インタビュー

「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール

画像一覧はこちら

現在ビジュアルボイスドラマが配信中、2021年4月には舞台化を控えているメディアミックス演劇コンテンツ「青山オペレッタ」。

歌劇団「青山オペレッタ」に誕生した新チーム「ノーヴァ」の活躍を描く本作のキャスト陣インタビュー第3弾として、今回は矢地桐久を演じる大平峻也と加賀見祥太を演じる友常勇気の対談取材を実施。声優の難しさとやりがい、舞台で挑戦したいこと、「ノーヴァ」の他己紹介など、本作への想いを聞いた。

インタビュー前の写真撮影から笑いが絶えず、仲の良さが窺える二人。今回が初共演とは思えない息の合った対談となった。和気あいあいとした様子を想像しながら読んでもらいたい。

苦戦した初めての声優業…実感した成長

――「青山オペレッタ」プロジェクトへの出演が決まった際の感想はいかがでしたか?

友常勇気(加賀見祥太役):純粋に嬉しかったですね。声の仕事はしたことがなかったので、この年齢でも新しいことにチャレンジできるっていうのはすごく嬉しいです。

大平峻也(矢地桐久役):広がりがありそうな作品だなって思いました。どんなことになるんだろうって予想できない部分も多くて、顔合わせで初めて「こんなすごいことになるんだ!」ってびっくりしたのを覚えています。

友常:それはあったね。それに、作品自体も次が気になる展開が多くて。普段、舞台作品への出演が多いので、完成された状態の台本をもらうんですが、この作品のボイスドラマの収録では数話ずつ台本をもらうので、僕たち自身も先が分からなくって、それも新鮮だなって思います。

大平:僕は作品が決まると「共演者の方は誰だろう?」って気になるんですけど、「友常勇気」の名前があったので「この作品はいけるわ」って思いました。

一同:(笑)

友常:なんだそれ!

大平:まあ、彼はこの通り舞台業界では随一な存在ですので…(笑)。以前、番組でお互いゲストで出演して、ちょこっとご挨拶させていただいたくらいで、これまでちゃんとした面識はなかったんですけど、顔合わせでお会いしたときに、昔からの知り合いのように話しかけてくれて。

友常:僕、そういうところあるんです。

大平:グッと距離を縮めてくれたので、あ~こういう人が売れるんだなって思いました。

一同:(笑)

大平:じゃなくて、そういう人が周りから愛し愛され、振り振られ…。

友常:どういうことよ(笑)。この人、こういうところあるんです。

大平:つまり、楽しくなりそうだなと思いました!

――声の仕事は初挑戦とのことですが、声優としての難しさややりがいはどこにありますか。

友常:監督からよく言われるのは「聞いていて距離感が分からないね」。対面して話しているとか、相手が遠くにいるとかの差を声だけで表現して、聞いてもらっている方に、その場面を想像させられるようにしないといけないので、勉強になりますね。声優さんてすごいなって。

大平:声優の方って本当にすごいなって思ったのが、数話ずつの収録なので、続きを別の週とか1カ月後とかに録るんですね。最初の頃は、次の収録の時に「自分、どんな声でやっていたっけ?」って分かんなくなっちゃって。

友常:最初はそうなったよね。

大平:だから収録の前に、前回の音声を聞き直してってやっていたんですね。自分の声について、そこまで厳密に考えたこともなかったですし。それに比べると、僕が思っている以上に声優の方は自分の声について知っているんだろうし、考えているんだなっているのは実感しました。

――今回の役では、どんな声で演じようと意識して取り組んでいますか。

友常:僕は“厚み”ですね。いつもより低く声を作っているんですけど、加賀見祥太なりのトップスタアとしてやってきた歴史とかを考えて、声だけでも説得力が出るような作り方をしましたね。色んなアニメを観て、「これくらい圧があったほうがいいのかな?」とか。あとはドラマを観て、凄みのある俳優さんのお芝居を参考にしたりもしましたね。

大平:やっぱり加賀見の声が聞こえてくると、気持ちが律されます。

友常:お、良かった。ありがとうございます。

――ちゃんと“圧”が伝わっているんですね。

大平:(加賀見に)「矢地」って言われると、「あ、また怒られた。うるさいな」ってなるくらい(笑)。

友常:ちゃんとできているみたいで安心しました。

大平:矢地は「気分屋サイコ」という不思議なワードのキャラクターなので、声というよりテンションの使い分けをすごく考えました。それをどう声で表現するんだろうっていう部分を、音響監督さんとか周りの方々に支えられながら、一個ずつ作り上げていった感じですね。

