ニュース

舞台「ゲゲゲの鬼太郎」が上演決定、水木しげる生誕100周年の22年夏に

水木しげる生誕100周年となる2022年の夏、舞台「ゲゲゲの鬼太郎」が東京・明治座で上演される。

「ゲゲゲの鬼太郎」は、1965年に「週刊少年マガジン」で連載が始まり、漫画だけでなくアニメ、映画、小説、ドラマ、ゲームと長年愛され続ける作品。登場する妖怪たちの多くは日本古来より伝承された存在で、作者・水木しげるが新たな解釈やデザインのアレンジを加えたことで妖怪が広く周知されるようになった。

最近では水木しげるの生誕100周年を記念した4大プロジェクトとして、新作アニメ「悪魔くん」の始動、テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期映画化などが発表されている。

“妖怪の日”である本日8月8日(日)、舞台「ゲゲゲの鬼太郎」のTwitterも始動。最新情報は同アカウントで随時発表される。

公演情報

タイトル

舞台「ゲゲゲの鬼太郎」

原作

水木しげる

脚本・演出

田村孝裕

出演

荒牧慶彦、上坂すみれ、藤井隆 ほか

日程・会場

2022年7月29日(金)~8月15日(月)
東京・明治座

公式サイト

https://gegege-stage.jp

公式Twitter

@gegege_stage

主催

舞台「ゲゲゲの鬼太郎」製作委員会(フジテレビジョン・東映アニメーション・明治座)

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)舞台「ゲゲゲの鬼太郎」製作委員会

WRITER