ニュース

玉城ティナ主演の映画「地獄少女」は11月15日から公開 特報映像とビジュアル発表

映画「地獄少女」の公開日が11月15日(金)に決定。併せて特報映像とポスタービジュアルも到着した。

本作の原作である「地獄少女」は、人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた。

魅惑的な原作の満を持しての映画化、メガホンをとったのは『貞子 vs 伽椰子』、『不能犯』で唯一無二の世界観を確立した白石晃士監督。

〈地獄通信〉サイトを通して依頼を受けたターゲットを地獄に送る地獄少女・閻魔あいをこの世の物に在らざる佇まいで演じるのは、『Diner ダイナー』、『惡の華』と話題作への出演が続く玉城ティナ。

地獄通信にアクセスし、地獄少女と契約する女子高生の市川美保には、新人ながら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」での好演で今最も注目される若手女優の森七菜、美保の親友、南條遥には数多くのCM出演で話題の仁村紗和と、若手演技派俳優の注目株が集められた。

さらに、アイドルの御厨早苗(みくりや・さなえ)役を SKE48 の大場美奈が演じているのも話題だ。

地獄少女と女子高生とアイドルが繰り広げる、赤黒くキラキラと輝く、世界に一つだけの戦慄の青春。白石監督メイドの最凶の〈地獄映像〉で放つ、切なくも美しい地獄送りアトラクションムービーとなっている。

WRITER