事への考え方や価値観を振り返る時、そこに家族を感じる事があります。それは家族が僕のことを愛して育ててきてくれたからだと思うので、僕は家族の存在に愛を感じます。

山本:愛って難しいと思うんですよね。僕はひねくれているので、今まで正解は分からずに生きてきました。

愛は人を惑わせますよね。この物語でも、ハリーは愛を信じたが故に苦労して悩み続けます。愛って、人間にとって必要だけど脆いものだと思います。なくなった時の不安定さを思うと、愛なんてない方がいいかなと考えたりもしますし…。

僕にとっての愛は犬かな。犬は裏切らないですからね。全力で尻尾を振ってくれて、無条件の愛を感じます。飼ってないんですけど(笑)。

──最後に、今作への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします。

山本:ミュージカル・コメディということで、とても楽しめる作品になっています。曲数も多いですし、物語が進むにつれてどんどんスピード感が増してく作品です。

この3人で神経を張り巡らせて、皆さんに素敵な作品を届けたいと思っています。少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。ぜひ足を運んでください。

橋本:歌あり、笑いあり、ダンスありというエンタメ要素が強い作品です。皆さんに楽しんでもらうためには、緻密に計算する必要があると思いますし、気持ちだけでは成り立たない作品なので、みんなで協力して頑張りたいと思います。

このご時世、演劇から少し離れてしまった人も多いと思いますが、その方々がまた劇場に足を運んでくれるきっかけになればいいなと思っています。

文:水川ひかる/撮影:ケイヒカル/ヘアメイク:齊藤沙織/衣裳:渡辺由貴子

画像一覧

  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像
  • 山本一慶&橋本真一、“愛”を感じる瞬間は? ミュージカル・コメディ「ラヴ」で新境地へ イメージ画像

公演情報

タイトル

ミュージカル・コメディ「ラヴ」

日程・会場

2021年3月24日(水)~28日(日)
東京・六行会ホール

出演

山本一慶・橋本真一、井上希美

スタッフ

マレー・シスガル作「LUV」より
脚本:JEFFREY SWEET
作曲:HOWARD MARREN
作詞:SUSAN BIRKENHEAD
演出:宮川安利
音楽監督・ピアノ演奏:宮川知子
監修:笹部博司
製作:アーティストジャパン

公式HP

https://artistjapan.co.jp/performance/luv/

公式Twitter

https://twitter.com/aj_information/

WRITER

水川ひかる
							水川ひかる
						

2.5次元舞台の魅力を全力でお伝えしていきたいと思います。まだまだ駆け出しライター。推しが元気で今日もごはんが美味い!

このライターが書いた他の記事も読む