友常:手取り足取りじゃないですけど、それくらい丁寧に細かく教えてもらって。

大平:最初の収録、めっちゃ時間掛かりましたよね。

友常:(しみじみと)掛かったな~、本当に時間掛かった。苦戦も苦戦で、心折れるかと思ったもんな。

大平:心の柱の折れる「ピキッ」て音が聞こえてきてね。

友常:「あ~今ヒビいったな」ってなっていましたね(笑)。

大平:まだまだ勉強しなきゃいけないことは多いんですけど、収録を重ねるうちに最近は収録時間も短くなってきていて、少しずつでも成長しているんだなって実感はしています。

舞台という“1つ目”のゴールへ向けて

――どちらも個性の強いキャラクターですが、どんなところに魅力を感じていますか。

友常:加賀見くんは、とにかくお芝居が好きで、舞台が好きで。周りのこともすごく気にかけている人で、皆との初舞台をどうやって成功させるかっていうのに力を入れていて、真っ直ぐで真面目な子だなっていう印象ですね。

――みんなをまとめるという点でいうと、ノーヴァ内での友常さんの立ち位置にも近いのかなと思うのですが…。

友常:どうですかね~。まだ全員で集まる機会もそうないのですが、これから舞台に向けて稽古が始まっていくので、そのときには最年長だからこそ周りに気が配れる自分でいたいなって思いますね。

大平:いや、友常さんは集まる機会が少ない中でも、すでに僕らのことを引っ張ってくれています。

――ノーヴァの他の4人に行ったインタビューでも、キャストの話題になると皆さん真っ先に友常さんの名前を挙げていらっしゃいました。

友常:え! 本当ですか(笑)。

大平:最初の生放送のとき、6人が揃ったのは顔合わせ以来だったんですけど、根が真面目な子が多くって。友常くんも根はすごく真面目な方だと思うんですけど、率先してボケてくれたり盛り上げてくれたりして、背中を見せてくれる姿勢がすごく“先輩”だなって思いましたね。

友常:いや、嬉しいですね(少し照れつつも満更でもない表情を浮かべて)。

――大平さんは、矢地にどんな魅力を感じていますか。

大平:動じないところですね。自分の気持ちに嘘をつかないというか。そういう人って「扱いにくい」って思う瞬間もあるかもしれないんだけど、周りが不安になっているときに、すごく頼りになる存在だと思うんですよね。

ボイスドラマ2章の最終話に向けてもそういうところが見えていて、矢地がひょうひょうとした感じでポンッと放った一言がみんなを引っ張っていくような場面もあって。その計算ではない素直さがすごくいいところだなって思っています。

――その素直さや真っ直ぐなところは、大平さん自身も持っているんじゃないのかなと思うのですが、いかがでしょう。

大平:僕はひねくれているので(笑)。

友常:いやいやいや、真っ直ぐでしょ。

大平:そうだと良いなと思いつつも、どっちかっていうと自分では気分屋だなって思うので、矢地の自分を貫くところには憧れますし、そうなれたらいいなって思っています。

――ノーヴァには、一芸に秀でていて、かっこいいキャッチコピーが付いているキャラが多いですね。お二人がノーヴァに所属しているとしたら、お互いにどんなキャッチコピーを付けたいですか。

一同:(熟考して)

友常:難しいな~。「本当は素直で良い子です、大平峻也」とかどうですか!

大平:う~ん、もうちょっとひねってほしいですね……。

友常:(キレのあるノリで)やかましいわ(笑)。

大平:「実は神経質で寂しがり屋です、友常勇気です」!

友常:あ~それはあるな。あるある。あとは「若作り頑張ってます、友常勇気」とか(笑)。

大平:いや! あなたは若いです(笑)。これで二人ともOKっていうことにしてください!

――ありがとうございます、バッチリです! 2.5次元作品に出演されることも多いお二人ですが、原作があるキャラクターを演じる際と今回で、役作りの違いなどあれば教えてください。

友常:原作があると漫画やアニメであったりと情報量が多いんですよね。なので今作は、意識としては一から作っていくので、原作なしの舞台と同じ感覚ですね。ヒントが少ない分、自由度も増すんじゃないのかなって。

大平:舞台を多く経験している分、やっぱり4月の舞台が1個目のゴールみたいな意識があって。だから、自分が舞台に立ったときに、どうすれば役の自由度を狭めないでいられるかっていうのは考えています。

あんまり声を作りすぎてしまうと、どうしても本人が演じているから違和感が出ちゃうと思うんですよね。舞台上でも同じ声のトーンで演じられるように、舞台での動きとかも想像してやっているところはあります。

友常:声の収録だと、舞台での演じ方とはやっぱり違うから、舞台になったときにたしかに戸惑っちゃいそうだよね。

大平:声優的技術がそんなにあるわけじゃないから、そうやって舞台に当てはめてみたりしながら試行錯誤していて。舞台で演じるときに「不自由がないように」っていうのを意識していますね。

――では、舞台で楽しみなこと、挑戦してみたいことはありますか?

