ニュース

舞台『刀剣乱舞』最新公演、メインビジュアル公開 しぐさ・セリフのみの科白劇として上演

舞台『刀剣乱舞』2020年夏公演について、この度の新型コロナウイルス感染症に端を発した昨今の状況を鑑み、本公演を中止し、新形態での演劇として上演されることが決定。

公演タイトルは、”科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯(ともしび)』綺伝いくさ世の徒花(きでん いくさゆのだばな)改変いくさ世の徒花の記”。(※科白劇……しぐさとセリフからなる劇のこと。歌や踊りなどはない。)

あわせて公演のメインビジュアルと歴史上人物キャスト、公演日程が発表。チケットスケジュールも公式サイトで公開されている。

東京・兵庫・福岡の三都市で上演予定だったが、東京のみの開催となり、日程も下記の通り変更となる。

・7月16日(木)~8月2日(日) 品川プリンスホテルステラボール
・8月4日(火)~9日(日) 日本青年館ホール

本公演は、舞台上でのソーシャルディスタンスを保ち、客席・ロビー等においても感染予防対策を講じた上で開催される。

また当初想定していた“舞台『刀剣乱舞』綺伝いくさ世の徒花”については、「事態が終息したのち、改めてお届けできるよう努めて参ります」と公式からコメントがあった。

歴史上人物キャスト

公演情報

タイトル

科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯(ともしび)』綺伝いくさ世の徒花(きでん いくさゆのだばな)改変いくさ世の徒花の記憶

原案

「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)

脚本・演出

末満健一

日程

7月16日(木)~8月2日(日) 品川プリンスホテルステラボール
8月4日(火)~9日(日) 日本青年館ホール

出演

歌仙兼定:和田琢磨 山姥切長義:梅津瑞樹/にっかり青江:佐野真白 亀甲貞宗:松井勇歩 獅子王:伊崎龍次郎 篭手切江:大見拓土 古今伝授の太刀:塚本凌生 地蔵行平:星元裕月

大友宗麟:三浦浩一 細川忠興:早乙女じょうじ 黒田孝高:山浦徹 高山右近:黒川恭佑 小西行長:堀田勝 大村純忠:石原正一 有馬晴信:船木政秀/細川ガラシャ:七海ひろき
講談師:神田山緑

公式ファンクラブ

https://fc.stage-toukenranbu.jp/ 

主催

ニトロプラス/マーベラス/東宝/DMM GAMES

公式サイト

https://stage-toukenranbu.jp/

公式Twitter

@stage_touken

(C) 舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (c) 2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus

WRITER