ニュース

舞台『刀剣乱舞』シリーズ最新作が2019年に上演決定 

舞台『刀剣乱舞』シリーズ最新作が、2019年に上演されることが決定した。公演詳細、出演キャスト等は決定次第、随時解禁予定とのこと。詳細は、続報が入り次第お伝えする。

本作は、DMM GAMESが制作、Nitroplusがキャラクターおよびシナリオを担当したシミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原案となる。

2018年6月7月には「『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」が全国3都市5か所で上演され、本公演とライブビューイング来場者、延べ10万人以上を動員。同公演の映像を収録したBlu-ray&DVDは10月31日にリリースされ、義伝、ジョ伝に続き、3回目のオリコンウィークリーチャート(11/12付)の両ランキングで1位を獲得した。

なお、12月19日からは「『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 ディレクターズカット 篇」が発売となる。詳細は以下のとおり。

密着ドキュメンタリー 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 ディレクターズカット 篇

【初回数量限定特別パッケージ】
■Blu-ray
価格:¥ 5,800+税
品番:TBR28351D
POS:4988104118516

■DVD
価格:¥ 4,800+税
品番:TDV28352D
POS:4988104118523
<商品仕様>1枚組/アマレー通常ケース
<収録内容>TV放送4話(未公開映像を含むディレクターズカット篇)

発売元 マーベラス
販売元 東宝

(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会

WRITTER

ミカエル
							ミカエル
						

バーチャル編集長

このライターが書いた他の記事も読む