ニュース

荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表

画像一覧はこちら
DMM
DMM

舞台専門配信サイト「シアターコンプレックス」が2022年のオリジナルプログラムを発表した。

発表されたのは、荒牧慶彦プロデュース「演劇ドラフトグランプリ」、石田明(NON STYLE)がナビゲーターを務める「演劇ノート」、佐藤流司プロデュース『カストルとポルックス』、コラボレーション企画「BookLive×シアターコンプレックス」の4つ。

荒牧プロデュースの「演劇ドラフトグランプリ」では、ドラフト会議によって選ばれた俳優や演出家などが、人数や上演時間などのレギュレーションに沿ってオリジナル演劇を制作し、2022年6月に開催する1日限りの演劇の祭典で作品を披露する。番組ではドラフト会議から演劇本番までを放送する。

佐藤プロデュースの『カストルとポルックス』では、佐藤が脚本・演出に挑戦し、2023年に上演する『カストルとポルックス』の創作活動の模様がドキュメントとして送られる。

「演劇ノート」では、「あなたの演劇ノートを見せてください」をキークエスチョンとして、密着ドキュメントとスタジオ対談で、クリエイターの本性に迫っていく。「BookLive×シアターコンプレックス」では、BookLiveで連載中のオリジナルマンガをシアターコンプレックスで映像ドラマ化、同一キャストで舞台化する。

「シアターコンプレックス」動画配信サービス概要
■「シアターコンプレックス」サイト
theater-complex.jp
■視聴方法
テレビ、スマートフォン・タブレット(iOS、Android)、パソコン(Windows、Mac)等

DMM
DMM

画像一覧

  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像
  • 荒牧慶彦・佐藤流司プロデュース企画も、「シアターコンプレックス」2022年オリジナルプログラム発表 イメージ画像

WRITER