ニュース

今江大地出演 爆笑法廷劇『12人のおかしな大阪人2023』が東京・大阪で上演へ

画像一覧はこちら
DMM
DMM

『12人のおかしな大阪人2023』が2023年1月7日(土)~1月17日(火)に東京・紀伊國屋ホール、2023年1月21日(土)~1月22日(日)に大阪・松下IMPホールで上演される。

本作は、ヘンリー・フォンダ主演映画『十二人の怒れる男』のオマージュ作品。「陪審員を、全員大阪人にしたらどうだろう?」というアイディアを元に東野ひろあきが脚本を書き、1995年に初演が行われた爆笑法廷劇。2021年11月に大阪で再演され、今回は東京と大阪で3度目が上演される。

陪審員として集められた12人は性別、年齢、職業、環境、全てがばらばら。審議するのはある1人の男性が亡くなった事件。被告人は亡くなった男性と付き合っていた女性だった。彼女が有罪か無罪かをめぐり、激しい議論を繰り広げられ…。

大学生役には今江大地(関西ジャニーズJr.)、営業職のサラリーマン役にはうえだひろし(リリパットアーミーⅡ)、妊娠中の主婦役には内山絢貴(劇団五期会)、水商売の女性役には大江雅子、塾の教師役には大熊隆太郎(壱劇屋)、議長に任命された男性役には木内義一(テノヒラサイズ)、小学生役には古場町茉美(Z system)、とある会社の会長役には多和田任益、初老の女性役には早川丈二(MousePiece-ree)、喫茶店のマスター役には古川剛充(ゲキゲキ)、作家役にはボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)、運転手役には前田晃男(ボラ☆ボラ)が名を連ねた。日替わりゲストとして、警備員役には東野ひろあき、茂山宗彦、ドヰタイジ(STAR☆JACKS)、桂九雀が出演。企画・台本・演出はわかぎゑふ、脚本は東野ひろあきが務める。


企画・ 台本・演出:わかぎゑふ コメント

「つい喋る12人」大阪人はお喋りで面白いと世間の人は言う。決してそんなことはない! みんな普通の人間である。ただ、日本中に旅して思うことは「大阪人は言葉が身体からこぼれてる」傾向にあるかもしれない、ということだ。奥ゆかしい日本人は鞄のファスナーが開きっぱなしで歩いてる人が居ても恥ずかしいのか、遠慮するのか声はかけない。しかし大阪人は「カバンのチャック開いてるで!」と平気で言い放つ。この現象が他県の人よりお喋りだと思われているようだ。しかし他県の人も口に出さないだけで、心の中で「あ、あの人。カバンのチャックが開けっぱなしだ、大丈夫かな?」と思ってるはずである。大阪人はそれがつい口に出るだけなのだ。そう、だから大阪人の特徴は「身体から言葉がこぼれてる」ということなのだ。要するにあまり物事を考えずに、つい喋る人が多いわけである。(アホばっかりか! というツッコミは今入れてください)そんな人間が陪審員として12人寄せ集められたら? 「12人のおかしな大阪人」という芝居は人間がつい喋ると、どこまで脱線するか? という実験のようなものである。あるいは人の無駄話をどこまで聞いていられるか? という忍耐の訓練でもあるかもしれない。お客さまには「ほんまにオモロい話はいつまでも聞いてられるから、ええけどね」と言ってもらえるように作らねばならない。ヤバいなぁ。頑張ります! 役者が!


DMM
DMM

画像一覧

  • 今江大地出演 爆笑法廷劇『12人のおかしな大阪人2023』が東京・大阪で上演へ イメージ画像
  • 今江大地出演 爆笑法廷劇『12人のおかしな大阪人2023』が東京・大阪で上演へ イメージ画像
  • 今江大地出演 爆笑法廷劇『12人のおかしな大阪人2023』が東京・大阪で上演へ イメージ画像
  • 今江大地出演 爆笑法廷劇『12人のおかしな大阪人2023』が東京・大阪で上演へ イメージ画像

公演情報

タイトル

『12人のおかしな大阪人2023』

公演期間・劇場

2023年1月7日(土)~1月17日(火)
東京・紀伊國屋ホール

2023年1月21日(土)~1月22日(日)
大阪・松下IMPホール

企画・台本・演出

わかぎゑふ

脚本

東野ひろあき

出演

今江大地(関西ジャニーズJr.)
うえだひろし(リリパットアーミーⅡ)
内山絢貴(劇団五期会)
大江雅子
大熊隆太郎(壱劇屋)
木内義一(テノヒラサイズ)
古場町茉美(Z system)
多和田任益
早川丈二(MousePiece-ree)
古川剛充(ゲキゲキ)
ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)
前田晃男(ボラ☆ボラ)

日替わりゲスト
※東野ひろあき、茂山宗彦、ドヰタイジ(STAR☆JACKS)、桂九雀

公式HP

https://12osakajin.com/

公式Twitter

@12_Osaka_stage

WRITER