ニュース

北村諒、横山真史らが出演 「知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆の如し。」が3度目の上演へ

西田大輔オリジナル作品「知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆の如し。」の3度目の再演が決定した。2020年12月19日(土)~28日(月)に東京・こくみん共済coopホール/スペース・ゼロで上演される。

作品のテーマは“悪意”。アドルフ・ヒトラーを取り巻く世界が劇中劇として描かれ、2013年の初演から挑戦的なテーマ性とリングスタイルならではの演出手法が注目を集め、2018年には「エル・サボタージュ」と日替わり上演されてきた。

今回は北村諒、横山真史、田中良子、村田洋二郎、佐久間祐人がキャストに名を連ねている。

チケットの1次先行販売(抽選)はカンフェティのみで11月8日(日)23:59まで受付。

■西田大輔コメント
演劇の魅力とは、人がそこに立ち続けることだと思っています。そして、それを見届ける観客こそ、目撃者だと。時として人は、正義の衣装をまとった「悪意」を身につけることがあります。昨今のSNSの世界もしかり。歯車の狂った世界で人々はその「悪意」に気づくことが出来るのだろうか? そんなことを思ってこの舞台を創りました。全てが見えるコロシアム舞台で、この冬。その「悪意」に全力で挑みます。

公演概要
【タイトル】
「知り難きこと陰の如く、動くこと雷霆の如し。」

【公演日程】
2020年12月19日(土)~12月28日(月)

【劇場】
こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ

【キャスト】
北村諒、田中良子、村田洋二郎、横山真史、佐久間祐人

【作・演出】
西田大輔

【企画・製作】
Office ENDLESS、ディスグーニー

【提携】
こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ

【チケット】
カンフェティ http://www.confetti-web.com/sirigataki
スペース・ゼロ チケットデスク https://www.spacezero.co.jp/

【公式サイト】
http://officeendless.com/sp/shiri

【公式Twitter】
@shirigataki2020

WRITER