友常:お客さまの中には、想像しているキャラの動きがあると思うんですよね。それを裏切らない、だけど良い意味で裏切るっていう動きの作り方をするのが楽しみですね。あとは舞台だけのコーナーがあっても良いなと。日替わりネタ的な面白コーナーとかを入れるのも、舞台ならではって感じでいいかもしれないですね。

色んなことにチャレンジできそうな作品なので、台本があがってきたら演出家さんとかとも話し合って、楽しいことをやりたいなって思っています。

大平:ラジオドラマから入って舞台化という形なので、何が起こっても新鮮なんだろうなって思います。いつも以上に試行錯誤するのかなと思いますし、楽しくなりそうなメンバーが揃っているんでね。7公演しかないですけど、一つずつ全力で楽しめるんじゃないかなと思っています。

――大平さんは舞台上でベネラの姿も披露することになりますね。

大平:ベネラに関しては背中だけが心配です(笑)。背中って自分じゃ見えないじゃないですか。どうします!? 僕が知らないだけで背中にオリオン座みたいなホクロがあったりしたら! しかもお客さんに「あ、オリオン座の人だ」って覚えられちゃったら複雑じゃないですか(笑)。

友常:じゃあ(宮嶋あさひ役の長江)崚行は北斗七星にしなきゃな(笑)。

大平:僕、これまで舞台上で背中を出したことが一度もないので、それだけが心配です!

他己紹介で伝わるメンバーの関係性

――ノーヴァメンバーの他4人の他己紹介をお願いします。まずは宮嶋あさひ役の長江さんはどんな方でしょうか。

友常:ほんっとに素直な……。22歳だっけ? 若いのに生真面目な子だな~って思いますね。

大平:彼は天才なんですよ。もちろん努力量もすごいし、とにかく集中力がすごくって。

以前、彼と共演したときにけん玉の上手な先輩がいらっしゃって。その方にけん先に玉を刺す技(とめけん)をやってみろって言われたけど、一度も成功しなかったんですよ。でも「お前は天才だからカメラ回したらできるよ」って言って、カメラを回したら一発で成功して。

そんなこともあったくらい、集中力に関してはずば抜けている子だなって思いますし、仕事に対してすごく準備してくるし、すごいなって思います。

――斎鷹雄役の中山優貴さんはいかがでしょうか。

大平:優貴くんに関しては、最初は友常くんも「ゆうき」だったので、どう呼んだらいいのかなって迷ったのを覚えていますね。

友常:スタイルも良いし斎さんまんまですね。好青年という印象です。

大平:この前、一緒にラジオをやらせてもらって、ちゃんと喋ったのはそれが初めてだったのかな。王子様系のイメージだったし喋り方も穏やかなので、斎さんまんまの人なんだなって思っていたんですけど、すごく考えている人なんだなって。意外と天然じゃなくって、しっかりしている人なんだなってびっくりしたのを覚えています。舞台上ですごく頼れる人なんじゃないかなって思いました。

――長衛輝夜役の矢部昌暉さんはどんな印象ですか。

大平:いや~猫飼っていてほしいですね。

一同:(笑)。

友常:(他己紹介も)3人目なんですけど、なんですかね、最近の若い子は素直なんですかね(笑)。昌暉も本当に素直な子で、「今日よろしくおねがいします! いつも頼っちゃってすみません!」みたいに言ってくれて。(しみじみと)本当に良い子です。自分が若い頃、こんなに素直だったかな~って思っちゃいますね(笑)。

大平:きっと素直でしたよ! あと、彼は声がかっこいいですね。声が素敵で、最初は声優経験者かと思ったくらいブレなくって。それを聞いて、「やばい、自分もっと頑張んなきゃな」って思わされた相手ですね。この前、収録が一緒だったんですけど、マイクの前に立つとバッとスイッチが入るので、周りの人にやる気を起こさせる存在だなって思いました。

――最後に櫻井ノエ役の大隅勇太さんについてお願いします。

友常:勇太もほんっとうに良い子なんですよ。もうどうしたって可愛い。あとは一番不思議な空気感を持っている子だなって。だから舞台に立ったらどういうお芝居持ってくるのかなって楽しみですね。

