ニュース

ネルケプランニング・松田誠会長が退任へ

DMM
DMM

ミュージカル「テニスの王子様」の制作などで知られる株式会社ネルケプランニングは2022年1月1日、創設者の松田誠・代表取締役会長が同年6月末日で退任すると発表した。経営の一線からは退き、今後はファウンダーとして会社を支える。7月からは野上祥子・代表取締役社長を中心に経営を進める。

1994年に同社を設立した松田会長は「これからは経営を野上に任せて自分はファウンダーとして会社を見守りたいと思います。これからは日本のことは野上に任せて自分自身はグローバルなことにチャレンジしたいと考えています」とコメントしている。野上社長も「今回の松田誠の『ネルケ卒業』に伴い、今度は私が先頭を走る番となります。汗をかいて走りたいと思います」と意気込みを語った。

また、新たな社名ロゴとすることも決まった。


代表取締役会長・松田誠コメント

皆さんいつも応援ありがとうございます。

私ごとですが、26歳の時にもっと多くの人に演劇を楽しんでもらいたいという想いでネルケプランニングという小さな小さな制作会社を立ち上げました。もう28年も前のことです。そこから様々な方に出会い、多くのお客様に支えられて徐々にできることが広がってきました。本当に有難いことです。ネルケプランニングは自分と運命共同体の『松田商店』で良いと思っていましたが、ある時から自分がいなくなっても会社は生き続けてほしいと考える様になりました。そのためには早く次の世代にバトンを渡すことだと考え、これからは経営を野上に任せて自分はファウンダーとして会社を見守りたいと思います。実はこのことは5年前から野上や役員と決めていたことです。5年間で野上を始め役員、社員みんなとても頼もしく成長しました。これからは日本のことは野上に任せて自分自身はグローバルなことにチャレンジしたいと考えています。ネルケプランニング2ndシーズンが楽しみです!皆さんも2ndシーズンを是非応援してくださいね!

これからも遊び心を忘れずに皆さんに楽しいエンターテイメントをお届けしますので今後とも宜しくお願いいたします!


代表取締役社長・野上祥子コメント

皆様いつも温かい応援ありがとうございます!!

このたび、ネルケプランニングは2022年7月より新体制で臨むこととなりました。2016年に代表取締役社長に就任してから、常に前を走る松田誠の背中を追いながら安心して全力疾走できた5年間でした。今回の松田誠の「ネルケ卒業」に伴い、今度は私が先頭を走る番となります。汗をかいて走りたいと思います。

2ndシーズンでは演劇の制作会社としてより長く、太く在る企業を志しつつ、遊び心と愛情をいっぱい持って、皆様の幸せにつながるエンターテイメントづくりに邁進いたします。

まもなくネルケは創立30周年を迎えます。日頃応援してくださっている皆様にお喜びいただけるようなプロジェクトの発足や、未来を担う子供たちにも目を向けたエンターテイメントの提案など、より一層誰かの「幸せ」を大切に考えてまいります。

ざっくり言うと、皆様にネルケの作品で元気になってほしい!日々、一生懸命頑張っている皆様の応援につながるようなエンタメをつくりたい!!その想いでこれからも進み続けます。

新しい会社ロゴ、なんだか笑顔に見えませんか?ネルケが創る「entertainment」で「enjoy」と「exciting」を体感していただきお客さまはもちろん、関わっている誰もが笑顔になってくれたら…!そのような想いを込めています。エンタメに触れた時の、太陽のように明るいパワーとすがすがしい青空のような気持ちよさを、この色で表現しています。この新しい旗印をお見知りおきください!

みんなが「押し合う」のではなくみんなで「推しあう」世の中になりますように。

ネルケプランニング2ndシーズン、応援のほど何卒よろしくお願いいたします。


DMM
DMM

WRITER