ニュース

手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く

画像一覧はこちら

手塚治虫原作のミュージカル『アラバスター』が6月25日(土)〜7月3日(日)に東京・東京芸術劇場プレイハウス、7月10日(日)に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演される。

原作の「アラバスター」は、1970〜1971年に「週刊少年チャンピオン」で連載された作品。美しいものをねたむ、人間の深い心の闇を鋭く描いたSF犯罪サスペンスで、手塚治虫自身が“嫌悪する作品”として挙げた異色作だ。

今作では、「アラバスター」をベースに荻田浩一が脚本・演出を担当。人間の奥底に潜む“復讐・憎悪の心”と“歪んだ愛”を主題に、欲望が渦巻く世界で翻弄される人々の運命を描いていく。

アラバスターをLE VELVETS・宮原浩暢、少年・ゲンをLead・古屋敬多、捜査官・ロックを矢田悠祐、元検事・小沢ひろみと力仁の親子をAKANE LIVと馬場良馬、ヒロイン・亜美を涼風真世がそれぞれ演じる。ほか、キャストは治田敦、田村雄一、遠藤瑠美子、 穴沢裕介、岩橋大ら。


宮原浩暢(LE VELVETS) コメント

人間の深い闇を描いたSF犯罪サスペンス、手塚治虫原作、そしてオリジナルミュージカル、これを聞いて心が躍らないわけはありません。裏切り、復讐、嫉妬から生まれた自らの歪んだ正義を振りかざし、罪を犯していく渦中の人物アラバスター。全身全霊で役を生きたいと思います。そして、魅力溢れる役者達と共に、皆さまをアラバスターの暗い影の世界へ誘っていきます。


古屋敬多(Lead) コメント

ゲン役で出演させていただきます、古屋敬多です。手塚治虫先生の隠れた名作といわれる『アラバスター』、そのオリジナルミュージカルに出演できることをとても嬉しく、光栄に思います。社会に反発しながらも自分の正義に従い、強い意志で行動を起こすゲンは物語を動かすきっかけとなる人物の一人です。そんなゲンを演じることは僕にとって新たな挑戦となりますが、魂燃やして全力で頑張りたいと思います。


馬場良馬 コメント

皆さま、はじめまして馬場良馬と申します。僕は小学生の時に図書館で手塚治虫先生の漫画を読み漁っていた時代があるので、 この作品に出演できることとても嬉しく思っています。ミュージカルに出演する機会があまりないので不安もありますが精一杯努めて、この『アラバスター』の素敵な世界観を皆さまにお届けできるよう頑張ります。


矢田悠祐 コメント

ロック役を演じさせていただきます。矢田悠祐です。今回演じるロックは美醜に異常なこだわりを持った捜査官です。ロックはとんでもないナルシストなので、その発言に負けないように今からお肌のケアなどもしっかりしていこうと思います。皆さんにいい意味で嫌われるように頑張ります。


AKANE LIV コメント

子どもの頃、テレビで放映された「火の鳥」を観て、壮大なスケールで描かれた人間の愛、美、醜を表現したアニメに初めて触れ、凄い衝撃を受けました。今作も、人間の深い内面、闇を描いた作品。素晴らしいスタッフ・キャストの皆さまと共に手塚先生ワールドに参加できることを感慨深く嬉しく思います。


涼風真世 コメント

新たな表現舞台にチャレンジできることに感謝の気持ちを忘れず、荻田さんWORLD(世界観)を信じ、透明な身体を持つ「亜美」として生きる覚悟です。皆さま、ミュージカル『アラバスター』ご期待ください。


(C)Tezuka Productions

画像一覧

  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像
  • 手塚治虫「アラバスター」がミュージカル化、宮原浩暢・古屋敬多ら出演 復讐、憎悪、歪んだ愛を描く イメージ画像

公演情報

タイトル

ミュージカル『アラバスター』

日時・会場

2022年6月25日(土)〜7月3日(日)
東京・東京芸術劇場プレイハウス

2022年7月10日(日)
大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

原作

手塚治虫

脚本・演出

荻田浩一

音楽

奥村健介

企画協力

手塚プロダクション

出演

宮原浩暢(LE VELVETS)/古屋敬多(Lead)、馬場良馬/治田敦、田村雄一、遠藤瑠美子、穴沢裕介、岩橋大/矢田悠祐、AKANE LIV/涼風真世

主催

ミュージカル『アラバスター』製作委員会

公式HP

https://www.musical-alabaster.com/

公式Twitter

@mu_alabaster

WRITER