大平:僕は勇太くんにあとちょっとで「大好き」になってもらえるらしいんで頑張ります。

友常:え! そういうのがあるの(笑)。

大平:「僕のこと好き?」って聞いたら「あとちょっと」って、この前ラジオで言われたので(笑)。あとちょっと何かが必要なんですよね。この前はちょっとグイグイいっちゃったので、次は引いてみて寂しさを与えてみようかなと思っています(笑)。でも、読みきれない感じがすごくノエに合っていますよね。

友常:そうね、不思議な感じがね。

大平:一緒にやっていると楽しいですね。どういうこと考えているのかなって掴みきれないので。

――まだ全員で集まる機会はそう多くないとのことですが、6人の仲の良さが伝わってきますね。

大平:それに関しては、本当にこの方(友常)のおかげです。友常くんのコミュニケーション能力が高すぎて、みんな初対面で「あれ? 僕たち仲良い…ね?」っていつの間にかなっていて。

一同:(笑)

大平:本当に初対面とは思えなくって。僕、マネージャーさんに聞いちゃいましたもん。「僕二十歳になってから共演してないですよね?」って(笑)。前一緒にやったかな、あの現場にいたかなって、過去の思い出に入ってくるくらいの方で。最初から壁がないので、本当に信頼しています。

友常:皆が入ってこられるように「いらっしゃいませー」って開けてあるからね。

大平:この人がいれば現場が楽しくなるんだなっていう方なので、最強ですね。

友常:恐縮でございます(笑)。

――素敵なお話をありがとうございました。では、最後にファンへのメッセージをお願いします。

友常:こうやってたくさんお話させていただいて、僕の気持ちも大隅の気持ちも……。

大平:ねえ、今「大隅」って言った? え! この人、今「大隅」って言った!

友常:(小声で)ごめん、ごめんって。あとでジュース買ってあげるから。

大平:ありがとうございまーす!

友常:(気を取り直して)僕らの気持ちも伝わったと思うので、ぜひとも4月を楽しみに待っていていただければと思います。素敵な舞台をお届けします!

大平:最初の生放送のときにも言いましたが、次に何が起こるか分からない“プレゼントボックス”みたいな楽しみをくれる作品なので、今度は舞台になって、演出とかもどうなるのか分からないから、僕らもドキドキしていますし、劇場では皆さんにも一緒にドキドキしてほしいです。

舞台化のその後もどうなるのか僕らも分かっていなくて、ドキドキワクワクしながら作品に向き合っているので、ぜひ一緒に楽しんでもらえたらいいなって思います。舞台でお会いしましょう!

* * *

インタビュー第3弾にして「ノーヴァ」メンバーのラストを飾った大平峻也と友常勇気。長年の友人のような軽快なトークが弾むインタビューとなった。

キャスト自身が何よりも次の展開を楽しみにしていると語る「青山オペレッタ」。現在進行中のボイスドラマと併せて、4月の舞台では、さらに作品の世界が広がることになるのだろう。

舞台上の「ノーヴァ」6人は一体どんな物語を観せてくれるのか。開幕が待ち遠しい。

取材・文:双海しお/撮影:ケイヒカル
大平峻也 衣装:Tシャツ、パンツ(すべてKOH’S LICK CURRO)、その他スタイリスト私物/友常勇気 衣装:シャツ、カーディガン、パンツ(すべてKOH’S LICK CURRO)、シューズ(SLUT 本店)

画像一覧

  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像
  • 「青山オペレッタ」大平峻也&友常勇気、他己紹介で伝わるノーヴァの魅力 舞台化は“1つ目”のゴール イメージ画像

公演情報

タイトル

『青山オペレッタ THE STAGE〜ノーヴァ・ステラ/新しい星〜』

企画・原案

サイバード

キャラクターデザイン

滝田ちひろ

キャスト

宮嶋あさひ役:長江崚行、斎鷹雄役:中山優貴、櫻井ノエ役:大隅勇太、長衛輝夜役:矢部昌暉、矢地桐久役:大平峻也、加賀見祥太役:友常勇気

相良明之介役:杉江大志、美園爽人役:丘山晴己、南雲朝斗役:北川尚弥

槙晋作役:利根健太朗

夢咲辰樹役:下野紘(声の出演)

公演情報

会場:東京・渋谷区文化総合センター大和田4階 さくらホール
日程:2021年4月22日(木)〜4月25日(日)

スタッフ

脚本:伊勢直弘
演出:村井雄(KPR/開幕ペナントレース)
製作・著作:青山オペレッタTHE STAGE製作委員会

舞台公式サイト

https://stage-aoyamaoperetta.com

(C)青山オペレッタ

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む