ニュース

「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売

画像一覧はこちら

滝川英治が初めて手掛ける絵本『ボッチャの大きなりんごの木』が現在発売中だ。

滝川は多数の作品で活躍する中、2017年に事故により脊髄損傷、車いす生活となる。その2年後、懸命なリハビリによって仕事復帰を果たす。一方で、何か自分が表現できることはないかと考え、スティックを口にくわえてタブレットで絵を描き始めた。

絵本の主人公・ボッチャの名前のヒントになったのは、パラリンピックの競技でもある「ボッチャ」。滝川がもともと描いていたパラスポーツの絵の一つにゾウの絵があり、「これは『ボッチャ』という競技の絵です。ボッチャは老若男女誰でも笑顔でできるスポーツ。僕のような重度の障がいがあっても挑戦できます。ボッチャが持つ可能性の広がりは、僕が描きたいテーマとも根底で繋がっているように感じます」と語っており、「どんな障害にぶち当たっても、必ず未来がある」というメッセージが込められているという。

滝川英治作
『ボッチャの大きなりんごの木』
発売日:2021年8月20日

画像一覧

  • 「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売 イメージ画像
  • 「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売 イメージ画像
  • 「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売 イメージ画像
  • 「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売 イメージ画像
  • 「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売 イメージ画像
  • 「必ず未来がある」滝川英治の絵本『ボッチャの大きなりんごの木』発売 イメージ画像

WRITER