ニュース

校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー

画像一覧はこちら

舞台『DARKNESS HEELS ~THE LIVE~』ウルトラマンベリアル 役、舞台「宇宙戦艦ティラミス」スバル・イチノセ 役など、多くの舞台で座長を務める人気俳優・校條拳太朗の写真集『ネオメン』が、10月4日(金)に発売される。

これに先立ち、ひと足早い形での発売記念イベントが、9月28日(土)東京・HMV&BOOKS SHIBUYA で行われ、校條拳太朗がオフィシャルインタビューに応じた。

全編トルコ・イスタンブールで撮影された本作は、歴史あるモスクやグランドバザールなど、現地の文化を感じるスタイルと、スーツなどのモードスタイルが融合した内容の作品に仕上がっている。

校條も自身でタイトルを名付け、表紙デザインに取り組んだほどの意欲作。以下に、校條拳太朗オフィシャルインタビューをお届けする。

――今回写真集のタイトル『ネオメン』は、校條さんご自身が名付けたと伺っております。このタイトルには、どのような意味や思いを込められたのでしょうか?

どうしようかと悩んでる中で、急に「新しい」を意味する「ネオ」というワードが浮かび、今年に入って色々な変化があり、これからよりもっと良い方向に変わっていきたいという想いと、男「men」とか校條「めんじょう」とか、色んな意味を含めた「メン」というのを掛け合わせ、『ネオメン』というタイトルにしました。

――タイトルのみならず、表紙写真セレクトや写真集サイズにも、校條さんの意向が取り入れられたと伺っております。とりわけ写真集は正方形とあまり見ないデザインですが、今作へのこだわりやテーマなどがあれば、ぜひお聞かせ下さい。

正方形の四隅にタイトルの「ネオメン」が並んでるのが頭に浮かび、アプリで作ってみたのがキッカケです。

――多彩な特技をお持ちの校條さんですが、今回のようなデザインやプロデュースのご経験は、これまでもあったのでしょうか?

今回が、初めてです。

――トルコ・イスタンブールで全編撮り下ろしの今作。撮影の感想やエピソード・こぼれ話など、ぜひお聞かせ下さい。

やはり初めて行くトルコのイスタンブールという場所なだけあって、撮る写真撮る写真、新鮮な写真がたくさん撮れたと思います。あと、食事がすごく美味しかったです。

――作品前半はモードかつスタイリッシュでシャープな雰囲気、作品後半は色彩感溢れるアーティスティックでポップな雰囲気と明暗を織り交ぜつつ、歴史的街並みや建造物に美しい大自然をバックにした、優美で幻想的な内容で構成されています。校條さんご自身、本作にどのようなこだわりやテーマを持って、臨まれたのでしょうか?ぜひお聞かせ下さい。

撮影時は、特にこういうものが撮りたいなどは出来るだけ意識せず、衣装・ヘアメイクを作って貰い、その撮影地に立った時の印象や感情を出すようにしました。

――お気に入りのカットや印象に残るカットと、ぞの理由をぜひお聞かせ下さい。

お気に入りや印象に残るカットはたくさんあるのですが、1 つ挙げるならば、モスクでの見開きの写真(P34-35)です。宇宙を感じさせる空間で、とても好きです。

――今年も残りあと3ヶ月。校條さんにとって、2019年はどのような年でしたか?また残り3ヶ月でやりたいことや、やり残していることなどがありましたら、ぜひお聞かせ下さい。

今年は環境も変わり、新たなスタートの1年でした。同時にたくさんの人に支えられてここに居られることを、改めて感じることが出来ました。

もちろん、残りの3ヶ月もまた皆さまにお会いできる機会があるので、全て全力で挑みたいと思います。

――来年2020年の校條さんの目標などを、ぜひお聞かせ下さい。

もっと活躍できるようになって、応援してくださる皆さんに、ネオなメンジョーをたくさんお見せしたい。役者としても人としても、強くなりたい。

そんな想いもこもっている、ネオなメンジョー「ネオメン」をお楽しみ下さい。

写真集『ネオメン』発売記念イベントは、9月28日(土)東京・HMV&BOOKS SHIBUYA での開催を皮切りに、10月5日(土)宮城・HMV 仙台 EBeanS、10月6日(日)大阪・HMV&BOOKS SHINSAIBASHI、10月6日(日)愛知・名古屋 HMV 栄と4都市をめぐり、合計2,000人のファンを動員。

“ネオなメンジョ―“の今後の更なる活躍に、期待はますます膨らむばかりだ。

※記事下の「画像一覧」に写真集の一部カット画像を掲載

校條拳太朗写真集『ネオメン』 概要
●撮影:小林裕和
●サイズ:A4 変形サイズ(正方形)
●ページ数:84 ページ
●価格:3,000 円+(税)
●発売日:2019 年 10 月 4 日(金)
●出版:インディペンデントワークス
●販売:イーネット・フロンティア
【校條 拳太朗 (めんじょう けんたろう) プロフィール】
●俳優。1990 年 11 月 2 日生まれ。岐阜県出身。ジースター・プロ所属。
2013 年、舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇~眠れる直線鬼~にて、俳優デビュー。
2016 年よりシリーズ公演が続いている、2.5 次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージでは、
睦月始 役を務め、舞浜アンフィシアター公演、パシフィコ横浜国立大ホールでのライブを成功させる。
2018 年に主演した舞台「宇宙戦艦ティラミス」での続編も、2019~2020 年の公演が予定されている。
【校條拳太朗 Official Twitter】
https://twitter.com/menjokobushi

画像一覧

  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像
  • 校條拳太朗「役者としても人としても、強くなりたい」写真集『ネオメン』発売記念インタビュー イメージ画像

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む