ニュース

舞台『刀剣乱舞』シリーズ、WOWOW「勝手に演劇大賞2020」2.5次元部門で作品賞受賞

画像一覧はこちら

舞台『刀剣乱舞』シリーズが「WOWOW presents~勝手に演劇大賞2020~」の2.5次元部門で作品賞を受賞した。

今回で11回目の開催となる「勝手に演劇大賞」。この1年、演劇界で最も輝いていた作品・演出家・俳優を視聴者投票によって選出する。作品賞のストレートプレイ部門、ミュージカル部門、2.5次元部門、そして、演出家賞、男優賞、女優賞、新人賞の7部門で投票が行われる。

作品賞は2.5次元部門の舞台『刀剣乱舞』シリーズのほか、ストレートプレイ部門が「大地(Social Distancing Version)」、ミュージカル部門が「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」。

また、演出家賞には松尾スズキ、男優賞には阿部サダヲ、女優賞には生田絵梨花、新人賞には濱田龍臣が輝いた。

投票期間は2020年11月1日(日)~2021年1月31日(日)。対象作品は2020年に国内上演された全ての作品で、今回は映像での視聴作品も含められた。

なお特設サイトには受賞者からのコメントが掲載されている。

特設サイト:https://www.wowow.co.jp/stage/engeki/

(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会
(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (C)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus
(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (C)2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus

画像一覧

  • 舞台『刀剣乱舞』シリーズ、WOWOW「勝手に演劇大賞2020」2.5次元部門で作品賞受賞 イメージ画像
  • 舞台『刀剣乱舞』シリーズ、WOWOW「勝手に演劇大賞2020」2.5次元部門で作品賞受賞 イメージ画像
  • 舞台『刀剣乱舞』シリーズ、WOWOW「勝手に演劇大賞2020」2.5次元部門で作品賞受賞 イメージ画像
  • 舞台『刀剣乱舞』シリーズ、WOWOW「勝手に演劇大賞2020」2.5次元部門で作品賞受賞 イメージ画像

WRITER