ニュース

舞台「巌流島」に猪野広樹が出演 武蔵の生き様を見つめる従者を演じる

DMM
DMM

舞台「巌流島」に猪野広樹が出演する。

本作は、剣豪・宮本武蔵と佐々木小次郎の「巌流島の戦い」に焦点をあてており、新解釈、新設定をもとに新たに脚本を創り上げ、オリジナル作品として上演。

猪野広樹は、武芸者としての武蔵の生き様を見つめる従者・辰蔵を演じる。また、既に発表されている横浜流星、中村隼人に加え、荒井敦史、田村心、岐洲匠、押田岳、宇野結也、俊藤光利、横山一敏、山口馬木也、凰稀かなめの出演も発表された。


猪野広樹 コメント

久しぶりの時代劇への出演にわくわくしています。生と死が今よりもっと身近でもっと近接的な時代。文明開花まで続いた武士の時代。この作品をその何百年の間に起こった1つの事実と捉え、1人の生きざまを大切に演じることができればと思います。様々なものがグローバルになり、多種多様な価値観が産まれる昨今で、日本にしかできないエンターテイメントをお届けできるよう努めてまいります。


公演は2023年2月10日(金)~2月22日(水)に東京・明治座、2月25日(土)~2月26日(日)に石川・本多の森ホール、3月1日(水)に新潟・新潟県民会館、3月4日(土)に秋田・あきた芸術劇場、3月8日(水)に愛知・センチュリーホール、3月11日(土)~3月12日(日)に兵庫・神戸国際会館、3月15日(水)に香川・レクザムホール、3月18日(土)~3月27日(月)に福岡・博多座で行われる。

DMM
DMM

公演情報

タイトル

『巌流島』

公演期間・劇場

2023年2月10日(金)~2月22日(水)
東京・明治座
東京・金沢・新潟・秋田・名古屋・神戸・高松・福岡 全国8ヶ所で上演

脚本

マキノノゾミ

演出

堤幸彦

出演

横浜流星、中村隼人 ほか

企画・製作

日本テレビ

公式HP

https://ganryujima-ntv.jp/

WRITER