レポート

北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」

画像一覧はこちら

焼酎メーカーと2.5次元舞台などで活躍する俳優がタッグーー。「黒伊佐錦」などで知られる大口酒造(鹿児島県伊佐市)が、ミュージカル『刀剣乱舞』などで知られる俳優の北園涼さんを迎えてオンライン飲み会を開いている。一見、似つかわしくない組み合わせのイベントは3月で3回目になる。なぜ、こんなコラボが生まれたのか。大口酒造の向原英作会長に話を聞くと、業界の先行きも見据える思いがあった。

オンライン会議システムZoomを使い、北園さんとファンが一緒に焼酎を楽しむ。「涼飲み」と題し、クイズを行ったり、質問コーナーを設けたり。ファンにはたまらない空間がそこにある。大口酒造が販売する対象商品を買って応募すると、抽選で15人が参加できるという仕組みだ。これまで応募したのは、9割が20~40代のファンの女性。毎回、200人前後の応募があるという。

2021年3月に始まったイベントは来月で3回目。今回は焼酎だけでなく、地元料理の「豚みそ」「お茶」「IMO(いも)豚」もセットにして販売するようにした。焼酎だけでなく、地元産品、地元料理も知ってもらいたい。そんな意図もある。北園さんが、オンラインイベント中に、焼酎を作る過程で生まれる焼酎粕を飼料として食べたIMO豚を料理する予定だ。

「北園さんが鹿児島県出身で、一緒に鹿児島を盛り上げようというのが大きいんです」と、向原会長はこの企画の意図を語る。共通の知り合いがおり、北園さんが大口酒造の蔵を見学に来たのがきっかけだったという。向原会長は北園さんと焼酎を飲み交わすようになり、2017年に地元テレビ局が主催するイベントに北園さんを呼んだ。

イベントは鹿児島で開催された。それにもかかわらず、関東、関西を中心に北園さんのファン100人ぐらいがやってきた。なかには、イベント中、最初から最後まで、北園さんの情報、裏話を聞きたいと、大口酒造のブースから離れないファンもいたという。向原会長は、その熱量に驚いた。

その後、北園さんに誘われ、大阪で開かれたミュージカル『刀剣乱舞』の公演を訪れると、向原会長はその人気ぶりに驚いたという。平日の昼間にもかかわらず、会場の大阪城ホールは満員。引き込まれるステージと演出。思わず、「すごい世界だ」とつぶやいた。「このエネルギーとコラボしたい。北園さんを通じて、鹿児島の魅力を発信したい」と感じた。

新型コロナウイルスの影響で舞台の延期が相次いだ時に企画したのが、「涼飲み」だった。何より驚くのは、ファンの反応の良さだという。毎回、イベントの告知を自社のウェブサイトに出すと、わずか1時間で数多くの申し込みが入ってくる。こんなことは、他の企画では例がないという。

「こんな企画をやるのは、あなたぐらいしかいない」と同じ焼酎メーカーの仲間から言われるという。ただ、そこは、向原会長の焼酎業界に対する思いがある。2000年代前半の焼酎ブームはやがて、ハイボールブームに変わり、そしていまはレモンサワーに変わりつつある。「今後、日本酒、ワインがまたブームになるかもしれない。次に焼酎の人気が来るように、常に仕掛けていかなないといけない」と話す。まして、北園さんのファンの多くは女性で、焼酎メーカーがなかなかその魅力を伝えるのが難しい層でもある。

近年は、若者のアルコール離れが指摘され、何かないとお酒を飲まない人も増えつつある。とはいえ、楽しい場があれば、お酒はすすむ。だから、ファンに楽しい時間を持ってもらえるよう、「涼飲み」は参加できる人数は15人限定にした。それだけに語る。「焼酎を造るだけでなく、安くて楽しく飲める場を作ることも大切にしないといけないんじゃないかな。それが、メーカーの役目だと思います」。北園さんとのイベントにはそんな思いも込めている。

画像一覧

  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像
  • 北園涼と焼酎メーカーがタッグを組むわけ 「一緒に鹿児島を盛り上げたい」 イメージ画像

公演情報

WRITER