ニュース

荒牧慶彦、俳優デビュー10周年記念でプロデュース公演開催へ 新人俳優オーディションも

荒牧慶彦が俳優デビュー10周年を迎える2022年10月に、自らプロデュースする殺陣をメインとした公演、荒牧慶彦俳優10周年記念公演『殺陣まつり ~和風三国志~』を東京・明治座で上演する。

公演に合わせて、荒牧慶彦の事務所・Pastureが、新人男性俳優を募集するオーディションを開催する。オーディション合格者は『殺陣まつり~和風三国志~』でお披露目される。オーディションは今年3月より開始予定で、審査員はネルケプランニング会長・松田誠、明治座専務取締役・三田光政、ドラマ「あいつが上手で下手が僕で」総合演出・橋本和明、荒牧らが務める。詳細は荒牧のオフィシャルサイトなどで後日発表される。


荒牧慶彦 コメント

荒牧慶彦です。俳優10周年を迎えるにあたり、新しいことに挑戦しようと思います。それが自主プロデュース公演と所属俳優オーディションです。僕の事務所・Pastureは「牧場」の意味です。芸能事務所と銘打ってはいますが、僕自身は事務所というよりも“ギルド”のようなイメージをもっています。各々が独立していて、それぞれの能力を持ち寄って様々なミッションをクリアしていきたい。今後、所属する俳優やクリエイターが増えていってもその気持ちは変わりません。まさに放牧された才能のある人たちが休息したいとき、相談したいとき、飛躍したいときに立ち寄る場所がPastureであったらいいなと思っています。Pastureに“new”という単語を加えて慣用句にすると「新しい活動の場」という意味にもなります。新しく加わっていく人たちによって変化し、「新しい活動の場」が広がっていくこと、それこそがPastureの企業理念です。どんな役者が新しく、僕らの仲間になってくれるのか楽しみです。それは僕たちを応援してくださるファンの皆さんとも創り上げていけるものだと思っています。今後ともPastureをどうぞよろしくお願いいたします。


(C)Pasture

WRITER