ニュース

堤幸彦・川尻恵太が手掛ける「百合と薔薇」が上演決定 薔薇公演では崎山つばさ・猪野広樹らが出演

映画・ドラマ・舞台等、数多の大ヒット作を手掛ける日本有数の大ヒットメーカー堤幸彦のリーディングステージ最新作、Reading Stage「百合と薔薇」の上演が発表された。

本作の公演期間前半はオール女性キャストによる百合公演、後半はオール男性キャストによる薔薇公演で上演する異色作品とのこと。

鬼才・堤幸彦のリーディングステージに挑むのは、俳優・声優・アイドル・芸人・2.5次元界の超豪華なトップランナーたち。1公演4名が出演し1名以外は日替わり出演となり、総勢38名の豪華なキャスト陣が、パンチの効いたハートフルな朗読劇をお贈りする。

脚本は乃木坂46舞台「じょしらく」や、体内活劇「はたらく細胞」などの他、構成作家等々マルチに活躍する川尻恵太が担当。

演出・堤幸彦

映画監督・演出家。
1955年生まれ、愛知県出身。

1995年、演出を務めたドラマ『金田一少年の事件簿』が高い評価を獲得。

以降、『トリック』『SPEC』『池袋ウエストゲートパーク』『視覚探偵 日暮旅人』などヒットドラマを手がける。

映画監督としても『20世紀少年』シリーズ、『明日の記憶』『BECK』『イニシエーション・ラブ』『天空の蜂』『真田十勇士』など、多ジャンルの話題作を手掛け、2018年11月には『人魚の眠る家』、2019年には『十二人の死にたい子どもたち』が公開された。

また、舞台ではこれまで『琉球ロマネスク テンペスト』『悼む人』『真田十勇士』『魔界転生』等を演出。

脚本・川尻恵太

脚本家・演出家、SUGARBOY主宰。

1981年生まれ、北海道出身。

2000年に北海道・札幌で劇団ギャクギレを旗揚げし、2010 年の解散までほぼすべての作品の脚本・演出を担当。

2006年に上京後、ラーメンズ及び、小林賢太郎作品の演出補、エレキコミック、エレ片の構成作家を務め、お笑いから演劇まで幅広い作品を発表してきた。

2018年10月にふぉ~ゆ~主演「放課後の厨房男子」(脚本)、11月に「体内活劇『はたらく細胞』(脚本)を手掛けた。

Reading Stage「百合と薔薇」とは

この世界には様々な恋の形があり、その恋の色はすべて違うもの。それは、異性との恋であっても、同性同士の恋であっても、同じこと。

本作Reading♥Stade「百合と薔薇」では、同性同士の恋をテーマに誰しもが共感し、応援したくなるようなピュアな恋心を描いたオリジナル作品。

令和元年の初夏、一番ピュアな恋に、胸をときめかせてみるのはいかがだろうか。

公演情報

タイトル

Reading Stage「百合と薔薇」

演出

堤幸彦

脚本

川尻恵太(SUGARBOY)

劇場・日程

2019年6月5日(水)〜6月16日(日)
品川プリンスホテル クラブeX

キャスト

【百合公演】
6月5日(水)19:00
汐月しゅう
西川美咲
佐々木美玲(日向坂46)
野口かおる

6月6日(木)19:00
相羽あいな
寿美菜子
伊藤純奈(乃木坂46)
野口かおる

6月7日(金)19:00
立道梨緒奈
夏川椎菜
伊藤理々杏(乃木坂46)
野口かおる

6月8日(土)15:00/18:00
石井美絵子
高垣彩陽
菅井友香(欅坂46)
野口かおる

6月9日(日)15:00/18:00
豊崎愛生
星波
守屋茜(欅坂46)
野口かおる

6月10日(月)19:00
長谷川愛
三森すずこ
松田好花(日向坂46)
野口かおる

【薔薇公演】
6月11日(火)19:00
崎山つばさ
前山剛久
中尾暢樹
なだぎ武

6月12日(水)19:00
宮崎秋人
三浦涼介
水江建太
なだぎ武

6月13日(木)19:00
荒木宏文
西山宏太朗
小澤廉
なだぎ武

6月14日(金)19:00
染谷俊之
佐奈宏紀
富園力也
なだぎ武

6月15日(土)15:00/18:00
本郷奏多
梶裕貴
小野塚勇人(劇団EXILE)
なだぎ武

6月16日(日)15:00/18:00
高橋広樹
猪野広樹
定本楓馬
なだぎ武

チケットについて

詳細は公式サイトから

公式サイト

https://www.nelke.co.jp/stage/yuritobara/

主催

ネルケプランニング

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む