ニュース

反橋宗一郎、南三陸町を訪問 復興支援マスクによる募金を届ける 「終わらせましょう。復興を」

反橋宗一郎が3月9日、自らデザイン・監修を務めた復興支援マスクの売上による募金を、南三陸町・佐藤仁町⻑に直接届けた。

東日本大震災後、ボランティアやPR動画などの制作を通じ、南三陸への支援活動を行ってきた反橋。今回は、反橋と、南三陸でバッグを製造しているアストロテックのタッグで実現したチャリティーで、売上のうち、チャリティーマスク(架け橋マスク)の原価がアストロテックへの支援金に当てられ、残り全額が南三陸に寄付された。募金を届けるための南三陸への旅には、反橋の考えに賛同した鷲尾修斗も同行した。

「架け橋マスク」の売上枚数は1000枚を超えた。反橋や鷲尾をはじめ、舞台仲間が積極的に宣伝、拡散協力を行ったという。


反橋宗一郎 コメント

震災から11年が経ちました。町は毎年新しい施設が建って行きますが、復興はまだまだ終わってませんし、現在も2523名の方が行方不明のままだそうです。

ボランティアがきっかけで、現地を訪れてそこから僕にできる復興支援はなんだろうと考え、様々な方法で復興支援に参加しています。そんな中はじまってしまったコロナ禍。南三陸町でバッグなどを制作しているアストロテックの佐藤さんから、「人が南三陸町へ訪れることが1番の復興支援なんだ」と教えていただき、また、南三陸町もコロナの影響を受けているとのお話を聞きました。そこで生まれたのが、僕がプロデュースしてアストロテックさんで制作してもらい、売上げはアストロテックさんと南三陸町の復興支援に募金ができるという復興支援マスクの架け橋マスクでした。

皆さまのご協力もあり、約1600枚ものご購入があったそうです。募金金額を選べるシステムを組んでいたのですが、募金金額が1番高い商品が1番購入されていたのも驚きでした。そして、その架け橋マスクの募金金額をまとめて3月9日に南三陸町の町⻑さんに、皆さまの想い代表して渡させていただきました。

とても優しい町⻑さんで、少しの間お話しもできたので、僕が復興支援に参加している経緯、そして、これから何がしたいのかを話しました。僕はエンタメの力で復興できるのではと信じています。人が訪れることが復興支援になるのだから、むしろこれが1番なのではないかと信じています。

だから僕はこの土地で舞台やLIVEをしたいです。その施設を作りたいし、線路だって通したい。それが僕にできる復興支援かなと。

何を言ってるんだと、何ができるんだと思われるかもしれませんが、元を辿れば僕なんか震災前の南三陸町へ行ったこともないし、なんにも関係がなかったは人で、たまたまボランティアで訪れたことがきっかけで、復興支援へ立ち上がった人です。きっかけ一つなんです。僕の強みは、伝えることです。今これを読んでる人が、この記事がきっかけで立ち上がってくれるかもしれない。僕なんて人間は1人じゃなんもできませんが、皆さんがいればなんでもできると思ってるんです。

自然災害はこの先もなくならないです。新たな被災地だって増えてくると思います。だから復興を終わらせなきゃいけないんです。行方不明の方々だって、見つけたいです。

皆さんができる復興支援はなんでしょうか? 復興を終わらせられるのは、被災された方々ではなく被災してない僕たちなのではないでしょうか。一緒に終わらせましょう。復興を。


WRITER