ニュース

『DEAR BOYS』主演は長妻怜央 『イナイレ』『錆色のアーマ』3タイトルをTheater Mixaで上演決定

2020年4月よりMixalive TOKYO(ミクサライブ東京) Theater Mixa にてこけら落とし公演として上演される3タイトルが発表された。

2020年4月に、「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の大人気バスケットボール漫画『DEAR BOYS』を舞台化。5月にはゲームやTV アニメで大人気の「イナズマイレブン」シリーズの舞台化となる『イナズマイレブン アレスの天秤』THE STAGE~疾風迅雷~、6月より舞台を原作にさまざまなメディアミックス展開を図っていく“逆2.5 次元舞台”「錆色のアーマ」外伝を1か月ロングラン公演として上演される。

Mixalive TOKYO について

JAPAN POP カルチャーの聖地として、今最も注目を集めるエンターテインメント都市「池袋」に、株式会社講談社がオープンするLIVE エンターテインメントビル「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」。

長く愛されてきた映画館「シネマサンシャイン池袋」を、まるごとエンターテインメントライブの発信基地としてリノベーションし、様々なコンテンツを「ライブ」という形に変換し、日本・世界に向けて発信する。

株式会社ネルケプランニングは参画するパートナー企業として一端を担い、同施設内の劇場「Theater Mixa(シアターミクサ)」を拠点に、2.5次元作品をはじめ、さまざまなエンターテインメントを発信する。

https://mixalive.jp/

『DEAR BOYS』

「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の大人気バスケットボール漫画『DEAR BOYS』の舞台化が決定。瑞穂高校バスケットボール部のエースで「天才」と賞される主人公・哀川和彦を、「7ORDER project」メンバーの長妻怜央が演じる。

そして、演出は『ダンス×演劇×J-POP』を謳うダンスエンターテイメント集団「梅棒」主宰の伊藤今人が手掛け、演劇とダンスを融合させた梅棒ならではの表現方法で『DEAR BOYS』の世界観を描く。

▲長妻怜央

期間 2020年4月
原作 八神ひろき(講談社「月刊少年マガジン」連載)
演出 伊藤今人(梅棒)
振付 梅棒
主演 哀川和彦役 長妻怜央
公式サイト https://www.nelke.co.jp/stage/dearboys2020/

『DEAR BOYS』とは

「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の、八神ひろきによる大人気バスケットボール漫画。

1989年より同誌で連載を開始し、番外編『THE EARLY DAYS』を挟み、『ACT2』、『ACT3』に続いて、『OVER TIME』を2017年2月号まで連載した。 そして、2018年10月より再始動した『ACT4』を現在連載中。

バスケットボールを題材とした漫画としては史上最長の連載30年を超え、シリーズ累計部数は4,500万部を突破している。

長妻怜央 プロフィール
1998年6月5日生まれ。
「7ORDER project」のメンバーとして、演劇、音楽、アート、ファッションなど、ジャンルレスに活動をおこなっている。主な出演作に、舞台「7ORDER」、SCHOOL STAGE『ここはグリーン・ウッド』など。今月末には舞台「DECADANCE」ー太陽の子ーの出演を控えている。

『イナズマイレブン アレスの天秤』THE STAGE~疾風迅雷~

ゲームやTVアニメで大人気の「イナズマイレブン」シリーズより、『イナズマイレブン アレスの天秤』を舞台化。

各学校の選手たちはオールオーディションで新人俳優を選出する。雷門中メンバーの成長ストーリーと共に、ロングラン公演ならではの俳優の成長にも注目したい。

タイトル 『イナズマイレブン アレスの天秤』THE STAGE~疾風迅雷~
期間 2020年5月
公演サイト https://inazuma-stage.com
公式Twitter @inazuma_stage

「イナズマイレブン アレスの天秤」とは
2018年4月から9月にオンエアされた、「超次元サッカー」TVアニメ。
サッカー剥奪の危機に直面した少年たちが強敵に挑み、てっぺんを目指していく熱きサッカードラマが描かれる。
2008年に放送された初代『イナズマイレブン』の「その後のパラレルワールド」として位置付けられ、新たな3人の主人公に加え、シリーズで高い人気を誇るメンバーたちも登場し、大きな話題を呼んだ。

「錆色のアーマ」外伝

2017年6月に舞台版からプロジェクトを始動した“逆2.5次元”作品の「錆色のアーマ」の外伝公演。孫一と信長は登場しない、もう一つの“錆色のアーマ”の物語が描かれる。

タイトル 「錆色のアーマ」外伝
期間 2020年6月
原案 「錆色のアーマ」プロジェクト
脚本 高殿 円
演出・上演台本 元吉庸泰
公式サイト https://www.nelke.co.jp/stage/rusted_armors_gaiden/
公式Twitter @rusted_armors

「錆色のアーマ」とは
漫画・アニメ・ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”の流れとは逆に、まず舞台版が生まれ、そこから様々なメディアミックス展開を図っていく“逆2.5次元”プロジェクトとして2017年6月に舞台版からプロジェクトを始動した「錆色のアーマ」。

2019年1月にはプロジェクト第2弾としてKADOKAWA「月刊コミックジーン」にてコミカライズの連載がスタート。同年6月に上演された舞台版の続編「錆色のアーマ」 -繋ぐ-の初日会見ではプロジェクト第3弾・アニメ化が発表された。

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む