ニュース

音楽の力で心の花を“満開”に!エーステ音楽制作陣が『blooming smile』でファンにエール届ける

音楽の力。それを強く実感させてくれる動きがTwitter上で広がっている。

新型コロナウイルス感染症流行の影響を受け、2020年4月現在、予定されていた舞台・イベント・ライブなどが次々と中止・延期となっている。

2.5次元作品や舞台ファンの多くが、悲しい気持ちを味わっているのではないかと思う。

そんなファンの背中をそっとさすってくれるかのような、とある1曲が作曲家Yu(vague)によってTwitterにて投稿された。

「エーステ」楽曲制作陣が奏でる『blooming smile』

投稿された楽曲は、彼が手掛けたMANKAI STAGE『A3!』(通称「エーステ」)のカーテンコール曲『blooming smile』。

この楽曲はMANKAI STAGE『A3!』~SPRING 2019~から登場した楽曲で、その後上演されたMANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~、MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~へと歌い継がれている。

曲中にコール&レスポンスや観客も一緒に踊れる振付があり、ファンもキャストも一体になれる楽曲だ。キャストの客降りもあり、公演ラストに観客に笑顔の花を咲かせてくれる曲でもある。

▲コール&レスポンス、振付練習動画も公開されている

今回、本楽曲の制作を手掛けたYuの呼びかけで、「エーステ」の音楽制作陣が集結。

劇場では目にする機会のない豪華仕様の生演奏『blooming smile』を披露してくれたのだ。

動画内で、参加アーティストたちはとても楽しそうな表情で音を奏でている。

観劇やイベント参加の予定など、楽しみなことが次々に失われていく日々のなかで、彼らが見せてくれる表情に救われる人も多いのではないかと思う。

そしてなにより、前を向き続ける底抜けに明るい歌詞が、心に響く。

「咲きたい」と、いつか満開の花を咲かせられることを願い、そこに向けて歩き続けるMANKAIカンパニーのために作られた曲。

その歌詞は、いま耐える時期にある人々に、多くの希望を感じさせてくれることだろう。

同投稿で、Yuは「音楽の力」という言葉を用いている。まさに、その力を感じられる粋な計らいに、ファンは大きなパワーをもらっているに違いない。

音に込められた思いと希望を感じて、またやってくる「満開」を待つ

Yuは「エーステ」以外にも、アプリ『A3!』や劇場版アニメ『KING OF PRISM』の関連楽曲なども手掛けている。

ハッシュタグ「#Yu弾いてみた」をさかのぼってみると、それらの楽曲も登場するので、ファンは覗いてみてはどうだろうか。

ネット上で多くの表現者たちがそれぞれの方法で、今日を前向きに過ごすための力を分けてくれている。

また必ず訪れるであろう「満開」のその日まで、好きなものから力をもらって頑張っていこう。そう思わせてくれる彼らの行動力に、心からの感謝を伝えたい。

WRITER

双海 しお
 
							双海 しお
						

アイスと舞台とアニメが好きなライター。2.5次元はいいぞ!ミュージカルはいいぞ!舞台はいいぞ!若手俳優はいいぞ!を届けていきたいと思っています。役者や作品が表現した世界を、文字で伝えていきたいと試行錯誤の日々。

このライターが書いた他の記事も読む